大阪・神戸を拠点に、わかりやすい「筋トレ&ダイエット指導」で人気のパーソナルトレーナーのブログ。ダイエット・健康・競技力向上をトータルプロデュース 【鍛】ワークアウト 【食】ダイエット 【整】コンディショニング がテーマの、個人指導トレーナーのリアルな活動報告。

【食育にも力を入れています】
体作りは「運動3割、食事7割」と言われるくらい、「食事」の重要度は高いことが知られています。LEANBODY(S)TYLEでもこれまで以上に、食についてフォーカスするために、「食アスリート協会インストラクター」「健康・食育ジュニアマスター」として活動をスタートしました。講座開催などの依頼がありましたらご連絡ください。食アスリート協会:http://s-a.or.jp

【パーソナルトレーニングサービス】大阪〜神戸で健康管理を目的とした体作り、競技力向上を目的としたコンディショニングをサポートしています。ホームページ:http://leanbody.blog47.fc2.com/ 

【フィットネス指導者向け】
日本最大規模のトレーナー資格団体、NESTA JAPAN。
当協会の講座を関西地区で担当しています。
その他、フィットネストレーナー、パーソナルトレーナー、向けの記事ブログhttp://profile.ameba.jp/leanbody-s/

減量してもバストアップは可能でした!!ボディメイクってこういうことか

お米を食べてボディメイクする!!パーソナルトレーナーLEANBODY(S)です

 

ボディメイク!!流行っていますね〜私も競技ボディビルディンをやっていた時期もありますし、私のクライアントさんにもボディ系コンテストに挑戦される方もいらっしゃいます。ボディビルのノウハウを用いてかっこいいカラダを作るというの一つのアプローチ方法として有効です。

一方、高性能で健康的な体づくりを目的としている人の全てが上記のようなボディビルディングを応用したものが当てはまるとは限りません。むしろ少数派かもしれません。

パーソナルトレーニングを受講されて五ヶ月のお客様の話です。

事務職系の30代の女性です。ボディメイクが目的でこられ、最初は「糖質制限と筋トレ」で行うものをイメージされていました。私が提案したのは、関節を正しくうごかす「体操」を中心にエクササイズは行うこと。ご飯はしっかり食べること。この2つです。

最初は、こんな程度でいいの?という感じに思われたようですが、最初の数回で「自宅でもできるエクササイズなので、時間があるときは家でもできる」「食事に対する制限がないからストレスを感じない」というお声をいただきました。

 1ヶ月もすると「肩こりを全く感じなくなった」ということを言われるようになり、3ヶ月経過した頃には、「最初に目標としていた体重にほぼ近づきました(マイナス7kg)」ということを言われるようになり、最近では「職場のみんなに、どうしたらそんなに体型って変えれるの?何やってるの?」と聞かれるようになったそうです。

この5ヶ月、ダンベルやバーベルは使っておらず自体重のみの運動だけです。一番きつい感じの運動で「腕立て伏せ」の動作くらいです。きつさよりも「快の刺激」に徹して行っていきました。身体を動かす心地よさを優先するということです。細胞が活性化し、筋肉の状態や関節の状態がよくなり、普段の姿勢がよくなり「心地良い」状態が持続できているようです。

 

さらに驚かれたのが!!

減量すると、女性の場合は「胸のサイズも落ちてしまう」ということがマイナス点に挙げられます。が、上記のお客様にアプローチした方法では、5ヶ月でトータル8kgマイナスにもかかわらず、バストサイズは落ちるどころかむしろ上がっていたそうです(お店で計測されたので間違い無いかと思います)。ウェストサイズはしっかり落ちているにもかかわらずバストサイズが落ちないというのは女性のボディメイクでは必須かと思います。これは筋肉つけて脂肪を落としましょうという形で「ハードな筋トレと食事制限」ではなし得ない成果だったかもしれません。


自分がどのようなボディを作りたいのか?そのための課題は何か?をはっきりさせれば、手段は色々ありますよ、選択肢は複数ありますよ、ということです。

フィットネスを楽しんでいる人もいれば、メディアに引っ張られて無理してるなぁ、という人も少なくないですね。競技者でない限りはきついことをすればするほどよいというのは少しずれてるかな?と思います。


自分らしさを前面に出した真のボディメイクに巡り合って欲しいものです。

100Mのタイムを縮めて「全日本インカレ」に出る!!

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

 先日、インターハイが終わり高校生アスリートのサポートが一旦終わりました。
昨日は夏休みで練習がフリー期間に入っている大学生スプリンターのマンツーマントレーニングを久々に行いました。先月の大阪選手権で久々にレースを見たのですがあまりうまくいっていないようでしたので、基本的なところを一つ一つチェックしていこうということで、これまでにやっていたドリルなどを見直していきました。
結果が出ていない、うまくいっていないということは、必ず何か原因、要因があるはずです。そこを見つけて修正していくことが大切です

ムーブメントドリル、スプリントドリルをまずは行いました。高校時代に教えたもので「できて当然」のようになっていましたが、細かいところでルーズな動きになっているところがあり、それぞれの動きの目的をもう一度確認し、甘くなっていところを厳しくしていきました。腕を振るにしろ、脚を上げるにしろ、なんの目的でやっているのか・・・どこに意識をするのか・・・というところが適当になってしまうと時間の無駄に終わってしまいますね。

後半は、いわゆるプライオメトリックスを行いました。スタート局面のスピード筋力、加速局面のためのスピード筋力、中間疾走のためのスピード筋力向上、ストライドアップのためのパワー向上と複数のトレーニングを行いました。
IMG_7105IMG_7104IMG_7103








プライオメトリックスも「ジャンプ」トレーニングだからただ「跳んでおけば良い」という感じになると目的意識が希薄になりますので、それぞれに意味を持たせ一本一本丁寧に行いました。切り返し局面で高いパワーを発揮するためには、その直前の動作をきちっと止めることができる必要があります。そこがとても甘かったので地面反力を十分に行かせていない動きになっていました。加速するためにアクセル踏むために「ブレーキ力」を高めるというのがポイントとなりました。

仕上げに、最初の6歩で加速に載せる練習を数本行って終わりました。 

秋にはリニューアルした良い走りに期待したいと思います!! 

最後のインターハイ。。。

お米を食べてボディメイクする!!パーソナルトレーナーLEANBODY(S)です
 

夏の甲子園!高校野球が開幕しましたが、三重県では全国高校総体も始まっています。陸上競技の最終日に会場に足を運びました。高校に入学してから約2年あまりの競技生活をサポートしてきた選手の最後の大会でもありました。

IMG_7016



高校入学時はまだ本格的にはじめてはいなかった三段跳びでメキメキと力をつけ、全国で戦える選手になっていきました。昨年全国8位で、今年は一つでも上を、最高の目標もちろん優勝ということで臨みました。

IMG_7024



【集大成と言っていい動きを見せた予選】

「予選」は各選手が1本目に苦しんでいるなか、15m26という予選の跳躍としては最高の滑り出しで予選通過ラインを難なくクリアし決勝に駒を進めました。全員の跳躍が終わってみればどうやろトップ通過だったようです。予選の記録は決勝には反映されませんので参考までにという感じですが、幸先良いスタートには間違いありません。

FullSizeRender



【午後の決勝に向けて仕切り直しでアップをしいざ決勝へ!!!】

さすが決勝という感じで、前評判の高かった選手がきっちりと記録を残してきます。一方、こちらは1本目悪くはないけれども周りの記録ラッシュに比べるとロースタート。それでも3本でまとめればという状況でしたが、今年は最初の3本ですでに15m30以上が7名もいるというハイレベル。。。

予選の記録を上回ることなく最初の3本が終わり、10番目の記録ということでベスト8に駒を進めることが叶いませんでした。勝負にたらればはありませんのでこれが今のこちらの実力だったということですが、最終学年だし、もう少し勝ち負けする位置で競技を終えさせてあげたかったな〜というのが本音です。

 

IMG_7021


 理解力が高く毎回の練習で自分の課題を見つけ修正していく能力は高く、本当に教えるのが楽な選手でした。最後の跳躍は気持ちがこもった跳躍をしてくれました。私も顧問の先生も全国制覇を期待させてくれた選手です。選手にはありがとうと言いたいですね。


高校3年生の夏というのは二度と戻らないし、スイも甘いも全てが経験値となるでしょう。これからは受験に切り替えて最高の大学に行って欲しいと思います。

20数年前のインターハイの思い出。当時の経験が今に通じている

お米を食べてボディメイクする!!パーソナルトレーナーLEANBODY(S)です


今日から、全国インターハイ陸上競技がスタートします。今年もサポート選手が出場するため現地に赴くつもりです

IMG_6560

IMG_6814

IMG_6813
IMG_6812


インターハイの思い出になりますが、私が大学生のとき母校の練習や試合の引率、地元の大会での役員などをさせてもらっていた時期がありました。ちょうど鳥取県でインターハイが開催され、広島から車で現地に行き、選手とテント生活しながら、出場しない選手達の合宿という形で同行させていただきました。20数年前の話です。

 なぜ、この話を思い出したかというと、その当時お世話になった陸上競技部顧問の先生が、昨年度で定年退職されたので、陸上部で何かお祝いのメッセージを集めて送ろうとの連絡が回ってきたからです。この先生には高校卒業後も、部活サポート始め、試合帯同、全国の主要な大会の視察に同行させていただくなど、今の私の仕事につながる環境や機会を与えてくださいました。


こうして、毎年、誰かしら関わった選手がインターハイ出場してくれるたびに、この20数年前の経験が思い起こされます。

高校を卒業して25年ですので、当時の恩師の年齢を超えてしまったということで時間の流れを感じているところです。


巷では、部活が否定されている、部活は悪だ〜なんてことが言われているというのを目にしたり耳にしたりしますが、私は部活をしていてよかったな〜と思います

アスリートのトレーニングで気をつけること


お米を食べてボディメイクする!!パーソナルトレーナーLEANBODY(S)です


人は様々な目的でトレーニングをします。レクリエーションならば、楽しさ優先で効果や効率は考える必要はありません。

しかし競技選手にとってのトレーニングは効果や効率は重要です。

アスリートは競技の為の練習が中心になりますからトレーニングのために割ける時間はそもそも限られていますし、例え時間があっても疲労の問題もあり、やはり効率の良さは無視できません。


身体的コンディショニングにおいては、筋力、持久力、柔軟性などいわゆる体力要素に着目し、選手個々の課題に対しアプローチしていくわけですが、筋力にしてもどのような筋力が必要なのかという視点で考えることと、スピードを考慮した筋力という考えに立ちアプローチしていく必要があります。

筋力トレーニングはこうです!という既製品にとらわれず、その選手の競技パフォーマンスに必要な筋力を伸ばしていきます

IMG_6877




フィギュアスケートを例に考えみましょう。

スケーターにとってのスピードは滑走スピードとスピンにおけるスピードが課題になります。走るのが速くなっても根本的には関係ないところです。

ジャンプ力はどおでしょう。昨今のジャンプと回転数が優位な状況ではしっかり跳び、、回れることが求められます。また連続技の場合は、着地したと同時にジャンプするというタイミングの中で高さが求められるでしょうね。

下から飛び上がるだけでなく、落下からのジャンプをトレーニングとして採用する必要があります。

コーディネーション能力を高める為に?よくラダーを用いたトレーニングも見かけますがこれも考えようです。ラダーを駆け抜けていきますが、スケーターは走りませんからジャンプや回転と組み合わせてラダーの枠を利用し空間認知を高めたり着地でのバランスを求めたほうが良さそうです。



ここにあげたのは一例ですが、パフォーマンスアップと称して様々なエクササイズが行われているがそれは果たしてあなたのためになるエクササイズなのか?目的を果たせるものなのか?吟味しながらやっていく必要があるということです。

また一度にいろんなことをやりすぎると、何がよくて何が意味がないものか、評価するのが難しくなりますので、課題を抽出したら解決の為のエクササイズを選択実施、結果の検証をシンプルに行うほうがよいかと思います


まとめ

アスリートのトレーニングはまず、課題を特定すること。何が問題でそれが出来ないのか?パフォーマンスが低いのか?

その課題を解決するための手段を選択し、どのような方法でやっていくかを決めること。

トレーニング実施により課題が解決したかを検証していくこと。

当たり前のことだけど、なんとなく手段の選択だけ、やり方ばかりになってないか省みる必要があります



パーソナルトレーナー紹介
高津3








 高 津 諭

LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング主宰
広島県出身
大阪・兵庫を中心に活動するパーソナルトレーナーです。
「食」「鍛」「整」をキーワードに、引き締まったカラダ=LEANBODYな体作りを実践・指導中。
あなたに適した筋トレの方法と、ダイエットの内容をわかりやすく伝えます。プロポーション改善、健康と競技力向上、目標とする身体作りをサポート

★トレーニング指導暦20年
■NSCA-CPT取得 
■NSCA-CSCS取得
■JFSA-トレーニング指導士取得
■NESTA-パーソナルフィットネストレーナー取得
■食アスリート協会・シニアインストラクター
■健康食育ジュニアマスター
    ・
    ・
○GOLD'S・GYM公認パーソナルトレーナー
○株式会社ヴェルディーク・テクニカルアドバイザー
○スポーツトレーナー協会NESTA JAPAN関西エリアマネージャー

大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代に関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
エアロビクス養成コースでのS&Cや専門学校で講師も担当しながら、老若男女の健康とボディメイク、高校生、大学生アスリートへのコンディショニングを数多く担当
これまでの経歴を雑誌「NEXT」や「フィットネスジャーナル」で紹介される。


月別記事検索
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)はウサギと犬を飼っています
筋と腱はつながっている
筋と腱はつながってるんだぜ〜
LEANBODY(S)宅に居候中のウサギとフレブル、「筋」と「腱」のブログです
http://blog.livedoor.jp/muscle0618/
トレーニング個人指導のご依頼先

リーンボディマーク


【場 所】ティップネス塚口店 ゴールドジム関西各店舗 公共施設、会社や自宅への出張

【内 容】目的に合ったトレーニングプランのご提案、トレーニング法の指導、ダイエットに関するご相談

料金等】週1〜2回の定期契約、スポット契約 ¥8000/1h〜

マンツーマンで長期的に各種エクササイズ、身体調整、食事方法アドバイスなど健康体力の向上、競技力の向上をサポートするトータルボディコンサルティングを行っています。短期効果だけではなく、長期継続的に成果が出る、ライフスタイルが変わることを目標にやっていきます。
契約前には面談を行います。お気軽にお問い合わせください。

【LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング】サービス内容紹介ページ

全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会
NESTAPFTロゴ
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)がエリアマネージャーを務めるスポーツトレーナーの協会NESTA JAPAN。NESTAーPFT資格は世界標準規格のパーソナルトレーナーライセンスです。
http://www.nesta-gfj.com/
  • ライブドアブログ