LEANBODY(S)TYLE ★大阪〜神戸パーソナルトレーナーの視点★

大阪・神戸を拠点に、わかりやすい「筋トレ&ダイエット指導」で人気のパーソナルトレーナーのブログ。ダイエット・健康・競技力向上をトータルプロデュース 【鍛】ワークアウト 【食】ダイエット 【整】コンディショニング がテーマの、個人指導トレーナーのリアルな活動報告。

【食育にも力を入れています】
体作りは「運動3割、食事7割」と言われるくらい、「食事」の重要度は高いことが知られています。LEANBODY(S)TYLEでもこれまで以上に、食についてフォーカスするために、「食アスリート協会インストラクター」「健康・食育ジュニアマスター」として活動をスタートしました。講座開催などの依頼がありましたらご連絡ください。食アスリート協会:http://s-a.or.jp

【パーソナルトレーニングサービス】大阪〜神戸で健康管理を目的とした体作り、競技力向上を目的としたコンディショニングをサポートしています。ホームページ:http://leanbody.blog47.fc2.com/ 

【フィットネス指導者向け】
日本最大規模のトレーナー資格団体、NESTA JAPAN。
当協会の講座を関西地区で担当しています。
その他、フィットネストレーナー、パーソナルトレーナー、向けの記事ブログhttp://profile.ameba.jp/leanbody-s/

【陸上競技選手・指導者向け】
スプリント能力向上委員会なるコミュニティの発起人のひとりに名を連ねています。スプリント能力向上に関する多角的な情報を発信し、いずれは講習会並びに練習会の開催をしていきたいと考えています。日本のスプリント能力の底上げ、並びに日本が世界が誇れるスプリンター発掘のために活動していきます。
https://twitter.com/cisa_ttkk

2月11日は日本建国の日です

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

 2月11日は、日本神話における建国の日とされており、古事記や日本書記で初代の天皇とされる神武天皇即位日とされています。



















 2600年余り続くこの国に生まれ、生かされていることに感謝し、今日も仕事に精を出そうと思います。

日本のはじまりの場所といえ、奈良の橿原神宮ですね。私は毎年1度は訪れるようにしています。

日本人として、日本の神話や歴史を知ることはとても大切なことですし、この素晴らしい国でやりたいことができることに感謝して、2017年も頑張ろうと思います 

節分すぎたし。。。トレーニングを始める

お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

2017年も1ヶ月があっという間に過ぎ、節分も過ぎてしまいました。節分を境に、本当の1年がスタートする気分でいます。
ダイエットを始めたり、トレーニングをスタートさせるのに丁度いいタイミングかもしれませんね。

運動習慣がない方や、とりあえず始めてみたというレベルの人は、まず何からやればよいだろうか?


世の中にはたくさんの方法がありいずれも魅力的だ。

反対に、運動は嫌いだしできればしたくないという人もいるでしょう。

また、2か月など短期間的に成果を上げることを売りにするパーソナルトレーニングもあり、手っ取り早く結果をだそうと目論む人もいることでしょう。


スポーツにおけるリ・コンデショニングの考え方が参考になるかもしれません。スポーツで怪我をした選手が復帰する過程、わかりやすく言えばリハビリ的なイメージです。


リ・コンデショニングにおいては、まず「関節可動域」を取り戻すことからはじめます。

 私がパーソナルトレーニングをしていて感じることは運動習慣がない人は、主要な関節、肩や股関節が硬いということです。

仮にボディメイクが目的で、スクワットやベンチプレスなどのウェイトトレーニング種目をやろうとしたとき、肩が硬い、股関節が硬いとなればそのエクササイズのフォーム習得もままならないでしょう。

まずはじめに、肩や股関節の柔らかさ、自然な動作を獲得して行くことが必要でしょう。


次に「筋力」を考えます。

姿勢保持に必要な筋肉を中心に、力を出すことを獲得していきます。

力が出せるようになれば、それを持続させる能力、筋持久力を獲得します。


こういう基礎的な準備を経ることで、例えばゴルフをやりたい、マラソンをやりたい、山登りに行きたい、などの余暇活動、スポーツを安全に楽しめるかと思います。


高1三段跳び選手 順調に来ています

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

昨夏より定期的にパーソナルトレーニングを受けている高校1年生の跳躍選手が、今年も引き続き来てくれました。
1年生ながら全日本ユースではベスト8まであと一人のところまでいけました。今年はインターハイ路線での活躍が期待されます。
スプリント能力が課題ということで、走ることを主にみています。
IMG_0874





毎回、練習後にやった内容のまとめてそれに対し感じたことやうまくいかなかったことをやりとりしていますが、だんだんとできることが増え、悪い時の修正も早くなって来ています。
昨日の感想も「全体的に力みが少なくなり、自然に進むようになって来た」とのことで、まさに求めてきたことを一言で表したものになっていました。
 
陸上競技のスプリント、野球のスローイング、ゴルフのスイングなど専門技術の前提として身体の使い方、ボディメカニクスに沿った「自然な動き」というものが求められるのですが、「言うは易し行うは難し」です。言葉を選びながら、相手のリズム感など良い点を邪魔しないように、最適な最小のアドバイスを心がけています 

選択と習慣化でダイエットはうまくいく・・・かもしれない

お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です


エクササイズやダイエットは基本的に継続してなんぼと言われます。3日坊主では成果は出ないし、短期間で無理して取り組めばリバウンドする、継続1番です、と言われます。


わたしもそう思います。

 

継続することが大切なのはわかるんだけど、意思が弱いし続かないんだよという声もききます。

皆さん、自分がやってることでずっと続いてるものって何かありませんか?

それは、意思の力で頑張っているものですか?

おそらくそうではないと思います。自然と続いてるのではないでしょうか?

意識せず続いてる、毎日の歯磨きのようなもの、習慣化ができれば続くもんなんです。


習慣化にするためには、始めないといけないわけですが、それを誰が決めたかにより結果がかわるように思います。

誰かに言われて始めたものか、自分でやると決めたものか、やると決めたときに色々な選択肢から選んだのか、それしかなかったのか?  


エクササイズやダイエットに話を限っても選択肢がたくさんあります。

そこにはその方法に対する理論があり、相反する考えのものもたくさんあります。

そうしたときに、どっちが正しいのか?を考えてしまうものですが、どちらにもそれなりの根拠があり成果をだしている人がいるとすれば、一応確からしいと考えることができます。

それならばあとは、どちらの取り組みを自分は好むか、あいそうか、やれそうか、好きか嫌いか、で自らの意思で選ぶ方が習慣化に近づくのではないでしょうか。


反対に、あの人がよいと言っていた、芸能人の誰かがやっていた、宣伝広告に良いと書いてあった、担当トレーナーがそれが絶対よいと言っているなど、自分で選んでいるようにみえて選ばされている場合は習慣化は難しいようです。


選択は対局にある選択肢も含めて吟味し初めて意味があります。

減量するのに、糖質をカットする方法と、糖質は摂取するが脂質を切り詰めるなど、一見相反する方法をみて、どちらがあいそうか、やれそうかを選ぶ、というようなことです。


健康、体力の向上に関するエクササイズやダイエットについて、選択肢を用意し、提案していきたいと思います

年も改まりダイエットを始めようとする時に考えること

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

ダイエットの情報は、基本的に偏りがあることが多いと思います。あっちもあればこっちもあるのだけれど、1度の情報発信で両方を伝えることが少なくないからです。全てを俯瞰してみて判断する人にとってはたくさん情報があってもそれを取捨選択されるのでいいのですが、一つの情報を鵜呑みにしてしまいがちな人は少し注意が必要です。

年も改まりましたので、ダイエットの考え方を再度、整理してみたいと思います。

ダイエットの優先順位を考える】
ダイエットを始めるきっかけは様々かと思いますが、健康のため、体づくりのため、スポーツの競技力アップのいずれにおいても、考え方のベースは同じです。
1、継続性
三日坊主という言葉がありますが、続かないものはどのようなことでも絵に描いたもちです。どんなに素晴らしい方法があっても継続性に乏しいものは難しいと思います。世の中に様々なダイエット方法があるのは、いろんな人がいて、各々が「継続できる! 」と感じるものが違うからかもしれません。

2、カロリー収支
消費と摂取のエネルギーの単位がカロリーです。このエネルギー収支がプラスかマイナスかイコールでおおよその方向性は決まります。つまり、収支がマイナスになれば、減量ができるということです。
カロリーが全てではない、カロリー収支では説明がつかないということはあるかもしれませんが、そもそもは、あなたの食べたカロリーと使ったカロリーを正確に毎日毎日、数値化することは現実的ではありません。方向性として、マイナスか、プラスかをまずは把握し決めておけば良いでしょう。

3、エネルギーを持つ栄養素のバランスを考える
糖質、脂質、たんぱく質という栄養素をトータルエネルギーのどれくれらいの割合でとるかという話です。今も話題になっている「糖質制限」というのも、この内訳を糖質を低くして、他の割合が高くなることでもあるのです。
この中で、「たんぱく質」はエネルギーを持ちますが役割の主は「体の材料」ですので、これを削るということは望ましくないので「脂質」を低くするか、「糖質」を低くすることで調整するというのがセオリーかと思います。
 よく言われているのが糖質:たんぱく質:脂肪=60:20:20のようなバランスです。私も普段はこのようなイメージで食べています。
 一方、糖質制限では=10:40:50のようなバランスになるのではないでしょう?
前者が、ご飯を中心に比較的低脂質な食事になるはずです。後者は、ご飯などの主要な炭水化物食をあまり食べず肉食なダイエットをするという感じでしょうか?
 継続する上でどっちがやりやすいか、コストはどうか?などを考えていくと選択肢は一つではないということです。

4、ビタミンやミネラル、繊維のことも考慮する
減量目的のダイエットで「野菜サラダ」をものすごく食べる人がいます 。講習などで、伺っても「野菜は体にいい」「ビタミン、ミネラルが豊富」「なんとなく体にいい」「ダイエットといえば野菜でしょ」って人が少なくありません。野菜は案外ビタミンには偏りがあるように思いますし、相当なカサを増さないと量も取れない、エネルギーはあまりない(利点でもあるか?)ということで野菜ばっかりというか野菜で腹を膨らせて他にいるものが取れなくなるのは本末転倒です。
たんぱく質食品や、穀類を積極的にとっていればビタミン、ミネラルはかなり取れると思います。あとは加工食品によるビタミンの浪費や不足に気をつけておけばいいでしょう

5、サプリメントを活用する
優先順位の5番目。要するに、他のことに気を配って最後にサプリメントを活用することを考えようということです。
減量でも筋肉つけるでも、楽して痩せる的な発想でも、真っ先に「サプリメント」にいく人がいます。代謝アップで、飲むだけで痩せるみたいなものは昔からよく売れているのでしょうか?今でもありますね。
サプリメントの有効性は、例えば、トレーニング中には飯は食えないけどサプリメントをドリンクとして積極的にとることは可能です。日頃の食事のベースができていて、トレーニングの習慣がある人がトレーニング中に「糖質やアミノ酸」などを積極的に摂ることは有効と言えるのではないでしょうか。

 
パーソナルトレーナー紹介
月別記事検索
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)はウサギと犬を飼っています
筋と腱はつながっている
筋と腱はつながってるんだぜ〜
LEANBODY(S)宅に居候中のウサギとフレブル、「筋」と「腱」のブログです
http://blog.livedoor.jp/muscle0618/
あし@
トレーニング個人指導のご依頼先

リーンボディマーク


【場 所】ティップネス塚口店 ゴールドジム関西各店舗 公共施設、会社や自宅への出張

【内 容】目的に合ったトレーニングプランのご提案、トレーニング法の指導、ダイエットに関するご相談

料金等】週1〜2回の定期契約、スポット契約 ¥8000/1h〜

マンツーマンで長期的に各種エクササイズ、身体調整、食事方法アドバイスなど健康体力の向上、競技力の向上をサポートするトータルボディコンサルティングを行っています。短期効果だけではなく、長期継続的に成果が出る、ライフスタイルが変わることを目標にやっていきます。
契約前には面談を行います。お気軽にお問い合わせください。

【LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング】サービス内容紹介ページ

全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会
NESTAPFTロゴ
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)がエリアマネージャーを務めるスポーツトレーナーの協会NESTA JAPAN。NESTAーPFT資格は世界標準規格のパーソナルトレーナーライセンスです。
http://www.nesta-gfj.com/
  • ライブドアブログ