大阪・神戸を拠点に、わかりやすい「筋トレ&ダイエット指導」で人気のパーソナルトレーナーのブログ。ダイエット・健康・競技力向上をトータルプロデュース 【鍛】ワークアウト 【食】ダイエット 【整】コンディショニング がテーマの、個人指導トレーナーのリアルな活動報告。

【食育にも力を入れています】
体作りは「運動3割、食事7割」と言われるくらい、「食事」の重要度は高いことが知られています。LEANBODY(S)TYLEでもこれまで以上に、食についてフォーカスするために、「食アスリート協会インストラクター」「健康・食育ジュニアマスター」として活動をスタートしました。講座開催などの依頼がありましたらご連絡ください。食アスリート協会:http://s-a.or.jp

【パーソナルトレーニングサービス】大阪〜神戸で健康管理を目的とした体作り、競技力向上を目的としたコンディショニングをサポートしています。ホームページ:http://leanbody.blog47.fc2.com/ 

【フィットネス指導者向け】
日本最大規模のトレーナー資格団体、NESTA JAPAN。
当協会の講座を関西地区で担当しています。
その他、フィットネストレーナー、パーソナルトレーナー、向けの記事ブログhttp://profile.ameba.jp/leanbody-s/

絞りたい?痩せたい?細くなりたい?体重減らしたい?かっこいいカラダになりたい?

お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーLEANBODY(S)です


ボディメイクの世界では、一般的に筋肉つけて、脂肪減らしてボディデザインする、というのが王道のようです。

私もボディビル競技に参加する際は同じような取り組みを基本的には行います。
 写真








じゃあ、皆さんがなりたい身体それぞれに上記のアプローチが良いのか?それが最良なのかは一考を要します。


絞り込んで腹筋を割る、筋肉各部にカットをだして形を鮮明にするのであれば表面の脂肪を極力減らすことは必須で、筋肉をしっかり育てる必要があります。

一方、見た目のサイズダウン、シェイプアップして体型変化を狙う場合は、必ずしも表面的脂肪減少が1番の目的ではなく、より中身の変化、筋肉を適度につける、骨格の捻れなどを修正するなど土台の形を変えることが最優先になります。

この場合は、ダイエットすなわち食事制限とは無関係で、ダイエットしたから見た目がよくなるかどうかは関係ないとも言えます。


また、体脂肪率が健康基準を大きく超えている場合などは、体脂肪を健康レベルに持っていくためにダイエットも検討する必要があります。 

201302末









真っ先にダイエットすなわち食事制限を考えた人は、一旦立ち止まり、本当に自分に必要なことは何かを考えてから選択した方がよいと思います。

辛い思いをしてダイエットして体重落ちましたしかし、全体に小さくなっただけでプロポーション的には変化がなかったりとか、体力も低下したとか、自分の求めた結果と違うなんてことにもなり兼ねません。


絞りたいのか?プロポーションを変えたいのか?健康体重まで減らしたいのか?目的を明確にしてから必要な手段を選択したいものです

初プロレス観戦!! ドラゴンゲートの土井成樹選手を応援して来ました

 お米お食べてボディメイクする!! パーソナルトーナーのLEANBODY(S)です

人生初!プロレス観戦
昨夜は、ドラゴンゲート 大阪大会の観戦にいってきました。小学生のころは土日プロレスを観ては翌日友達に「卍固め」や「コブラツイスト」をかけていたものです笑
IMG_2215








テレビではよく観ていたプロレスも生で見るのは初めてでした。ドラゴンゲートのエース的存在で、ドラマ・クライシスで小栗旬さんや西島秀俊さんらとも共演したばかりの土井成樹選手に声をかけていただき、しかも、リングサイドの最前列という素晴らしい席を用意してもらい、観戦させていただきました。
 実は土井選手、NESTAのパーソナルトレーナー資格をお持ちで自分自身の体づくりに活かすためにも勉強されています。私の講習も受けてくださったことがあります

 最前列ですので、レスラーの息遣いキックやパンチでの生々しい音、がしっかり聞こえました。
あんな高いところからバックドロップやブレーンバスターなんてしたら、むちゃくちゃ痛いやろな〜と思いながらみてました。
笑いをとるところもあれば、超真剣勝負もあり、とにかく3時間観客を引きつけ続けるパフォーマンスは圧巻でした。
IMG_2229
IMG_2221








興奮冷めやらぬまま会場を後にしかけた時、土井選手本人から電話があり、舞台袖ですこしお話することができました。毎回が交通事故ですよ笑といっていた、そのとおりの衝撃をリングで受けながら、明日も別のところで公演だとおっしゃっていました。月の半分は試合なのでかなり大変な職業でもありますね。
IMG_2233









初めて観ましたが、これは面白い!!プロレスをしらない人でも初めてでしたいっても楽しめる。これはぜひ私の周りにもオススメしたいな〜と思いました。 

お米を食べるのには欠かせない「味噌汁」の力・・・

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

先日、友人が「こんな記事を見つけたよ〜」とLINEをくれました。

若者のみそ汁離れ「1、2ヶ月飲まない」日本の伝統食に何が起きているのか(産経新聞)

というものでした。
若者とありますが、国民全体を見ても味噌の消費量が減っていることからもわかるように味噌汁離れというのは実際にあるのかもしれません。
 記事の中で、味噌汁に入れる具材が限られるからポトフなどのスープを飲む・・・とインタービューに答えたものがありましたが、実際はむしろ逆で、味噌汁には季節のさまざまな野菜を入れることができるし、様々な食材との相性は良いものだと思います。
 
 味噌汁離れを別の点から見れば、「お米」を食べなくなったこととセットで考えなければならないでしょう。パンの消費が上がっていますし、昨今の「糖質制限ブーム」「お米派太る」といったちょっとした勘違いがお米離れ→味噌汁離れになっているように思います。

 何を食べるかは、確かに人それぞれ価値観がありますから「絶対にこれを食べなければダメだ!」というものではありません。が、「お米は太るから・・・」と言った自分の価値観とは違うところでそれを避けてしまっていたりするのはとてももったいないことだと思います。
 天皇陛下が新嘗祭(11月23日)に口にされるのは、パンではなくてお米です。日本という国はお米とは切っても切れない関係にあります。
 
 ダイエットの中心としてもお米と味噌汁の組み合わせはオススメできます!!
お米はまず安く安定的に手に入ります。脂肪も少なく、優秀な体の燃料源になり、ビタミン、ミネラルも豊富です(白米は表面の栄養素のある部分を削っているので、雑穀による強化がオススメです)
おかずは和洋中なんでも相性抜群。



















 お米は大豆との相性がよく、特に大豆発酵食品である味噌は最も良い組み合わせです。お米と具沢山味噌汁をとりあえず用意しておけば、体に必要な栄養素の多くを揃えることができ、準備する側の視点からも大変便利でお得なものであると言えます。

SNSなどでダイエットに取り組む人の書き込みを見ていると、ダイエットをとても難しくしている人を見かけます。ご飯、味噌汁を軸にすればエネルギー量(カロリー)的にも、栄養バランス的にもバッチリな状態を作りやすいですし、毎日続けても飽きません。
なかなか手に入りにくいような食材(仮にテレビや雑誌などで良いと勧められたとしても)をわざわざ食べる必要もないということです。

 お米を食べたら太るんじゃないか?ダイエットには向かないんじゃないか?と思ってあえて避けているという人には、ぜひ「お米と味噌汁」という組み合わせでダイエットを楽しんでもらいたいなと思います。 

大阪〜神戸でボディメイク!パーソナルトレーナーの2017年上半期を振り返る

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

2017年の前半の半分が今日で終わります。あっという間だった?長かった? 時間の感じ方は人それぞれでしょうが、私の周りでは「早いわ〜」っていう人が圧倒的に多かったように思います。

 今年も週末の講習会日程とボディビルコンテストの日が被ってしまったため、コンテストはお預けの1年になりました。ボディビルコンテストが控えていないからか?トレーニングにももう一つ高い意欲が生まれていないように感じますが、まあ、日々行うことなのでモチベーション云々に関係なく、淡々とこなしていくということも大事かなと思っています。いい時だけ頑張って、盛り上がらない時はやめてしまう、でははっきりいってもったいないですから、いい時も悪い時も淡々とやる、くらいがいいのだろうと思います。
IMG_1878









 今年は新たに、「解剖学をベースにした勉強会」が芦屋でスタートしたり、新神戸にあるヒップアップ&ボディメイク専門スタジオで「スタッフトレーニング会」での定期指導がスタートしたり、これまでの経験に基づいて少し変化をつけた仕事も始めることができました。
 また、VOSjapanという若い力が集まった団体で5年後、10年後の楽しみが持てる組織に出会うことができました。
 そして、去年に引き続き、サポートしている選手が全国インターハイに出場することができ、トレーニング指導者としてもオイシイ思いをさせてもらいました。
 
 金融リテラシー向上のために学び始めているのですがこちらはなかなか自分の専門領域でないこともあり、後手後手に回っております。しかし、こういうことは先々大事なので、後回しにしないように取り組みたいと思います(金融リテラシーをあげたい、お金について学ばないといけないな〜資産運用について考え始めている・・・という人がいらしたら一緒に学べたらなと思います。環境はご紹介いたします)

2017年後半はどうなるか?どうして行くか?
パーソナルトレーナーとして18年ほど活動し、これまでにも色々な方を対象に指導させていただきました。スポーツ選手はもとより、肩や腰などに不定愁訴を抱えている人のリ・コンディショニング、筋肉量増加とダイエットによるボディメイクなどなど・・・
 それで一番に感じていることは、ベースは「健康」ということ。ボディメイクするにしても、冷え性の体で姿勢も悪い状態でボディビルディングの真似事をしても決していい体にはなれない。アスリートがより高い競技成績を上げるためには、「食べること、寝ること、鍛えること」がバランスよく行えることが大事。全ては「健康」という観点で、トレーニングを生活や補強に組み入れていることだろうなと思います。
色々な情報が出尽くしては形を変えて、出ては消えてを繰り返している中で、偏りのない思考で物事に当たりたいと思っています。
よりシンプルに、どのような環境でも取り組める「運動」ということを念頭に置いて、エクササイズが特別なものではなく日常にある、という状況を作れるお手伝いができればと思います


2017年 後半も多くの人に出会いたいと思います。引き続きよろしくおねがいいたします 

陸上の日本一決定戦で、昔の教え子が活躍してくれました

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

 6月23日〜25日まで陸上競技の日本一決定戦・第101回日本選手権が大阪・長居で開催されました。多くの注目を集めたのが、男子100mで、リオ五輪銀メダルを獲得したリレーメンバーを破り、若い伸び盛りの選手が1、2位を獲りました。

 その日本一決定戦に、交流のある方も何人か出ていましたが、その中でも高校時代にトレーニングなどをサポートしていた三段跳び選手に最も注目していました。
  昨年は世界ジュニア大会に出場し、日本代表を初めて経験した選手ですが、今年は、手応えと試合結果が結びつかない、気持ちがすっきりしない試合が続いていました。

 1週間前に、「いい報告がしたい」 と連絡をくれたのですが、結果は最高のものになりました。
日本一を決める大会。さすがに16mジャンパーが多数出場しており、自己記録順でいくと上位に行くのはそう容易ではない状況でしたが、「ひっさびさにいい試合ができました!」という本人のコメント通りに関西学生記録も樹立する16m27で見事、準優勝に輝きました。高校限定、大学生限定といった試合とは違い、日本中のトップ選手が集うこの大会での準優勝は見事です。

IMG_2195IMG_2196









高校を卒業してもこうやって元気に競技を続けて、さらにこんな大きな大会で結果を残してくれるとは、最高に嬉しいですね。
 
パーソナルトレーナー紹介
月別記事検索
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)はウサギと犬を飼っています
筋と腱はつながっている
筋と腱はつながってるんだぜ〜
LEANBODY(S)宅に居候中のウサギとフレブル、「筋」と「腱」のブログです
http://blog.livedoor.jp/muscle0618/
トレーニング個人指導のご依頼先

リーンボディマーク


【場 所】ティップネス塚口店 ゴールドジム関西各店舗 公共施設、会社や自宅への出張

【内 容】目的に合ったトレーニングプランのご提案、トレーニング法の指導、ダイエットに関するご相談

料金等】週1〜2回の定期契約、スポット契約 ¥8000/1h〜

マンツーマンで長期的に各種エクササイズ、身体調整、食事方法アドバイスなど健康体力の向上、競技力の向上をサポートするトータルボディコンサルティングを行っています。短期効果だけではなく、長期継続的に成果が出る、ライフスタイルが変わることを目標にやっていきます。
契約前には面談を行います。お気軽にお問い合わせください。

【LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング】サービス内容紹介ページ

全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会
NESTAPFTロゴ
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)がエリアマネージャーを務めるスポーツトレーナーの協会NESTA JAPAN。NESTAーPFT資格は世界標準規格のパーソナルトレーナーライセンスです。
http://www.nesta-gfj.com/
  • ライブドアブログ