大阪・神戸を拠点に、わかりやすい「筋トレ&ダイエット指導」で人気のパーソナルトレーナーのブログ。ダイエット・健康・競技力向上をトータルプロデュース 【鍛】ワークアウト 【食】ダイエット 【整】コンディショニング がテーマの、個人指導トレーナーのリアルな活動報告。

【食育にも力を入れています】
体作りは「運動3割、食事7割」と言われるくらい、「食事」の重要度は高いことが知られています。LEANBODY(S)TYLEでもこれまで以上に、食についてフォーカスするために、「食アスリート協会インストラクター」「健康・食育ジュニアマスター」として活動をスタートしました。講座開催などの依頼がありましたらご連絡ください。食アスリート協会:http://s-a.or.jp

【パーソナルトレーニングサービス】大阪〜神戸で健康管理を目的とした体作り、競技力向上を目的としたコンディショニングをサポートしています。ホームページ:http://leanbody.blog47.fc2.com/ 

【フィットネス指導者向け】
日本最大規模のトレーナー資格団体、NESTA JAPAN。
当協会の講座を関西地区で担当しています。
その他、フィットネストレーナー、パーソナルトレーナー、向けの記事ブログhttp://profile.ameba.jp/leanbody-s/

ボディビルで入賞したのはもう2年前のことですか・・・ 

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

今日は大阪クラス別ボディビル選手権の日です。15年前に初めてコンテストのステージに立ちました。
以来、よほどのことがない限り継続的にチャレンジしていましたが、ここ2年は仕事のスケジュールと被ってしまい出場を見送っています。
IMG_6724IMG_6720









2年前に70kg以下級で4位入賞したのは、もっともっと昔のような感じがしています。あれは幻だったのかもしれません笑

実は今日は、私が定期的にスプリントトレーニングを担当している選手が高校総体に出場する日でもあります。本命種目の日なのでそちらにも足を運びたいな〜と思いながら、今日も講習の会場に来ています。
ダイエット&ビューティ・スペシャリスト」という認定資格のための講座を2日で16時間担当しています。

体は一つしかないため、選択の余地はないのですが、あれもこれも気になりますね笑
コンテストにはいつでも戻れるように体だけは鍛錬しておきたいと思います。

選手の皆さん、ここまでの努力を存分に会場で披露してください!!
 

ダイエットに偏らず、ワークアウトしよう(食事制限<運動習慣)

お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

ダイエット=食事制限、と言う響きはあまり好きではありません。自分の理想とする体?を作るために食事を制限して好きなものも我慢してやり続けることが、果たして心身にとって健康なのかと言うことにずっと疑問を持っていました。

食べ過ぎは健康を害する元になるだろうし、体を動かさないで一日中座りっぱなしであることも健康とは真逆であることは想像に難くない。
一方で、痩せるために食事を制限し、ストレスを抱えることは健康なのか?そもそも痩せていないと健康でないのか?

実は体重が多いことが必ずしも不健康ではないと言うこともわかって来ています。
単純な比較を並べてみると・・・

1)太っていて運動していない
2)太っていて運動している
3)太っていないし運動している
4)太ってはいないが運動もしていない 

実は太っているいないではなく、運動していないこと、が健康を害する要因として高いようです。

食事に関しても、太っている痩せているなどは、ある程度、遺伝的に決まっている部分があります。ですので結果として太っているか否かと言うことよりも、「食習慣」の方が影響があると言うことです。
1)太らないから、ジャンクフードを食べている
2)太っているけど、健康的な食事をしている 
3)太っていて、ジャンクフードを食べている
4)太らないし、健康的な食事をしている

太っているかいないかに関わらず、食習慣が病気との関連が高いと言うことのようです。
習慣ということですから、食文化、周囲の影響、規範、などが影響しているということです。

 と、話をわかりやすくしようとざっくりとした方向で書いてみましたが、ダイエット=食事制限と、健康は必ずしも一致しないし、太っている、痩せているもそれほど関係ない。大事なのはどのような習慣、無意識に、自然にやれることをできているかということが大事だということです。
それから、人間も動物である以上、静物になってしまわないように「動く」ことが大事だということ。

ダイエットよりワークアウトが大事です。

体力が低めの方や、運動習慣のない人は「関節運動」を適切に行うことが大事ということです。

食事制限であるとか、体力に見合わない運動、継続が困難な方法、不自然な物はやらない。
自分にあった食習慣、運動習慣、ライフスタイル構築。これが大事ということです。


パーソナルトレーナーである我々は、上記のことをサポートしアドバイスできる、健康の専門家であるべきなのです。 

夏なんでダイエットしましょうね〜・・・と言うかと思いきや

お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

夏だから薄着になるし、痩せたいな〜とか今年ことは腹筋割ってやろうとか目論んでいる人もこちらの読者にもいらっしゃるのではないでしょうか?
この時期になると必ずダイエットをなんとなく雰囲気で始める人も少なくありません。

ここで「ダイエット」とは、食事制限による体重減少と定義して話をすすめます。

ボディビルダーのようなコンペティターが試合に向けたダイエットを行うのは競技で成績を収めるためのものであり、入り口と出口が明確です。


わたしもコンテストに出るという経験は何年もしていますのでいわゆる減量目的のダイエットをしていました。

体脂肪率でいうと5%まで落とし、試合が終われば緩やかに12%までリバウンドしていきます。

ピックアップ0623一位と






そう、リバウンドするんです!


ダイエットを頑張るとリバウンドします。

コンテストビルダーは試合とオフの範囲内で調整していますので事前に織り込み済なわけです。

 問題はなんとなくダイエットを始めたり、出口のないまま体重を落とすことをやった結果、リバウンドしてしまうこと。リバウンドしてしまっては元も子もありません。

食事を制限、ガマン、して体重を落とした結果の行き着く先を想像するととても「なんとなくダイエット」はできません。

だからと行って、何も考えずに体にとってマイナスになるようなものをどんどん食べろと言っているわけではありません。

きちんと食べるというベースを作ろうということであり、ダイエット=食事制限をしようということではないということです。


【ヒップアップ!!】お尻を鍛えて「猿からヒトに」進化しよう笑

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

ボディメイクという言葉でイメージされることは人それぞれかもしれません。筋トレして筋肉つけて、食事制限で除脂肪というイメージの方が多いでしょうか?
こちらではお米をしっかり食べてボディメイクしよう!というコンセプトと、筋肉をつける前の骨格アライメントの修正のために立ち方や歩き方、動作全般を見直すことから始めています。 

今日はトレーニングセッション中に、お客様から「もうお尻がもげそうです!」と言われました。もげませんからご心配なく


私のトレーニングでは割とヒップがきつくなるものをやる傾向にあります。

股関節の機能面の大切さや、ヒップラインが綺麗な方が見た目が綺麗だからです。

ヒトに近い動物である猿やゴリラは、ヒップはヒトに及ばないのではないでしょうか?直立二足歩行をするヒトだからこそ発達しているヒップと言えます。

いや猿やゴリラも二足で移動するし、日光猿軍団のお猿さんは直立やん!と言われるかも知れませんが、膝が前に出たような、膝が曲がった二足です。
 

あれ、こんな姿どこかで見覚えが
 

ハイヒール履いてる女性で時々、膝が伸びないまま歩いてる人を見かけますが、なんだか印象が近いですね。


一方、ハイヒールを履いて膝が伸び、颯爽とリズムよく歩いている人はヒップをしっかり使った歩き方になっているので、見事にヒップアップされてます。

ヒップがうまく使えてヒップのラインが綺麗なのが人間の特権です。

しっかりヒップを使えるようにエクササイズしましょう。


お尻を鍛えるトレーニングといえば、ヒップスラストが人気上昇中です。



















西日本で唯一ヒップスラストができる専用マシンがあるのは新神戸のボディメイクスタジオSORAだけ!!
私もスタッフの研修などで出入りしています。http://ameblo.jp/leanbody-s/entry-12279499561.html

ヒップアップ
したい女性はぜひ行って見てください。 

夏の全国高校総体(インターハイ)へ向けての戦い

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

5月26〜28日まで大阪長居陸上競技場にて高校総体(インターハイ)の大阪府予選が行われました。近畿大会への出場権をかけた争いになります。

 昨年は100mに出場した選手のサポートで1日がかりで予選、準決勝、決勝と慌ただしく動いてましたが、今年はやや気楽に観戦できました。

 昨年末に開いたセミナーに参加してくれた選手の皆さんや個人的に何回か相談に来てくれた選手も出場していたので、活躍する姿を観に行って来ました。力はあるけど当日その力を発揮することなく破れる選手。大会で大きく飛躍する選手。コンマ何秒の差で目標に手が届かなかった選手・・・など色々なドラマがあります。
大会記録もいくつか出て見ごたえのあるものになりました。
 
 

IMG_1863







 卒業生であり昨年のこの大会で共に優勝を目指して練習を頑張ってきた選手もスタンドまで駆けつけてくれて、大学での近況や最近の練習での課題や、次の試合のことなどを話すことができ、大学デビュー戦に向けてしっかり準備をしている様子がうかがえました。

 来週は奈良県大会。今年契約している選手が登場します。
高校生にとってこのインターハイ路線というのは もっとも大切な試合になっていきます。選手もサポートする人、応援するご家族、全力で上を目指しています。

パーソナルトレーナー紹介
月別記事検索
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)はウサギと犬を飼っています
筋と腱はつながっている
筋と腱はつながってるんだぜ〜
LEANBODY(S)宅に居候中のウサギとフレブル、「筋」と「腱」のブログです
http://blog.livedoor.jp/muscle0618/
トレーニング個人指導のご依頼先

リーンボディマーク


【場 所】ティップネス塚口店 ゴールドジム関西各店舗 公共施設、会社や自宅への出張

【内 容】目的に合ったトレーニングプランのご提案、トレーニング法の指導、ダイエットに関するご相談

料金等】週1〜2回の定期契約、スポット契約 ¥8000/1h〜

マンツーマンで長期的に各種エクササイズ、身体調整、食事方法アドバイスなど健康体力の向上、競技力の向上をサポートするトータルボディコンサルティングを行っています。短期効果だけではなく、長期継続的に成果が出る、ライフスタイルが変わることを目標にやっていきます。
契約前には面談を行います。お気軽にお問い合わせください。

【LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング】サービス内容紹介ページ

全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会
NESTAPFTロゴ
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)がエリアマネージャーを務めるスポーツトレーナーの協会NESTA JAPAN。NESTAーPFT資格は世界標準規格のパーソナルトレーナーライセンスです。
http://www.nesta-gfj.com/
  • ライブドアブログ