大阪・神戸を拠点に、わかりやすい「筋トレ&ダイエット指導」で人気のパーソナルトレーナーのブログ。ダイエット・健康・競技力向上をトータルプロデュース 【鍛】ワークアウト 【食】ダイエット 【整】コンディショニング がテーマの、個人指導トレーナーのリアルな活動報告。

【食育にも力を入れています】
体作りは「運動3割、食事7割」と言われるくらい、「食事」の重要度は高いことが知られています。LEANBODY(S)TYLEでもこれまで以上に、食についてフォーカスするために、「食アスリート協会インストラクター」「健康・食育ジュニアマスター」として活動をスタートしました。講座開催などの依頼がありましたらご連絡ください。食アスリート協会:http://s-a.or.jp

【パーソナルトレーニングサービス】大阪〜神戸で健康管理を目的とした体作り、競技力向上を目的としたコンディショニングをサポートしています。ホームページ:http://leanbody.blog47.fc2.com/ 

【フィットネス指導者向け】
日本最大規模のトレーナー資格団体、NESTA JAPAN。
当協会の講座を関西地区で担当しています。
その他、フィットネストレーナー、パーソナルトレーナー、向けの記事ブログhttp://profile.ameba.jp/leanbody-s/

女性の性周期とコンディショニングについて

 アセットデザインボディデザインを形にする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

先日、とても受けたかったセミナーに参加してきました。
スポーツドクターで産婦人科医である高尾美穂先生による「運動指導者が知っておくべき女性のからだについての知識」 と題したこのセミナー。
 これまで、NESTAで担当していた「45歳以上の女性の為の運動指導「」ウェイトマネジメント」さらには、食アスリート協会での情報交換で知った新体操選手の問題、そして、私自身が指導していた女子高生の問題・・・などこれまで点で直面していたことや理解していたことが今回のセミナーで線になり、理解が深まりました。と、同時に、運動指導者という立場から選手、クライアントさんのみなさんものしっかり伝え、発信していかなければいけないという思いになりました。

女性の社会進出
スポーツの世界でも様々な職業の世界にも男性、女性同等に参加する時代になってきました。女性だから・・・という理由で弾かれていた世界から、男性も女性も同じように色々なものに参加できる社会。これはすごくいいことである反面、根本的な男性と女性の差という普遍的な部分を理解していないと問題が起こる機会も増えてくるということでもあります。
スポーツに目を向けると、今や、オリンピック日本代表に選ばれるのは男女半々で年によっては女性の方が多い時もあるくらいです。しかし、スポーツやトレーニングも男性中心でこれまでやってきたことであるが故に、男性の理論をそのまま女性に当てはめることになりだんだんと無理が生じてきている部分があるように感じます 

女性のライフステージ
まず、男性と女性で根本的に違うのは、一生のうちでの身体の変化が男性以上に影響が大きい点です。12歳頃から始まる月経妊娠と出産を経験する人もいらっしゃいますし、さらには閉経ということで大きく変化する機会が3回はあるということで、これは男性が絶対経験しえないことです。
また、一ヶ月の短いサイルクを見ても女性ホルモンの分泌が増えて行く時期→排卵→月経と目まぐるしく身体に変化が起きています。
そんな中で仕事やスポーツをやって行くということになりますので、ご本人も周囲の人たちもそれを無視して関わることはできないということになります

性周期の理解
IMG-5669






仕事のペースや、トレーニングサイクルの組み立てなど、周期を把握しながらやる方がいいコンディションで挑めるのではないでしょうか。
これには、ご本人さんの理解はもちろん、職場の人間、スポーツであれば指導者が理解することが必要ですね。


スポーツや健康と女性を取り巻く問題
スポーツ参加の開始年齢がだんだんと低くなっています。それ自体はいいことですが、早くから本格的に競技を開始することで女性のライフステージを無視した取り組みにつながってしまう恐れがあります。
中学生〜高校生は女性としての体づくりのためにも大事な時期でもあるとうことを忘れてはいけません
 最近では産後のダイエットのニーズも増えてきていますし、マタニティエクササイズのクラスも増えてきました。妊娠したから出産したからではなくそれ以前から運動する習慣がある中で妊娠や出産を経験する方が身体のためには良いでしょう。また、妊娠や出産は女性ホルモンの変化が一生の中でいちばん激しい時期であるということを本人も周囲の人も知る必要があります
 さらに、健康面で考えるならば閉経に備えた体づくりや閉経時の身体の変化受け入れ準備ということも大切です。閉経自体は必ず訪れるものですから理解し、備えることがいいのではないかと思います

次回は各論的な部分をまとめてみたいと思います
 

スタートアップ!! ダイエット編

 アセットデザインボディデザインを形にする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

四月開幕!スタートダッシュ!!・・・ってなんだかプロ野球開幕みたいな響きですが


この時期から思い立ってダイエット?をスタートしようと思われる人はけっこう多いように思います。

コンテストに出てる人のように毎年やってる人はだいたいいつから始めて、これくらいで落ちるというのを逆算できますし、そもそも期日があります。なので、普通の人が考えるよりはいくらか楽に体重が落ち絞れていくものです。

一方、日頃の不節制を省みるかのように一念発起してダイエットをスタートさせようという人にとってはスイスイ予定通りに〜とはいかないかもしれません。そもそも計画が立てにくいでしょう。


今日は、スタートアップ・ダイエット編として、始めるにあたっての情報を整理してみたいと思います。


・目指すべきゴールと目標

どんなに壮大な目的であっても小さな目標をたてクリアしていく習慣をつくることが大切です

自分にいま足りないこと、また余分なことを見極めていきましょう


・ベースラインの見極め

ダイエットにおいては、今の生活活動と食習慣がベースになります。それを知ることで、現状からどの程度変化をつけていくかになります。

本で見た素晴らしい方法や、憧れの人がやってることが必ずしもあなたに合うわけではありません
自分軸でダイエットしましょう


・低脂肪 or 糖質制限

ダイエット=食事行動については、減量目的であれば、たんぱく質を必要量、適正量をとり、糖質を制限するか、脂質を制限するかのいずれかになりますいずれかです!間違っても、糖質も制限して、脂質も極限まで減らすなどしてはいけません。

わたしはお米を軸にした、脂質制限的なダイエットを好みますが、糖質制限が合う人はそれもありです。

ただし、中途半端な制限はNG。さらにたんぱく質と脂質は必要量とります。また、1週間ぶっ続けで糖質制限するより6日やり、23日休憩のパターンがよいようです

メリハリをつけろということです


・期日まで続け、次なる目標を設定する
ゴールの数値、例えば●●kgになる、というのがたとえあっても、それをいつまでに達成するのか、すなわち今のダイエットをいつまでやるのかという期日がないと成果を得るのは難しいと思います
仮に10kg落としたい、落とす必要があるとした場合、ー2kgがどの時点で達成されているのがいいのか、撮ったことを細かく目標設定すること、そして、決めた日にちまでブレずに継続することです

以上、始めるにあたっての基本的な考えをまとめましたが、ダイエットが不要な人までダイエットする必要はもちろんありません。食事制限が最良の手段であればそれを選びますが、問題がそこにない場合は他の手段を選択する必要があります。最初は専門家に尋ねた方が早いかもしれませんね 


2018年度最初のイベントは!!山本義徳氏のセミナー受講からスタート!

 アセットデザインボディデザインを形にする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

4月になりました。今年度から新たにスタートする企画に参画し、トレーニングの普及、トレーニング指導者の育成に関わっていきます。特に、女性トレーニー、女性トレーナーのみなさんに嬉しい企画になっていますので、ご期待ください。

さて昨日は念願の、山本義徳さんのセミナーに参加してきました。知人トレーナーのkohrimanこと郡勝比呂さんの企画で定期的に大阪でお話を聞くことができるようです。 
FullSizeRender 13






山本義徳さんは、ボディビル界では以前から有名な方で近年はダルビッシュ有投手をはじめ、多くのアスリートのアドバイザーを務めておられ、ドクター並みの非常に深い医学的な知識をお持ちのかたです。実践者としてはもちろん、理論派としても知られる存在です。

昨日は実に50名以上の方が大阪内外から集まり、すごい熱気の中行われました。非常に難解な部分も非常にわかりやすい言葉で解説され、またすぐに実践に落とし込める所までアドバイスしていただきましたで納得のいく内容でした。

FullSizeRender 12









世の中にある健康情報もコマーシャルマーケティング的なものをバッサリ切られ、理由も明確でした。科学的根拠に基づきながらいかに現場で実践しやすいようにするか。これに尽きると思います。
正しいことが理解できれば、行うこともシンプルになっていきます。
非常にためになる1日でした。

山本先生、主催者の郡さんありがとうございました。 

春は「運動を始める」人が多いですね。パーソナルトレーナーからのアドバイス

 アセットデザインボディデザインを形にする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

美容室に行くと、女性のスタッフさんから必ず尋ねられることがあります。

それは・・・

「どうしたら効率よく痩せれますか?」

パーソナルトレーナーあるあるでしょうか?


ジムに入会し、本格的にトレーニングしている人や明確にイメージした身体がありそれに向けて目標を立てて取り組んでいる人は、もうそれが一つの成功パターンに入ってるからいいんです。


しかし、多くの人はテレビを見ながら「痩せたいなぁ、痩せなあかん!」といいながらポテチに手が伸びるわけです。 ジムに行って運動するなどは多くの人にとってハードルの高いものかもしれません。

上記の美容室で働く女性にアドバイスしたことは、広く世の中で同じように思っている人にも有効なアドバイスになりそうなのでまとめてみたいと思います。

 ハードで疲れる運動は、習慣のな人にとっては百害あって一利なしです。上記美容師さんも思い立って30分走ったけど翌日筋肉痛になり、結局その後やめてしまった・・・とのこと。
 毎日、なにかしら継続的にやれることから始め、意識づけしていく習慣化していくことが大切です。

・スロージョギングの勧め:時速5〜6km/h程度のウォーキングを行うなら、同じ速度で「走る」ことをおすすめします。歩く動作と走る動作の違いは、「両足どちらかが地面に残る歩く」と「両足が空中に浮く時間がある走る」という点です。歩くようなスピードで走ってみればそれほど苦しくはありません。10分程度から始めてみましょう

・椅子に座ったり立ったりの繰り返し:スクワットは素晴らしいトレーニングですが、見よう見まねでやると結構間違った動作のまま繰り返す人がいます。ご自宅でされるなら、椅子に座ったり立ったりを繰り返すと、スクワット様の運動になります。一日最低25回、椅子から立ち上がる。言うなれば座りっぱなしにならないことがいいでしょう。

・鼻呼吸と筋肉の運動:口呼吸になっている人が多い様です。口を閉じ、鼻で吐いて吸ってを繰り返す練習をしましょう。鼻呼吸で「吐く」タイミングで、肘の曲げ伸ばしをしたり、腕を前後に振ったりといった体操を行ってみましょう

・食生活の振り返り:太ってきたので痩せたい。それを最も効率よく達成するには、食生活を見直すことです。日頃、どの様なものをどの様なタイミングで、どの様な感情で食べているかを振り返ることです。自分の食生活を「把握」すること、把握するということは意識することになります。●●を減らすとか、○○を食べるといったことではなく、しっかり「把握」「意識」することが大切です

いきなり難しいこと、苦しいことを選択せず、楽に継続しやすいものを選択し、漸進的に進めていきましょう!!

 


シーズンイン!!いい形でスタートを切れたようです

 アセットデザインボディデザインを形にする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

随分暖かくなってきました。陸上競技もシーズンインを迎えているようで、記録会などのレースがあちこちで開催され始めています。この時期、海外でレースをスタートされている選手もいるようです。

さて、今週も定期的に見ている高校生三段跳選手のスプリントトレーニングを行いました。連日の雨でどうなるかと思いましたがやっぱり当日は晴れました笑 今まで一度も雨でトレーニングが流れたことはありません。
先週末、シーズンインとも言える記念記録会で、100Mは早速自己ベスト! 幅跳びはスピードが出すぎて足が合わないという嬉しい悲鳴となりました笑

 1年半以上繰り返し基本的な練習をおこなってきましたので、最近は意思疎通がかなりいいといいますか、私のイメージと選手が表現する動きが近づいてきたという感触を得ています。
 毎回練習後に送られていくる練習のまとめと感想が、「いい感触」であるというものが多くなってきていること、「力感以上に実際の動きが鋭く大きい」と言ったいい意味での「主観と客観」がずれていることもなども成長を感じます。
IMG_5367 IMG_5363











スプリント力の向上に加えて、今シーズンは跳躍の技術にも一段階レベルアップしたもの加えていくことになりそうです。
IMG_5365










受験生と選手の両立をしてしっかり結果を残せるように引き続きサポートしていきたいと思います。 
パーソナルトレーナー紹介
高津3








 高 津 諭

LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング主宰
広島県出身
大阪・兵庫を中心に活動するパーソナルトレーナーです。
「食」「鍛」「整」をキーワードに、引き締まったカラダ=LEANBODYな体作りを実践・指導中。
あなたに適した筋トレの方法と、ダイエットの内容をわかりやすく伝えます。プロポーション改善、健康と競技力向上、目標とする身体作りをサポート

★トレーニング指導暦20年
■NSCA-CPT取得 
■NSCA-CSCS取得
■JFSA-トレーニング指導士取得
■NESTA-パーソナルフィットネストレーナー取得
■食アスリート協会・シニアインストラクター
■健康食育ジュニアマスター
    ・
    ・
○GOLD'S・GYM公認パーソナルトレーナー
○株式会社ヴェルディーク・テクニカルアドバイザー
○スポーツトレーナー協会NESTA JAPAN関西エリアマネージャー

大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代に関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
エアロビクス養成コースでのS&Cや専門学校で講師も担当しながら、老若男女の健康とボディメイク、高校生、大学生アスリートへのコンディショニングを数多く担当
これまでの経歴を雑誌「NEXT」や「フィットネスジャーナル」で紹介される。


月別記事検索
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)はウサギと犬を飼っています
筋と腱はつながっている
筋と腱はつながってるんだぜ〜
LEANBODY(S)宅に居候中のウサギとフレブル、「筋」と「腱」のブログです
http://blog.livedoor.jp/muscle0618/
トレーニング個人指導のご依頼先

リーンボディマーク


【場 所】ティップネス塚口店 ゴールドジム関西各店舗 公共施設、会社や自宅への出張

【内 容】目的に合ったトレーニングプランのご提案、トレーニング法の指導、ダイエットに関するご相談

料金等】週1〜2回の定期契約、スポット契約 ¥8000/1h〜

マンツーマンで長期的に各種エクササイズ、身体調整、食事方法アドバイスなど健康体力の向上、競技力の向上をサポートするトータルボディコンサルティングを行っています。短期効果だけではなく、長期継続的に成果が出る、ライフスタイルが変わることを目標にやっていきます。
契約前には面談を行います。お気軽にお問い合わせください。

【LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング】サービス内容紹介ページ

全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会
NESTAPFTロゴ
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)がエリアマネージャーを務めるスポーツトレーナーの協会NESTA JAPAN。NESTAーPFT資格は世界標準規格のパーソナルトレーナーライセンスです。
http://www.nesta-gfj.com/
  • ライブドアブログ