大阪・神戸を拠点に、わかりやすい「筋トレ&ダイエット指導」で人気のパーソナルトレーナーのブログ。ダイエット・健康・競技力向上をトータルプロデュース 【鍛】ワークアウト 【食】ダイエット 【整】コンディショニング がテーマの、個人指導トレーナーのリアルな活動報告。

【食育にも力を入れています】
体作りは「運動3割、食事7割」と言われるくらい、「食事」の重要度は高いことが知られています。LEANBODY(S)TYLEでもこれまで以上に、食についてフォーカスするために、「食アスリート協会インストラクター」「健康・食育ジュニアマスター」として活動をスタートしました。講座開催などの依頼がありましたらご連絡ください。食アスリート協会:http://s-a.or.jp

【パーソナルトレーニングサービス】大阪〜神戸で健康管理を目的とした体作り、競技力向上を目的としたコンディショニングをサポートしています。ホームページ:http://leanbody.blog47.fc2.com/ 

【フィットネス指導者向け】
日本最大規模のトレーナー資格団体、NESTA JAPAN。
当協会の講座を関西地区で担当しています。
その他、フィットネストレーナー、パーソナルトレーナー、向けの記事ブログhttp://profile.ameba.jp/leanbody-s/

問題解決型トレーナー〜問題を見つけないと解決できないよ〜

お米を食べてボディメイクする!!パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

IMG_5042

減量目的で相談に来られたかたの問題を解決するには、なぜ増えてしまったのかをまず考えないといけません。また、そのかたがなんらかのダイエット法を取り組まれている方であればなぜその方がうまくいってないかを考えなければいけません。

問題がどこにあるのか?

・食べる時間帯を気にされ過ぎていた
・3食食べないとダメだという固定観念
・お米は太るんじゃないか?
・計算したら案外、タンパク質が足りなかった
・野菜はダイエットによい?!
などなど、いくつか問題点が上がりました。
また、心理的な不安があり取り組みに波があると言う点も問題のようでした。
一つ一つ理屈を説明しつつ、理屈ではない実践的な話もしていくことで、これならできる​!というやることが明確化され、迷いや不安が減り、少し前向きになられたようでした。


もう一つの問題が見つかりました!
食事がうまくいけば成功の確率はぐっと上がります。トレーニング中に、下腿の外側が痛い、違和感があるのを気にされてましたので、もしかして…?と思い、ウォーキングのエクササイズを実施しました。
なるほど〜
これは明らかに歩き方が原因でした。特に痛い側の足の動きのエラーは顕著でした。
おまけに全体の歩くイメージも小股で、股関節周りをしっかり使った歩き方とは程遠いものでした。
・接地ポイントを明確にする
・小股にならないように気持ち長めに足を置き続ける(トレッドミル使用)
・腕振りで左右対象にリズムをとる

アドバイス通りに歩き続けてもらうと、動作エラーは消え、歩き方がチョコチョコ歩きから颯爽とし歩き方に一変されました。
これなら体幹までしっかり使ったよい歩きと言えるスタイルです。減量にも、スタイルアップにも共通して使えるスキルを手に入れていただけました。
ご本人様の感想も、「最近ずっと下腿が痛かったのにこんなスピードであるいても、全く痛くない👀」と驚かれた感じでした。
IMG_5005


問題解決のためには問題を見つけることが大事ですね。また、取り組まれる方もとても素直であるので反応、変化も早かったと言えます

腰痛や膝痛は動作や姿勢のエラーから起こっている場合もあります

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

FullSizeRender


 全国的に猛暑、酷暑が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?先日、祇園祭のあった京都も連日38度を超えており、夏は暑いとはいえ少し脅威に感じますね。地震、豪雨、酷暑と自然の力に対しては畏敬の念を覚えますね。

さて、昨日四ヶ月ぶりにトレーニングにいらっしゃいましたお客様の話です。

膝を痛めてトレーニングを中断
春先にご家族の引越しなどがあり二ヶ月ほどトレーニングをお休みされていたのですが、どうやらその間に膝を痛めてしまわれたようで、トレーニングの再開が先延ばしになっていたと言う状況でした。ジムに来られた時はまだ脚を引きずるような形で歩かれていました。病院ではジムは休んだ方がいい、とか手術しましょうとか・・・思わぬ方向に話が進んでいたようですが、MRI検査の結果、結論として、特に構造的な異常は見られないと言うことで運動の許可が下りたようです。


この膝の痛みをどう考えるか?
問題は、レントゲンやMRIなど画像診断上は問題ない、でも本人は膝の痛みを訴えておられ、足を引きずっている事実があるという点ですね。ここをどう考えていくかということです。今回は膝でしたが、腰の痛みなどでも時々見受けられますね。
運動許可が出ているのでトレーニングをしていくわけですが、昨日の方は足首や足の骨の崩れがあり、きちんと立てていない印象で、足をきちんとつこうとすると下腿がねじれてい膝が内側にねじれるように動くという動作のエラーが見受けられました。
痛いのは膝ですが、問題は足首や足にあるように感じましたのでそこを動かしていき、正常な足に直し、自然に立てる状況を作るような運動(自動、他動)を行なっていきました
 

頭で理解してもらうことも大切です
もう一つは、本人さんの「痛い」という苦痛と恐怖や不安感。これは、なぜ、痛くなっているのかのメカニズムやこうすると痛くないという安心感を与え、頭の方から理解してもらい一つづやっていくと、この動きもできるあんな動きもできる、痛くないということで不安が少しずつ消えて行ったことでした。頭と体が正しい位置や動きを認識し始めると座ったり立ったりが恐る恐るだったものが普通に立てるようになり、最終的には普通に歩いて帰って行かれました。 

まとめ
痛みがあるからなんでもかんでも「痛み止め」「薬」で対処というのは根本的な解決にはなりません。痛みを止める処置と同時に、なぜ痛めてしまったのか?という根本原因にたどり着きそれを解決することが大切です。事故などの明確な原因がない場合は、姿勢や動作といった日常のなんでもない動きの繰り返しや生活環境が要因になっていることも結構あると考えられます 

テニス四大大会優勝の女子アスリートから学ぶ、アスリートの性周期とコンディショニング

お米を食べてボディメイクする!パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

わたしと年齢が同じ世界レベルのアスリートだった人に、プロテニスプレイヤーの杉山愛さんがいらっしゃいます。いま行われているウィンブルドンテニスでも活躍されました。
その杉山選手が現役引退後に経験された「テニスと月経」についてのインタビュー記事がヤフーニュースにありました。

4月にスポーツドクターの高尾先生のセミナーに出てから、女子アスリートと減量のことや、性周期関連についてアンテナを張る感度が上がりました。

・セミナーまとめ記事

女性の性周期とコンディショニング⑴

女性の性周期とコンディショニング⑵

女性の性周期とコンディショニング⑶

女性の性周期とコンディショニング⑷


こうやって世界レベルのトップ選手が日本でも発言されることが増えてきたのは、これからの若いアスリートにとってもよいことです。

10代はもちろんスポーツ技術を高めたりアスリートとしての身体づくりをするのにも大事な時期ですが、それ以上に女性としての身体づくりでも大事な時期であることを、選手は自覚し、指導者は理解しておかないといけません。

選手サポートの現場を後輩トレーナーが見学しに来てくれました

お米を食べてボディメイクする!パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

7月7.8日と連日長居陸上競技場へ
サポート選手のことは昨日書きましたので、今日は違う視点から

スポーツビジネス経営塾のVOSという団体の一つのセクションに陸上関連のランニングイノベーションという組織があります。
昨日はそのランニングイノベーションに属するメンバーがわたしのサポートを見学したいとのことで陸上の試合を観戦してくれました。野球出身のトレーナーもおり、初めて観る陸上の試合で色々興味深く見入っていました。

わたしがウォームアップをしてる場面を見学し、その感想をSNSに書き込んでいたので掲載いたします。
IMG_6739
【今日は初めて陸上の試合を1日観戦!
高津さんが見られている選手も出場されるとのことでアップも見学させていただきました。
高津さんの現場でのトレーナー活動を初めて見ましたが、
ウォーミングアップの内容はもちろん、何が一番すごいって選手とのコミュニケーションの取り方。
ふたまわりも年が下の選手に対して、近すぎず遠すぎずの絶妙な距離感で対応される姿はこれ以上にない学び。】





100m個人レースは振るわなかったのため、リレーに向けても士気が高まっていなかったので、「せっかく決勝に行けてまだ可能性が残ってるんだから、死ぬ気で6位を獲ってこい!」と発破をかけ、わたしは会場を後にしました。
その後、見学に来てくれたトレーナーがその選手をサポートしてくれたみたいで、気になっていた肩甲骨周辺、臀筋周辺を緩めてくれたようで、決勝は気持ちよく走ることができたと、選手から報告がありました。
FullSizeRender

そのトレーナーも、高校生や大学生からパワーをもらえたので明日からまた頑張れます!とのメッセージをくれました。
人の縁は大切にしていかないといけないと改めて思った次第です。

FullSizeRender

最終日は高校生の時にアドバイスをしていた選手が走ってました。高校の時は苦しんでましたが大学では伸び伸びやれてるようで、今シーズンは自己ベストも出せてる様子。よいシーズンにしてほしいものです


雨も上がったし、明日からはザ・夏!がスタートします。夏バテしないよう頑張っていきましょう。

土砂降りの中の100mレースの結果は…

お米を食べてボディメイクする!!パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

ZIGGY「I’M GETTIN’ BLUE」 土砂降りの雨が通り過ぎる頃には、探してた言葉見つかるかもしれない♪‬

いや、よく降りました。今も広範囲で雨による自然災害の危険がある地域がたくさんあります。
こんな悪天候のコンデションですが、長居で行われた大阪陸上選手権大会に行ってきました。
昨年に引き続き100mに出場する選手のサポートです。
FullSizeRender


またこの大会は、大学で大阪を離れた選手も帰省し出場する人も多く、久しぶりに会う選手と交流できる機会でもあります

去年は伸び伸びとレースに臨んでいましたが、今日は天候の悪さも相まって伸びを欠いたレースで予選敗退に終わりました。
FullSizeRender
IMG_6732

つくづく100mをただ走るだけの競技なのに繊細で奥深いものだと思いしらされましたね。
魔法はないので、課題を明確にしコツコツとレベルアップしていくしかありません。このままでは終わらないでしょう。


パーソナルトレーナー紹介
高津3








 高 津 諭

LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング主宰
広島県出身
大阪・兵庫を中心に活動するパーソナルトレーナーです。
「食」「鍛」「整」をキーワードに、引き締まったカラダ=LEANBODYな体作りを実践・指導中。
あなたに適した筋トレの方法と、ダイエットの内容をわかりやすく伝えます。プロポーション改善、健康と競技力向上、目標とする身体作りをサポート

★トレーニング指導暦20年
■NSCA-CPT取得 
■NSCA-CSCS取得
■JFSA-トレーニング指導士取得
■NESTA-パーソナルフィットネストレーナー取得
■食アスリート協会・シニアインストラクター
■健康食育ジュニアマスター
    ・
    ・
○GOLD'S・GYM公認パーソナルトレーナー
○株式会社ヴェルディーク・テクニカルアドバイザー
○スポーツトレーナー協会NESTA JAPAN関西エリアマネージャー

大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代に関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
エアロビクス養成コースでのS&Cや専門学校で講師も担当しながら、老若男女の健康とボディメイク、高校生、大学生アスリートへのコンディショニングを数多く担当
これまでの経歴を雑誌「NEXT」や「フィットネスジャーナル」で紹介される。


月別記事検索
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)はウサギと犬を飼っています
筋と腱はつながっている
筋と腱はつながってるんだぜ〜
LEANBODY(S)宅に居候中のウサギとフレブル、「筋」と「腱」のブログです
http://blog.livedoor.jp/muscle0618/
トレーニング個人指導のご依頼先

リーンボディマーク


【場 所】ティップネス塚口店 ゴールドジム関西各店舗 公共施設、会社や自宅への出張

【内 容】目的に合ったトレーニングプランのご提案、トレーニング法の指導、ダイエットに関するご相談

料金等】週1〜2回の定期契約、スポット契約 ¥8000/1h〜

マンツーマンで長期的に各種エクササイズ、身体調整、食事方法アドバイスなど健康体力の向上、競技力の向上をサポートするトータルボディコンサルティングを行っています。短期効果だけではなく、長期継続的に成果が出る、ライフスタイルが変わることを目標にやっていきます。
契約前には面談を行います。お気軽にお問い合わせください。

【LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング】サービス内容紹介ページ

全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会
NESTAPFTロゴ
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)がエリアマネージャーを務めるスポーツトレーナーの協会NESTA JAPAN。NESTAーPFT資格は世界標準規格のパーソナルトレーナーライセンスです。
http://www.nesta-gfj.com/
  • ライブドアブログ