LEANBODY(S)TYLE ★大阪〜神戸パーソナルトレーナーの視点★

大阪・神戸を拠点に、わかりやすい「筋トレ&ダイエット指導」で人気のパーソナルトレーナーのブログ。ダイエット・健康・競技力向上をトータルプロデュース 【鍛】ワークアウト 【食】ダイエット 【整】コンディショニング がテーマの、個人指導トレーナーのリアルな活動報告。

【食育にも力を入れています】
体作りは「運動3割、食事7割」と言われるくらい、「食事」の重要度は高いことが知られています。LEANBODY(S)TYLEでもこれまで以上に、食についてフォーカスするために、「食アスリート協会インストラクター」「健康・食育ジュニアマスター」として活動をスタートしました。講座開催などの依頼がありましたらご連絡ください。食アスリート協会:http://s-a.or.jp

【パーソナルトレーニングサービス】大阪〜神戸で健康管理を目的とした体作り、競技力向上を目的としたコンディショニングをサポートしています。ホームページ:http://leanbody.blog47.fc2.com/ 

【フィットネス指導者向け】
日本最大規模のトレーナー資格団体、NESTA JAPAN。
当協会の講座を関西地区で担当しています。
その他、フィットネストレーナー、パーソナルトレーナー、向けの記事ブログhttp://profile.ameba.jp/leanbody-s/

【陸上競技選手・指導者向け】
スプリント能力向上委員会なるコミュニティの発起人のひとりに名を連ねています。スプリント能力向上に関する多角的な情報を発信し、いずれは講習会並びに練習会の開催をしていきたいと考えています。日本のスプリント能力の底上げ、並びに日本が世界が誇れるスプリンター発掘のために活動していきます。
https://twitter.com/cisa_ttkk

「食と栄養」マスター講座、運動指導者以外の方にも受講いただけます

 お米を食べてボディメイクする!!パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

きょうは体育の日というのことでスポーツの秋!ですが、食欲の秋といわれることも少なくありません。美味しいものをしっかり食べて、しっかり体を使う。これが基本ですね。

しっかり食べる!!これが案外難しかったりします。特に、今の世の中、食いもんはたくさんあるし、いつでも食べれるし、でもダイエット情報番組なんかではこれを食べた方がいい、これは良くないとかええ加減な情報のおかげで食べるのが怖くなっている人もいたりします

 そこで、公認スポーツ栄養士さんから、正しい知識と実践方法を学んで実生活や現場で生かしていただこうという場を設けます。

 スポーツ指導に関わる人、フィットネストレーナーの人、パーソナルトレーナーと称する人、それからスポーツをしているお子さんをお持ちの親御さん、ご自身がスポーツ愛好家、美容に気を使って食事をしているおねーさんがた・・・そんな人皆さんに受けてもらいたい講座のご案内です。

タイトルには「指導者向け ・・・」とありますが、指導者の方でなくても受講いただける講座になっております。

「食と栄養」マスター講座
 スポーツ、キッズ&シニア、美容というテーマで3回計6日間をかけて行います。興味のあるテーマのみ受講いただいても構いません。毎回、栄養基礎講座を最初の3時間を使って実施しますので、栄養学を専門的に学んだことがない方もスムーズに受講いただける構成になっています。

申し込みは主催者ホームページよりお申し込みください
 FullSizeRender 4FullSizeRender 3

明日は「体育の日」ですね

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

気がつけば10月に突入。明日は体育の日ですね。

1999年までは10月10日が体育の日で固定でしたが、ハッピーマンデーの制定により、現在は第二月曜となりました。今年はたまたま10月10日ですが、10月10日がなんかいいですね笑

1964年の東京オリンピック開会式が10月10日であったことで1966年のこの日から体育の日が制定されました。スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」ことを趣旨としているこの祝日、こんな日は是非、普段運動している人もしていない人もちょっと体を動かしてみてはどうでしょう?

ゲーム性のあるスポーツや、自分自身の体を変えるためにボディビル的なトレーニング、だけでなく、体操やヨガなど自分自身の身体と向き合いながら心身をほぐしていくことなど、いろいろな運動が考えられます。
 
 腰痛や肩こり、様々な不定愁訴も身体を適度に動かすことにより改善されることも多々あります。動かさないことがマイナスになるということも少なくありません。
 10月10日を機に、「自分の体と向き合い、心地よい身体運動」を行い 習慣にしてみてはいかがでしょうか。

筋トレ女子が増えてきた・・・?!

お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

私のいる環境だからかもしれませんが、筋肉をつけたいと言ってウェイトトレーニング、俗にいう筋トレ女子が周りに増えてきています。

IMG_8258 IMG_8671









一方、今でもよく聞く話ですが、筋肉つけたくないからウェイトトレーニングはしない、ちょっとやっただけで筋肉がすぐについてむきむきになるといったイメージを持っているひとは少なくありません。

こちらの方が世の中的には多数派かもしれませんね。


筋トレをするしないの選択は自由意志に委ねられますが、筋トレはするんだけどムキムキになりたくないから軽い負荷で=30RMにも満たないような負荷、やった気になるだけとか、もっと最悪なのは指導する立場のインストラクターが筋肉がつきすぎないように軽めでやりましょう〜などと指導する場合です。こういう時はだいたいトレーニングしたことない指導者がアドバイスします笑


私自身は筋トレを20年以上続けています。ですが、相手の目的が何であれ筋トレが絶対だという指導はしません。目的が1番叶うであろう方法を選択してやるのでそれがたまたま筋トレだったりそうでなかったりするだけです。

まあ、重いものを軽く持ち上げると言ったウェイトトレーニングの方法であれば重いものを持ち上げれるレベルが上がるに従い、姿勢も良くなりスタイルが良くなる気がしますね。

最悪は我流フォームで局所のそれもついて欲しくないところの筋肉が発達する、姿勢が崩れてスタイルが悪くなる。こういうことだと思います。


筋トレして筋肉ムキムキに。。。は、なろうと思ってむちゃくちゃ努力して時間かけても達成するのは時間もかかるもので、すぐに簡単につくものではありません。

軽い負荷でしなやかな筋肉を。。。といったありもしない幻想でいたずらに労力を費やすより、筋肉がもっとつきやすい負荷で、必要な量だけやる方が結局効率が良いと思います。


先日の記事に書きましたように、自分がどんなボディになりたいかどんなボディメイクするのか、ということがどのようなやり方でやるか、になりますので、自分の軸が1番大切です

ライザップにだってできるんだから、俺にもできるはず?!

お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

三ヶ月で劇的に身体を変えることはできるか??


こう言う問いには二つの答えが思い浮かびます。

体づくりは継続による地道な努力が必要で短期でやるなんて邪道、長期的に取り組むからこそ意味がある。

というものと、

短期間で結果が見えたら今後の継続意欲にもつながるのでそれを目指すのはいいことだ。

コンテストに出る連中は、三ヶ月くらいで別人のような身体に作り込んでくる。


これは筋肉をつけボディをデザインするには時間がかかるが、除脂肪は適切に行えば数ヶ月ではっきりと変化を出すことが可能とも言えますね。


 私はコンテストに出ている時は、減量期間を概ね4ヶ月と決めてスタートさせますが、だいたい1ヶ月前、すなわち3ヶ月くらいで体脂肪率が一桁になるほど絞ってしまいますこの間はほぼ食事によるコントロールの良し悪しが結果につながります。

一方、12年のスパンで見たらほとんど体重は増えてない=筋肉は増えてないし毎年同じような身体に見えますが、10年前と今、もっと言えば大学生のころと今を比較すると筋肉量などは別人と言っていいでしょう。数値を示すなら、62-3kgで体脂肪率13パーセントだった大学時代と、73kg12パーセント弱の現在では、筋肉量が明らかに違うことがはっきりします。
 

身体づくりは短期間で除脂肪して劇的に変化させる行為と、中長期的にコツコツと筋肉量を積み上げていく作業の両方が必要であると言えます。


ボディメイクは”ある意味”簡単だ

お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

ボディビルなどのコンテストではジャッジが評価し順位を決めるため、自分のイメージでいい出来、いい仕上がり、完璧だと思ってもジャッジにそう評価されなければだめな競技です

すなわち自己満足だけではだめなわけです。


先日もプロ最高峰の大会、オリンピアにおいて日本人唯一のIFBBプロ山岸選手が優勝目指して挑まれ ました。今年はアーノルドクラシックというこれまたプロ最高峰のコンテストで勝利を収めており期待が高まっていたところです。

IMG_1218 (1) 

仕上がりも自他共に 認める最高の出来。私の目にもそう映りましたが。。。

ジャッジは厳しい評価を下しました。

こういうことがあるのがコンテストなんですね。








翻って、自分自信のためにボディメイクするという場合はいい意味で自己満足で良いのです。そういう意味では他に左右されることなく自分をもっていればある意味楽とも言えます。

その代わり、しっかり自分のなりたいボディなり、取り組み方をイメージして臨まないと、単にダイエット雑誌や情報番組の方法に振り回されて結局、どんなボディを作りたいのかがわからなくなってしまいます。


他人に評価されないボディメイクだけに、自分自身がこうしたいというイメージは大事になってきますね!


パーソナルトレーナー紹介
月別記事検索
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)はウサギと犬を飼っています
筋と腱はつながっている
筋と腱はつながってるんだぜ〜
LEANBODY(S)宅に居候中のウサギとフレブル、「筋」と「腱」のブログです
http://blog.livedoor.jp/muscle0618/
あし@
トレーニング個人指導のご依頼先

リーンボディマーク


【場 所】ティップネス塚口店 ゴールドジム関西各店舗 公共施設、会社や自宅への出張

【内 容】目的に合ったトレーニングプランのご提案、トレーニング法の指導、ダイエットに関するご相談

料金等】週1〜2回の定期契約、スポット契約 ¥8000/1h〜

マンツーマンで長期的に各種エクササイズ、身体調整、食事方法アドバイスなど健康体力の向上、競技力の向上をサポートするトータルボディコンサルティングを行っています。短期効果だけではなく、長期継続的に成果が出る、ライフスタイルが変わることを目標にやっていきます。
契約前には面談を行います。お気軽にお問い合わせください。

【LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング】サービス内容紹介ページ

全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会
NESTAPFTロゴ
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)がエリアマネージャーを務めるスポーツトレーナーの協会NESTA JAPAN。NESTAーPFT資格は世界標準規格のパーソナルトレーナーライセンスです。
http://www.nesta-gfj.com/
  • ライブドアブログ