LEANBODY(S)TYLE ★大阪〜神戸パーソナルトレーナーの視点★

大阪・神戸を拠点に、わかりやすい「筋トレ&ダイエット指導」で人気のパーソナルトレーナーのブログ。ダイエット・健康・競技力向上をトータルプロデュース 【鍛】ワークアウト 【食】ダイエット 【整】コンディショニング がテーマの、個人指導トレーナーのリアルな活動報告。

【食育にも力を入れています】
体作りは「運動3割、食事7割」と言われるくらい、「食事」の重要度は高いことが知られています。LEANBODY(S)TYLEでもこれまで以上に、食についてフォーカスするために、「食アスリート協会インストラクター」「健康・食育ジュニアマスター」として活動をスタートしました。講座開催などの依頼がありましたらご連絡ください。食アスリート協会:http://s-a.or.jp

【パーソナルトレーニングサービス】大阪〜神戸で健康管理を目的とした体作り、競技力向上を目的としたコンディショニングをサポートしています。ホームページ:http://leanbody.blog47.fc2.com/ 

【フィットネス指導者向け】
日本最大規模のトレーナー資格団体、NESTA JAPAN。
当協会の講座を関西地区で担当しています。
その他、フィットネストレーナー、パーソナルトレーナー、向けの記事ブログhttp://profile.ameba.jp/leanbody-s/

続・活動量計のススメ! ダイエット開始時に揃えておきたいアイテム

お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

11月に入って初の投稿だったようです。この間にも、ウェイトマネジメントの講座をやらせてもらったり、「食べることで体を作る」話をさせてもらう機会が増えています。

 体重管理の際に、自分の活動量と食べている量の差額を知るということを行います。今、これくらい動いています、これくらい食べていますという目安を知るわけです。
 ダイエットだ〜といって、急に食べるものを減らして見たり、痩せなきゃ〜といきなり走り出したりする人がいますが、自分の食べる量や動いている量も知らないで始めるなんて恐ろしいことです。

 まずは、己を知ること!!

活動量については、体重から基礎代謝を計算し、1日の行動をピックアップして計算する〜なんてのを昔はしていましたが、今は便利なものがたくさんあります。
m200-wristbands



こちらのブログでも度々登場する、POLARの活動量&心拍計。
これはつけているだけで1日の歩数やカロリ、睡眠時間など、生活を丸ごと記録してくれるものです。
最新のものは、心拍のセンサーを胸につけることなく、測定できるものが増えてきています。
私も、一つ購入して試しています。

IMG_0148











ダイエットに取り組む、体を絞るために運動する、なら、体重計メジャーと、活動量計は必須アイテムとして揃えておきたいですね。 

魚住先生の直接指導を仰ぎ、選手の動きが変わりました

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

本日は定例勉強会の日でした。
私が1年以上にわたりサポートしてきた100mを専門にする高校生を指導のモデルとして同行させ、魚住先生から直接指導をしていただき、走り方の指導について学ぶことができました。
 
 普段行なっているドリルなどウォーミングアップの様子と、数本の流しで、選手の特徴「いい面と欠点」を見つけ出し、そこから修正のための指導が展開されました。

行なったことは
・スキッピング
・腿上げ
・けつ叩き
・6歩での加速
IMG_0102IMG_0108IMG_0106









もちろん練習としては普段から行なっているものばかりで新しいことをしたわけではありません。
その中で、意識させる部分、を一本ごとに丁寧に修正し、本数が行くごとにリラックスした動きになり、本数を重ねることに息が上がらなくなっていきました。
 一番の課題は、うまく腕を使えていなかったことに端を発しています。腕振りが良くなると身体が楽に前に進むので結果余計な力を加える必要もなく、リラックスした動きへと繋がって行くという感じでした。

選手も楽に動けているので、表情が楽でこわばりがなくできていました。 
陸上の練習というと、一生懸命、何本も走るイメージがあるかもしれませんが、むしろ息が上がることなく楽にスムーズに本数をこなせる、練習が終わったあと身体が緩んでいるのが理想です。
 
選手、指導者、両方にとってとても有意義な時間となりました。 

全日本ジュニア&ユース 陸上大会が終わり、来シーズンを見据えた準備を始めています

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

先週末、陸上競技の全日本ジュニア&ユース大会が行われました。
高校時代にサポートしていた、現在大学2年生の三段跳び選手と現在サポートしている高校1年生の三段跳び選手が出場しました。
奇しくも、両方三段跳び選手でした。

 ジュニアの選手は準優勝でしたが、自身の持っている記録からすると物足りない跳躍だったようです。
そして、ユースに出場の選手は初めての全国の舞台でしたが、最初の3本の跳躍を終わって9番目でトップ8に入ることはできなかったようです。トップ8は2年生ばかりで高校1年生は彼一人でしたので、この冬頑張れば十分期待が持てる結果となりました。記録も自己記録更新の14m34の跳躍でしたので、全国レベルの大会で自分の跳躍ができた点も収穫でした。

大会後、すぐにラインで報告があり、早速、「走り方の指導」を受けたいと連絡がありました。スプリント能力がもう少し上がれば記録が伸びると自分でも感じたからではないかと思います。
そうして、昨日、スプリント練習を行いました。 
IMG_0080





毎回練習後には、やった内容とできたこととでできなかったこと、理解できなかったことなどをまとめてきますが、ほぼやった内容は正確に書き記されていますし、自分でもできているところとそうでないところを把握できている選手で、今日も前回の課題を大体クリアしてきていて、最初に見た時とは明らかに違うしっかりとした走りができるようになっていました
 本人の感想も、「だいぶいい感覚で走れました」とのことで主客が一致する感じでした。

 彼に限らず、短距離を走る場合は皆、最初の6歩で脚を動かすことを急ぎすぎて、バタバタした動きになることが多いです。一歩一歩しっかり地面を押し、一歩一歩ストライドが広がり、すなわち体が前に前に運ばれていきスピードが上がっていくという流れのようなものができないとスムーズに加速ができないように思います。
昨日はそれがうまくできるようになりましたので、スピードに乗るという感覚がつかめたのではないかと思います。

これから冬季練習に入り、パワーアップして春を迎えてほしいものです。 

心拍計や活動量計を活用しよう

お米を食べてボディメイクする!! パーナルトレーナーのLEANBODY(S)です

いつも当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。


アップルウォッチを例に出すまでもなく、各メーカーから様々な活動量計が出ています。

その中でも私は老舗ポラールをお勧めしており、私のクライアントさまの多くも活用いただいております。


万歩計から随分進化し、今では歩数、カロリー、睡眠の時間や質に至るまで管理できるようになりました。

また、トライアスリートやマラソンランナーが使っても満足いく高機能心拍計から、レジスタンストレーニングモードを備えたもの、体力テストまで行えるなど時計サイズで色々できる優れものです。

特に最近のイチオシは、胸にストラップをつけることなく、手首から心拍を測れるものです

胸部ストラップは装着感が嫌だったり、忘れたりで嫌いなかたも少なくないですが、手首測定ならお手軽ですね。

m200-wristbands



いや本格的に走ったりしないんだけど、という方も、心拍数からみた健康状態の把握や、なにより一日の歩数やカロリーが把握できるのはとてもありがたいことです。


実はこんなことがありました。

職場を変わられたクライアントさまがいらっしゃいます。

ジムに来やすくなり頻度を少し上げられました。食事もそれなりに気をつけているのに、体重が減らない。減りにくいおかしいとなったのですが、活動量計は見逃しませんでした笑

 前の職場は建物の構造上、無駄に動かざるを得なかったようですが、新しいところでは其れ程無駄に動いてないことに気づかれました。

活動量計の歩数と消費カロリーに如実に現れていました。

普通に生活していたら歩数や消費カロリーが変動したことを実感しにくいですがデータ化すると一目瞭然。

減らない理由がわかれば対策も立てやすいですよね。


つけてるだけで自動的に記録しアプリに残ります。

有効なツールは近年価格もリーズナブルになっており、こういうものは積極的に使うべきだなと思います。


方法より目的、ノウハウよりもメンタル、体づくりも資産形成も共通点が多い

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

ダイエット成功する秘訣は、「明確に目標を設定することです」
どのようなカラダになりたいのか?いつまでになりたいのか?目的もなく「ダイエット」だけを行ってもおそらく成果は得られないと思います。
 さらに、取り組むにあたっての自分なりのルールを決め、それを守ることが大切です。ルールというと堅苦しいですので、ガイドラインという感じで概ねこのようにしていこうというものに従って行動することです。
 また、正しい知識やノウハウがない状態で闇雲に取り組むと失敗の可能性が高くなります。それから、短期間で一気に成果を出そうとすると、リターンの代償としてリスクも膨らませてしまいます。

 ということをまとめていくと、これは「資産を増やしていくこと」と同じだなと感じました。
実は、今日からアセットデザインの勉強を始めました。
 ここでも、メンタルの訓練が必要なことや、「絶対に成功する、唯一無二の方法はない」こと、長期に継続できる方法で成果をあげること、が大事だということを学びました。
 まさに、トレーニング、ダイエットにおいての考え方と同じでした!
世の中、うまい話はない。地道に正しく努力することが近道なんでしょう。
 
パーソナルトレーナー紹介
月別記事検索
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)はウサギと犬を飼っています
筋と腱はつながっている
筋と腱はつながってるんだぜ〜
LEANBODY(S)宅に居候中のウサギとフレブル、「筋」と「腱」のブログです
http://blog.livedoor.jp/muscle0618/
あし@
トレーニング個人指導のご依頼先

リーンボディマーク


【場 所】ティップネス塚口店 ゴールドジム関西各店舗 公共施設、会社や自宅への出張

【内 容】目的に合ったトレーニングプランのご提案、トレーニング法の指導、ダイエットに関するご相談

料金等】週1〜2回の定期契約、スポット契約 ¥8000/1h〜

マンツーマンで長期的に各種エクササイズ、身体調整、食事方法アドバイスなど健康体力の向上、競技力の向上をサポートするトータルボディコンサルティングを行っています。短期効果だけではなく、長期継続的に成果が出る、ライフスタイルが変わることを目標にやっていきます。
契約前には面談を行います。お気軽にお問い合わせください。

【LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング】サービス内容紹介ページ

全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会
NESTAPFTロゴ
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)がエリアマネージャーを務めるスポーツトレーナーの協会NESTA JAPAN。NESTAーPFT資格は世界標準規格のパーソナルトレーナーライセンスです。
http://www.nesta-gfj.com/
  • ライブドアブログ