世間はお盆ウィークを迎えておりますが、コンテストを2週間後に控えている私には無縁のイベントでございます。

 フレンチブルドッグの腱志郎が我が家に来てから5日目になろうとしていますが、なかなか手がかかりますね。子供なので仕方ないですが・・・しつけは心を鬼にしてスパルタで臨んでいるパーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

 さて、6月20日に大阪体重別大会に出てから8週間が過ぎました。本当にあっという間で、今年は一切身体を緩めることなく、さらにあのときよりも絞り込んですごしています。最近の体重は平均値は66,5kg(67.2〜66.0)で推移しています。

 トレーニングは3週がんばって、1週楽をする感じで着ています。今週来週は、最後の力を振り絞ってベスト重量にチャレンジすることにしています。
 先日のバーベルカールは60kgが思いのほか軽く、以前は6回がやっとだったのに、楽に9回いってしまいました。バイセップスに関しては、バイセプス倶楽部と命名し、力を入れてきた成果がはっきりとでて嬉しい限りです。

 ダンベルショルダープレスも、浅かった可動域を改善し、30kgで6レップスいけましたので、上々です(とはいえ、プレス系が恐ろしく弱いので来年の課題)。
 
 ベントオーバーロウは130kgが扱えているので昨年よりは十分に強くなっており、チンニング系もマッスルコントロールが向上したおかげで背中を広げることが可能になってきました。

 そして、明日はフルボトムでのフロントスクワット。110kgで足止めを食らっているので明日は一発でクリアしてやろうと思います。

かっこいい身体を作るには筋肉をまずは大きく、そこからダイエットし絞り込み、形をよりよくするために細かいトレーニングをしていきますが、やはり、「力」を強くしていくために、「チャレンジ種目」「チャレンジセット」をとり入れ、使用重量を伸ばしていくということは大切なポイントですね。