ボディビルコンテストを明日に控えているパーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。結果はどうあれ、身体作りを毎年続けて自分自身がインプルーブしていっていること自体は楽しいことです。

大阪クラス別ボディビル選手権2012は、エル大阪(京阪・地下鉄 天満橋駅)にて10:00〜スタート

脂肪燃焼・持久力アップのトレーニングの代表格は今トレンドのジョギング、ランニングかもしれませんが、持久力アップのエクササイズは色々あります。

 持続的でリズミカルな運動をフィットネスプログラムに組み入れることは大変重要です。
有酸素運動=エアロビクスとか酸素を必要とするという意味のエアロまたは心臓血管,呼吸循環器系を強化するという意味のカーディオなどと呼ばれるタイプのエクササイズになります。
GYMに行けばエアロバイク、ドレッドミル、エリプティカルトレーナーにステアクライマーなどがあり、プールが有れば泳ぐことも可能です。また屋外を走ったりサイクリングを行うことも全て、カーディオ系のエクササイズということになります。

これだけ選択肢があれば何れからやっていいのか何が一番効果的なのか、マシンと屋外ではどちらが良いのかとか色んな考えが浮かびますね。
結論から言えば心臓血管系に十分な刺激を与えるだけの負荷強度で行えば、エアロビクスとしての効果に大差はないということになります。何れかが他より優れた効果を生むと言うものではないということです。
※重要な負荷設定については後日

ですから選択する際は基本的な効果以外の条件を考えます。
例えば、快適な温度に保たれ天候に左右されない屋内ランニングを選択。マラソンレースに参加するので路面になれる目的で外を走る。
膝に負担をかけないためにインパクトの低いエリプティカルトレーナーを選ぶ。泳ぐのが好きだからプールに行く…などなどです。

特定の競技をするということでなければ色んなものを環境の許す範囲でやるのがベターという結論になります。
同じ動きで同じ箇所にストレスをかけ続けるより分散する方が長期的にみてよいということです。

貴方がいまカーディオを始めるとしたら何から選択していきますか?