今年はずいぶんとブログ更新のペースが鈍ってしまいました。楽しみにしている読者の皆様に対しては申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 FBやツイッターなどいろいろな
ところで更新しているので、書いた気になっちゃっているのでしょうね(笑)

さて、ボディメイク関連の雑誌をあちこちで目にするようになりました。一時の食事制限であるダイエットだけの話題でなくエクササイズをすることでカッコイイ体を作ろうというものが多く傾向としてはいいことだと感じています。
 ボディメイクの方法は概ねボディビルダーなどフィジークコンテストを目指す方のトレーニングがベースというか参考になり書かれたものが多いのが特徴です。筋肥大など参考になる部分がたくさんあります。
 一方、コンペティターでない一般の方がボディメイクといった場合、健康体力の向上の一環または延長線上としてのシェイプアップに取り組まれることになると思います。
 シェイプアップとはアップするべき部分が必要で、単に食事を制限し痩せる=痩せ衰える=体力の低下というものとは一線を画し、体力アップとセットで考えることになります

 パーソナルトレーニングの依頼では、トレーニング経験者が更なるレベルアップのためにというケースもございますが、逆に、トレーニングなど全くやったことないので一から始めたいというケースも非常に多くあります。
 このようなケースでは、さまざまな目標をお持ちであっても、まずは「体力アップ」がスタートになります。
最初はバイクを10分こぎ続けるのもしんどかった、腹筋運動で起き上がるのも3〜4回がやっと。こんな人でも、きちんと段階を踏んで(トレーニング原則である漸進的過負荷)行えば3カ月で、本人もびっくりするくらい体力の向上が感じることができます。夏ごろスタートしたお客様も、今では階段を駆け上がっても息が余りきれない、犬との散歩の時間が長くなったなどの生活の中で効果を実感されています。

 ボディメイクが目的で見た目が変わればいいのだという目標であっても、それに付随する体力アップは必須です。全面的な体力の向上(筋力、持久力、柔軟性・・・)。その先にあるのがシェイプアップで理想的な体なのです。