冬季オリンピックが開幕しました。

どの種目に注目してますか?どの競技が興味ありますか?と、よく聴かれます。
寒いところでスポーツするのは苦手なんで、自分がやることはない競技ばかりですが、どんなトレーニングをされてるのか?動きの観察には大変興味があります。
※純粋に単なる観戦者として応援するほうが楽しいんですけどね笑

日本選手もメダル獲得の期待ができる種目が幾つかありますが、私がもっとも注目してみているのは、スピードスケートの小平奈緒選手です。
元々陸上競技をやっていた私は、タイムで決着がつく白黒はっきりする競技が好きです。陸上とスピードスケートはなんか共通する感覚が昔からありました
いま取り組んでいるボディビルはフィギュアスケート的な感じではないでしょうか?

小平選手(スケーティングの画像)の特徴は何と言っても他の選手では真似できないような超低姿勢前傾姿勢のフォームです。大柄な海外の選手に対抗する技の凝縮があのフォームになってるのでしょう。
また、太ももの裏側=ハムストリングスを上手に使ったスケーティングをされているように私には見えます。これはなかなか難しいことです。

そういえば…私と同世代のスプリンターで、当日の世界記録保持者モーリス・グリーンという選手がいます。外国人スプリンターにしてはそう大柄ではない彼の走りを参考にしていた日本人選手も多かったのではないでしょうか?
そのモーリスグリーンを指導していたジョンスミスコーチが、日本人はわざわざアメリカまで走りを学びに来なくても、日本に素晴らしいお手本がいるじゃないか⁈と言ったそうです。
その素晴らしいお手本とは、長野オリンピック金メダリスト、スピードスケートの清水宏保選手です。
スピードスケート選手の動きが、スプリンターの動きのヒントになる。それを見出すセンスですね。

そういうわけで、私、パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)は、スピードスケート、小平選手に注目してソチ五輪を観戦したいと思います。