15年前、最初のパーソナルトレーニングのお客様も、「この腰痛をなんとかしたい!」ということでスタートしたことを覚えています、パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

 程度の大小こそあれ、腰痛を経験されたことがある人は多いと思いますし、腰痛に悩まされている人は世の中に多数いらっしゃるようです。激しい動きを伴うスポーツ選手、はもちろんのこと、ほとんど1日動かないで机の前にいる人でも腰痛を経験します。動かなくても、動いてもです。不思議ですね。

医療機関を訪れた8割以上の人が、具体的な診断名を付けられることなく「腰痛症」ということで片づけられてしまうのが現状のようです。これは、決して医療機関が手を抜いているわけではなく、画像診断で判別できるもの緊急を要するものをまず見分けることが優先されること、逆に言えば、ほとんどが画像からは異常といえない状態だということです。
 だからといって、原因不明ということではありません。痛みが出ているわけですから原因は必ずあります。

痛みの震源地は、おおむね椎間関節、椎間板、仙腸関節部からで、それが脳を介し「拡声器」のように大きくしたり小さくしたりしながら「痛み」として知らせてくれます。
痛みが長引くと、脳からの情報のエラーからまたは、姿勢の変異から周囲の筋肉からも痛みを発するようになります。

痛みを発しているということはそこに及ぼす原因が何かあるはずです
一つには脊柱を覆う体幹部の筋肉が直接背骨についているものと、体幹部を覆っているが直接背骨に関係していないものとが、互いに協調しあえていないことが考えられます。
その場で腰をかがめたり、そったり、横に倒したりしてみてください。自由に動きましたでしょうか?この時に、動作そのものを起こしているのは、重力がかかるか、腹筋や背筋などの体幹筋群が働くということになります。その動作を行っているときに背骨を安定させるものが必要。これが直接背骨についている筋肉たちです。

腹筋、背筋を鍛えましょうというけれど・・・
腹直筋や脊柱起立筋の筋力はとても大切です。特に、スポーツをされる方は日常よりもはるかに大きな力を出す必要がありますからね。
一方、本来は勝手に動作に合わせて反応してくれていた、背骨に直接くっついている安定のための筋肉たちが反応が悪くなっていたらどうでしょう?動作のたびに痛む、特定の姿勢で痛むということになりかねません。
これらの筋肉を目覚めさせるには、上体起こしなどの激しい腹筋、背筋のトレーニングが必要ではありません。
自宅でも朝晩5分をあれば済むようなエクササイズでも十分目覚めさせることはできます。
四つ這いになってやるポーズをとるエクササイズなどがそれに当たります。

最後は総合力
腰という、部分のフォーカスしてお話ししましたが、結局のところは腰痛などの不定愁訴の改善には総合的な体力があるほうが良いですし、体を部分としてとらえるのではなく全体で一つという見方で段階的に鍛えていくということが必要になります。
腰痛改善のトレーニングも、漸進的過負荷。トレーニングの原則にのっとってやっていけば効果を得られると考えられます。

薬を飲んで痛みを感じさせないようにしているだけでは、根本的なところは何も変わりませんし、「痛み」というサインを感じれないことは逆に危険なことでもあります。

腰痛は自分で治すという時期に来ていますね