お米を食べてボディメイクする!!パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

トレーニング指導を生業としていますが、ボディメイクしかり、アスリートのパフォーマンスアップしかり、「食事と栄養」は成果を上げる上で切っても切り離せないものです。

そこで簡単なアドバイスをする場合は、「お米を軸に、ご飯、味噌汁という食生活にまず変えてはどうか?」というアドバイスをさせていただくことが多いです。そうすると半数くらいの人は「え!?お米食べていいんですか?大丈夫なんですか?」みたいは返答をされます。日本人はこれまでそうしてきましたし、21世紀にはいって急にそれを止めるのも変な話です。糖の害が言われる中で、炭水化物、糖質を制限するということでお米もとにかくダメ。。。という思考になってしまうのかもしれません。
不要なものを取り過ぎない問という点で「糖」を制限する考えはいいことです。しかし、日本で生きていいて日常食から「ご飯、味噌汁」が排除されていくのもどうかと思うところもあります。

一方、食事を良いものにしよう、いい食材を買おうという話になると、「高い」「手に入りにくい」といった声も聞きます。これも、「食べ物を気をつける」ということが過剰になりすぎると どこどこ産の◯◯しか食べないとか、選択肢を狭めることになりこれはこれで健全ではありません。また、コンビニ食はなんとなく体に悪いから完全に避けるというのも、考えとしてはいいですがパーフェクトは難しいかもしれません。

 手に入りにくい?高い?

お米はどおでしょう?5kgで3000円も出せばいいお米を買うことができます。お肉は1kg10000円くらいしますし、プロテインも1kg5000円ほどです。
コストパフォーマンスも抜群に高いですし、なにより、加工されていない食べ物です。この、お米を食事の軸にしない手はないと思います。
 それからお水。そもそも日本のお米が美味しいのは「水」がいいからですね。飲料水も基本的に安心して飲めます。そんな水をより綺麗なものに浄化してくれるものもあります。http://www.mana-tura.jp 水もかなり味が違いますし、ご飯と炊く水を変える、コーヒーをだす水を変えるだけで味も格段に変わります。
たかがお水、されどお水です。

お米を軸に、いい水を飲む。これが体づくりの基本の基本ではないのかと思います。