お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

先週末、陸上競技の全日本ジュニア&ユース大会が行われました。
高校時代にサポートしていた、現在大学2年生の三段跳び選手と現在サポートしている高校1年生の三段跳び選手が出場しました。
奇しくも、両方三段跳び選手でした。

 ジュニアの選手は準優勝でしたが、自身の持っている記録からすると物足りない跳躍だったようです。
そして、ユースに出場の選手は初めての全国の舞台でしたが、最初の3本の跳躍を終わって9番目でトップ8に入ることはできなかったようです。トップ8は2年生ばかりで高校1年生は彼一人でしたので、この冬頑張れば十分期待が持てる結果となりました。記録も自己記録更新の14m34の跳躍でしたので、全国レベルの大会で自分の跳躍ができた点も収穫でした。

大会後、すぐにラインで報告があり、早速、「走り方の指導」を受けたいと連絡がありました。スプリント能力がもう少し上がれば記録が伸びると自分でも感じたからではないかと思います。
そうして、昨日、スプリント練習を行いました。 
IMG_0080





毎回練習後には、やった内容とできたこととでできなかったこと、理解できなかったことなどをまとめてきますが、ほぼやった内容は正確に書き記されていますし、自分でもできているところとそうでないところを把握できている選手で、今日も前回の課題を大体クリアしてきていて、最初に見た時とは明らかに違うしっかりとした走りができるようになっていました
 本人の感想も、「だいぶいい感覚で走れました」とのことで主客が一致する感じでした。

 彼に限らず、短距離を走る場合は皆、最初の6歩で脚を動かすことを急ぎすぎて、バタバタした動きになることが多いです。一歩一歩しっかり地面を押し、一歩一歩ストライドが広がり、すなわち体が前に前に運ばれていきスピードが上がっていくという流れのようなものができないとスムーズに加速ができないように思います。
昨日はそれがうまくできるようになりましたので、スピードに乗るという感覚がつかめたのではないかと思います。

これから冬季練習に入り、パワーアップして春を迎えてほしいものです。