お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

11月に入って初の投稿だったようです。この間にも、ウェイトマネジメントの講座をやらせてもらったり、「食べることで体を作る」話をさせてもらう機会が増えています。

 体重管理の際に、自分の活動量と食べている量の差額を知るということを行います。今、これくらい動いています、これくらい食べていますという目安を知るわけです。
 ダイエットだ〜といって、急に食べるものを減らして見たり、痩せなきゃ〜といきなり走り出したりする人がいますが、自分の食べる量や動いている量も知らないで始めるなんて恐ろしいことです。

 まずは、己を知ること!!

活動量については、体重から基礎代謝を計算し、1日の行動をピックアップして計算する〜なんてのを昔はしていましたが、今は便利なものがたくさんあります。
m200-wristbands



こちらのブログでも度々登場する、POLARの活動量&心拍計。
これはつけているだけで1日の歩数やカロリ、睡眠時間など、生活を丸ごと記録してくれるものです。
最新のものは、心拍のセンサーを胸につけることなく、測定できるものが増えてきています。
私も、一つ購入して試しています。

IMG_0148











ダイエットに取り組む、体を絞るために運動する、なら、体重計メジャーと、活動量計は必須アイテムとして揃えておきたいですね。