お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

 トラックシーズンが終わり、冬季トレーニングシーズンに入り、高校生や大学生アスリートからの相談が増えています。
選手の相談事はそれぞれですが、今日の選手ははるか先を見据えて計画的にトレーニングを進めている大学生跳躍選手です。

 高校生の時に最初の相談を受けアドバイスしたことが始まりでしたが、当時から目先だけでなく、将来性を考えながらイメージ通りに結果を出していくタイプの選手でした。
 今シーズンは、最大の目標である世界ジュニア選手権(U-20)出場を達成することができました。
シーズンの振り返りを聞きながら、いろいろな話に及びました。
 現在自分がやっているトレーニングについて、考え方について。大学を卒業してからも競技を続けたいことと、もちろんオリンピックについても・・・だから、今やっていることがいかに3年後、4年後、5年後へと続くか、活かせるかを模索していること。
 筋力トレーニングについての基本的な考え方とその方法について。なぜ、それが必要か、なぜそのようにやるのかを整理していったりしました。
 大学生でも、ただやらされている言われたことをやっているだけの選手もいたり、高校生の時と同じ練習をそのまま続けている選手もいるという話から、年々レベルアップし練習内容も変化していかないといけないことなど、高校の時よりさらに突っ込んだ話をすることができました。

 彼曰く高校のときよりも少し深い話ができて、僕自身楽しかったです。自分の考えてる道筋が今までより明確になり、スッキリした気分です!」

 
この言葉が物語るように 大学に入ってからも、自ら考えるというスタイルでやっていたことが伺えます。
 当面の目標と、将来、これくらい出せるだろうというイメージが非常に明確だったので、間違いなく
「現実のもの」にしてしまう予感があります。

アドバイスをさせていただいた私もとても楽しい時間を過ごすことができました。
来年以降の活躍に大いに期待したいと思います!!