お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

昨夏より定期的にパーソナルトレーニングを受けている高校1年生の跳躍選手が、今年も引き続き来てくれました。
1年生ながら全日本ユースではベスト8まであと一人のところまでいけました。今年はインターハイ路線での活躍が期待されます。
スプリント能力が課題ということで、走ることを主にみています。
IMG_0874





毎回、練習後にやった内容のまとめてそれに対し感じたことやうまくいかなかったことをやりとりしていますが、だんだんとできることが増え、悪い時の修正も早くなって来ています。
昨日の感想も「全体的に力みが少なくなり、自然に進むようになって来た」とのことで、まさに求めてきたことを一言で表したものになっていました。
 
陸上競技のスプリント、野球のスローイング、ゴルフのスイングなど専門技術の前提として身体の使い方、ボディメカニクスに沿った「自然な動き」というものが求められるのですが、「言うは易し行うは難し」です。言葉を選びながら、相手のリズム感など良い点を邪魔しないように、最適な最小のアドバイスを心がけています