お米を食べてボディメイクする! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

先日、マネートレーニングセミナーをFP資格をもつ友人と受けてきました。
日本人は金融リテラシーが低い、お金の話が苦手…みたいなことをよく耳にしますのでね。
世の中金ではないと言ってみても、資本主義経済下では、やはりお金は大事なものになります。

これを健康であるかないか?という話になれば、それは大事なことだ!となるのではないでしょうか?
私はフィットネス業界に入り、今はパーソナルトレーニングを主婦の方、会社従業員、自営業者、会社社長、役員、職業的には医師や弁護士の方まで広く提供させていただいてます。また、高校生、大学生アスリートのサポートもしています。
この誰もが、根底にあるのは心身の健康です。心身の健康なくして、それぞれの持ち場で、高いパフォーマンスを発揮することはできないからです。
心身の健康に関しても一定のリテラシーが必要です。たくさんの情報の中から正しいもの自分に必要なものを取捨選択しなければいけません。
そのために私の顧客はわたしという人間を信用し、信頼し、トレーニングやダイエットの相談をされるわけです。

知識だけではダメな理由
健康情報は探せばいくらでも手に入ります。ダイエット方法も世の中にはたくさんありますからタダで手に入ります。しかし、それを継続するための環境を作らなければほとんどが絵に描いた餅になります。習慣化する仕組みなりが必要にはなるわけです。
その一つの手段が我々パーソナルトレーナーのような存在なのかもしれません。


もう一つのテーマである経済の健康。
こちらにもリテラシーが必要です。金融ビッグバンという言葉が出て15年あまり。その後の日本における金融教育はさほど進んでないように思います。貯蓄から投資へ、と言われても金融知識がなければ業者に勧められたものを調べもせずハンコを押すのがおちです。
また、住宅ローンや保険といった、長期に払い続けることが必要なものについてもよく把握しないまま何年もそのままの人もいます。
目の前にあるお金は気にしても長期的なものには目がいかない。
健康もお金も失ってからでは遅いということですね。
資産を増やすには、稼ぐ→守る→殖やすという流れが必要で、とりわけ守るためには知識が必要で、勉強する環境が必要になりますね。


健康とスポーツパフォーマンスアップのための、運動、トレーニング、ダイエットについてはわたしの専門とするところで、こちらに相談いただければと思いますが、お金の健康、資産運用、金融知識についてはしかるべき専門家、学べる環境をご紹介いたします。