お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

夏だから薄着になるし、痩せたいな〜とか今年ことは腹筋割ってやろうとか目論んでいる人もこちらの読者にもいらっしゃるのではないでしょうか?
この時期になると必ずダイエットをなんとなく雰囲気で始める人も少なくありません。

ここで「ダイエット」とは、食事制限による体重減少と定義して話をすすめます。

ボディビルダーのようなコンペティターが試合に向けたダイエットを行うのは競技で成績を収めるためのものであり、入り口と出口が明確です。


わたしもコンテストに出るという経験は何年もしていますのでいわゆる減量目的のダイエットをしていました。

体脂肪率でいうと5%まで落とし、試合が終われば緩やかに12%までリバウンドしていきます。

ピックアップ0623一位と






そう、リバウンドするんです!


ダイエットを頑張るとリバウンドします。

コンテストビルダーは試合とオフの範囲内で調整していますので事前に織り込み済なわけです。

 問題はなんとなくダイエットを始めたり、出口のないまま体重を落とすことをやった結果、リバウンドしてしまうこと。リバウンドしてしまっては元も子もありません。

食事を制限、ガマン、して体重を落とした結果の行き着く先を想像するととても「なんとなくダイエット」はできません。

だからと行って、何も考えずに体にとってマイナスになるようなものをどんどん食べろと言っているわけではありません。

きちんと食べるというベースを作ろうということであり、ダイエット=食事制限をしようということではないということです。