お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

先日、友人が「こんな記事を見つけたよ〜」とLINEをくれました。

若者のみそ汁離れ「1、2ヶ月飲まない」日本の伝統食に何が起きているのか(産経新聞)

というものでした。
若者とありますが、国民全体を見ても味噌の消費量が減っていることからもわかるように味噌汁離れというのは実際にあるのかもしれません。
 記事の中で、味噌汁に入れる具材が限られるからポトフなどのスープを飲む・・・とインタービューに答えたものがありましたが、実際はむしろ逆で、味噌汁には季節のさまざまな野菜を入れることができるし、様々な食材との相性は良いものだと思います。
 
 味噌汁離れを別の点から見れば、「お米」を食べなくなったこととセットで考えなければならないでしょう。パンの消費が上がっていますし、昨今の「糖質制限ブーム」「お米派太る」といったちょっとした勘違いがお米離れ→味噌汁離れになっているように思います。

 何を食べるかは、確かに人それぞれ価値観がありますから「絶対にこれを食べなければダメだ!」というものではありません。が、「お米は太るから・・・」と言った自分の価値観とは違うところでそれを避けてしまっていたりするのはとてももったいないことだと思います。
 天皇陛下が新嘗祭(11月23日)に口にされるのは、パンではなくてお米です。日本という国はお米とは切っても切れない関係にあります。
 
 ダイエットの中心としてもお米と味噌汁の組み合わせはオススメできます!!
お米はまず安く安定的に手に入ります。脂肪も少なく、優秀な体の燃料源になり、ビタミン、ミネラルも豊富です(白米は表面の栄養素のある部分を削っているので、雑穀による強化がオススメです)
おかずは和洋中なんでも相性抜群。



















 お米は大豆との相性がよく、特に大豆発酵食品である味噌は最も良い組み合わせです。お米と具沢山味噌汁をとりあえず用意しておけば、体に必要な栄養素の多くを揃えることができ、準備する側の視点からも大変便利でお得なものであると言えます。

SNSなどでダイエットに取り組む人の書き込みを見ていると、ダイエットをとても難しくしている人を見かけます。ご飯、味噌汁を軸にすればエネルギー量(カロリー)的にも、栄養バランス的にもバッチリな状態を作りやすいですし、毎日続けても飽きません。
なかなか手に入りにくいような食材(仮にテレビや雑誌などで良いと勧められたとしても)をわざわざ食べる必要もないということです。

 お米を食べたら太るんじゃないか?ダイエットには向かないんじゃないか?と思ってあえて避けているという人には、ぜひ「お米と味噌汁」という組み合わせでダイエットを楽しんでもらいたいなと思います。