お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

女性がお尻を鍛える『尻トレ』ブームのおかげ?か、スクワットをされる女性をたくさん見かけるようになりました。


なかなかの重量を担いでる人も見かけますが、動作がと思う場面に遭遇する率も増えました。

そんなおり、スクワットのフォームを見て欲しいという依頼が立て続けにありました。


スクワットの動作というのはしゃがんで立つだけなので非常にシンプルです。

ですが、しゃがむのに必要な柔軟性が不足していたり、股関節の動きに左右差があるとなかなか綺麗にしゃがめません。

また、立ち姿勢そのものが悪かったり、しゃがんでいく動作手順がチグハグだとこれまた美しくしゃがむことは難しくなります。


運動指導者、パーソナルトレーナーの役割はうまくできないものをうまくできるように教え導くことであり、言葉によるあるいは実際にコンタクトするなどして動きを誘導することにあります。

相手の脳に動作を認知させるのももちろん、その前の出来てない状態や左右差なども認知してもらいそこから改善したことを感じてもらう必要があります。
筋肉の肥大や筋力の向上というのは一定期間を経ての成果確認が必要になりますが、動作の感覚などは、指導したその直後に変化があるもので、逆にその1回の指導で違いを感じてもらえないとその後の変化も望みにくいかもしれません。1回、1回変化を出していくことそれを継続していただけるように導くのが我々の役割です。 


本日のセッションでスクワットを見させてもらいましたお二人の女性も、導入のエクササイズをうまく取り入れて、かなりよい動きになって来ました。『ちょっとしたことで、これだけ変化が感じれるとやっていても面白いですね!』という嬉しい感想もいただきました。


わたしのこだわりとして、多分多くのトレーナー、トレーニーがそうだと思いますが、「美しくフォームでエクササイズをしたい。その上で自分自身の向上を感じるために重量を伸ばしたい」と考えています。

フォームを徹底して、安全で効果の高いトレーニングをしっかり行いたいものです