ボディデザインとアセットデザインを形にするパーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

週末は講習業務が続きます。1月21日に腰痛関連の研修を行うため資料作りを行なっているのですが、いらっしゃるお客様は腰痛ではなく、肩痛肩の痛みや違和感を訴える人が連続しました。

いずれのケースも、非常に似通っていて、日常なんともないが肩を動かすと痛みというかひっかりのあるような違和感を感じるというものでした。
 外見と動作をチェックすると、なるほど、動きにくい側は周囲の筋肉が萎縮しているような感じで、動作も関節の動きがスムーズでなく、動かし方にも少し癖があるような感じでした。

おこなったこと
・補助的に関節の動きを引き出す→正しい関節運動を補助し、再教育
・押す動作、引く動作の再教育
・腕のぶん回しを小さいものから大きいものへ

介助的な運動から自動運動へと展開し、反復していくことで、動作の癖も消え動かせば動かすほど軽くなり、筋肉も循環が良くなり膨らんでくるのがわかりました。
要するに「運動」をして、自然なポジションに直す、本来の動作に直すということです。

腰痛にしてもそうですが、レントゲンなどの画像診断的には異常がないもの。しかし、動作時の痛みや違和感がある。一見、原因がわかりづらいですが、必ずそうなっている要因があるので根気強く探してアプローチすれば、自然な動作を獲得、違和感のない動作ができるようなると思います。