アセットデザインボディデザインを形にする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

何故、身体を鍛えたり食事に気をつけたりするのか?を考えた時に、見た目を良くして今を楽しみたいという思いと、将来の健康不安を払拭したいという思いがあるかと思います。

若いうちは、まあ色々無理をしても大丈夫だったものが、年齢が重なるにつれて健康面も気になって来るでしょう。運動を習慣にしておけば防げる病気はたくさんありますし、アクティブに活動することは精神面でもプラスに働いてくれます。

外見、内面、とりわけ内面と言う場合はメンタル的なこともそうですし、目に見えない内臓に関してもそう。もっと言えば、37兆個ある細胞を元気にするということが考えられます。

そのための手段を提供するのが私の、我々パーソナルトレーナーの務めであります。


寿命が長くなることで、心配しないといけないことは実は健康面だけではありません。

長生きするからには健康でよりアクティブに!

そのためには、生活資金が必要になります。昭和のバブルと呼ばれた時代ならば、いわゆる平均的サラリーマンのモデルケースで、国の年金制度や、郵便貯金などの利回りで十分豊かな暮らしが出来る設計になっていました。日本の仕組み、日本人の勤勉さのすごさが現れています。
 

それがどおでしょう?!
 

私の世代やそれより若い人達は、年金をもらえるであろう年齢になったときに年金がもらえない可能性が出て来ています。

そのときになって慌て準備したのでは遅い。だから、身体作り同様に未来の自分のために投資をしないといけません。


日本で投資資産運用というと、お金儲けの話で胡散臭いとか、コツコツやれば関係ないと言われることもありますが

そもそも、儲かる儲からないという話ではないし、ある意味地道にコツコツやるものです。

おそらく博打打ちと勘違いした人がそう思うのでしょう。

また、知らないからやらない、莫大なお金がない自分には無縁の話、と思われてる人も一定数いてます。それもまた、知らないからおこる勘違いですね。


基本的な知識を習得ししかるべきところから情報を得る(良い情報ほどリテラシーある人にしか開示されない)自分に合うプランニングをおこなう、それを相談できる環境がある 

が揃えば、一定のマネーリテラシーをもち、行動に起こすことができます。

身体を鍛えたり、身体を調整して健康な身体を作っていくことと、マネーリテラシーをあげ資産を作っていくことは、自己投資の両輪になるのではないでしょうか