アセットデザインボディデザインを形にする!!パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

先日、ウェイトマネジメントスペシャリストという講座の講師を担当してきました。体重管理のプロを養成する講座です。体重管理という言葉はあまり好きではないですが・・・要するに、増量、減量、維持を思いのままにできるようアドバイスするための勉強です。





















よく、「何キロ痩せたい!」というフレーズを聞きますが、なぜその数値なのか?それをいつまでに達成したいのか?といったことが曖昧なケースがあります。「50kg以下にしたい」とかいうフレーズもそうです。

一般的に評価方法として、体重を身長の二乗で割った数値=BMIという指標があります。「22」というのが健康上ベストな数値と言われており、18〜25くらいまでの幅を標準としています。
また、体脂肪率の計測機が普及したことで、いつでもどこでも手軽に測れるようになりました。こちらは、男性で20%、女性で30%を超えないことが望ましいとされています。
体重、体脂肪が多すぎることで問題になるのは、腹部内臓脂肪の増加です。これは健康問題に直結しますので少なく抑えていた方がいいです。となれば体重や、体脂肪率のみならず、ウェスト周りのサイズというのも指標に盛り込む必要があります。

いくつか指標をあげましたが、体脂肪率も25%を超えていない、BMIも25を超えていない、お腹も出ていない女性がここから体重や体脂肪を落としたいとすれば、体脂肪を減らして筋肉を浮き上がらせたいという方向にいくことになります。プロポーションを変えたいということであれば、数値を減らすのではなく見た目が変化するようなアプローチを取る必要があります。
 不必要にダイエット(ここでは食事制限の意)を行うことで、それがストレスになったりするようであれば考えものです。「〜でなければならない」「〜であるべきだ」といった思考になっているようでしたら、考え直してみるのがいいでしょう。

適正に評価し、現実的な数値目標と自分がこうありたいということを具体的にイメージしてからダイエットに取り組むことをお勧めします。必要ないのであれば、体重やダイエットに縛られないことです。