アセットデザインボディデザインを形にする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

シリーズとして4の記事になります

前回までは女性アスリートに焦点をあてて書いてきました。

アスリートは一般の方よりも心身に与えるストレスは大きくなりますので、よりシビアに考える必要があります。


一般の女性のライフステージで心身にとって大きなストレスになる時期は妊娠期になるかと思います。

妊娠が継続している時というのはプロゲステロンが高い状態です。

卵巣から出ていたエストロゲンという女性らしさを作るホルモンは胎盤で作られることになります

妊娠期は目まぐるしく身体の中が変化しますので心身の安定に気を配る必要があります。

近年は、運動を、推奨する医師も多く、マタニティヨガ、マタニティピラティス、マタニティ◯◯といったエクササイズが行なわれています。

私のクライアントさまも過去、数名妊娠期もエクササイズを続けられましたが、期間中も出産もそして産後もスムーズに経過されました。

ポイントは、妊娠したから、したからエクササイズを始めるのではなく、それよりも前から継続的にエクササイズをし、妊娠期も継続することかと思います。

骨の健康、血管の健康にとって特に重要です。


もう一つ大事なことは、産後産後太り解消という外見的なことも大事ですが、内面の変化を忘れてはいけません。

妊娠中、エストロゲンは胎盤から作られると書きました。ということは出産と同時に失われることを意味しています。

エストロゲンが作れなくなる閉経後以上に、急激にその状態が訪れるわけです。そして授乳期の間続きます。
 

もう一度おさらいですが・・・

エストロゲン=女性らしさをつくるホルモン。この働きにより、女性の骨や血管は守られており、女性が病気になりにくい状態を維持してくれます。

閉経後だけでなく、産後授乳期も閉経後と同じ状態が急激に訪れるわけです。妊娠期を迎える可能性がある女性は、若いうちから運動刺激や適切な栄養状態を続けて女性としての健康と体づくりを行っておくこと、年齢ステージに応じた人生設計をしておくことが、その日が来た時の準備ができていることになります。

筋肉など年齢がいってからでも増やせます、作れます。が、女性の体づくりは年齢ステージが大切ですのでその時その時を大切に過ごして欲しいと思います