お米を食べてボディメイクする!!パーソナルトレーナーLEANBODY(S)です


4月に続き、産婦人科医でスポーツドクターの高尾先生のセミナーを受講してきました。


セミナー冒頭で話された印象深かったことをまとめてみました

↓↓↓

・10代では45%の女性の運動参加率が、20代になると10%を割るまでに落ち込んでいる現実。

・20代女性の4分の1弱の人が痩せ(BMI18以下)であり、痩せ願望者はかなりの数に上ること。

・日本は世界有数のショートスリーパー。国民の平均睡眠時間がダントツで高いこと。

・痩せ傾向が強くなり始めた1995年以降、比例して出生児の低体重が加速していること。

↑↑↑

これをみてあなたは何を感じますか?


先進国で経済的にも豊かな日本で、何故、カロリー不足の痩せた人が増え、低出生児が増加傾向にあるのか?

また、20代という身体づくりに大切な時期に、「栄養、運動、休養」という健康作りの3本柱が完全に崩れている現実に危機感を覚えませんか?


今回のセミナーテーマは更年期ということで、40代中盤以降の女性に当てはまる話ですが、じつは、10代、20代、30代をどう過ごしてきたか、というライフステージの連続性の問題です。ですから、今、20代だから更年期なんて関係ないや〜ではなく、いずれ女性の全員が迎える閉経まで、そして閉経後をしっかり考えた身体づくりをしていく必要があると言うことです。


今さえ良ければダイエット…低栄養で低体重、運動不足、睡眠不足。こんなことをやっていては後々大変なことになりますよ。ということをセミナー冒頭から感じました。


4月の高尾先生のセミナーまとめ