お米を食べてボディメイクする!パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

何のためにトレーニングをするか、どのような身体になりたいか、などは人それぞれです。こんな身体がかっこいいというのも個人の価値観によりますから他人が押し付けるものではありません。
一方、世の中の流れとして価値観が形成されるケースもあります。わたしがフィットネスに関わり始めた20年前に、女性がフリーウェイトエリアでガンガン筋トレをやる、なんてのは超少数派で、むしろこちらが勧めても敬遠されることが多かったです。
ところが最近では、女性がフリーウェイトはじめ筋トレをしっかり負荷をかけてやる、高重量にチャレンジする、もっと筋肉をつけたい!という光景を目にすることが明らかに増えました。
これなんかは個人の価値観が変わるきっかけとして世の中全体の風潮が変わってきたといえる現象かもしれません。
FullSizeRender

そこには目指したい人、憧れの筋トレ女子の存在があるからでしょう。



筋トレは健康づくりの一手段として歴史も長く根強い人気があり、取り組む人が増えるのは歓迎すべきことです。問題はその中身。憧れの対象となりやすいのはコンペティターとして活躍する人やインスタグラムでよく目にする上級者ではないでしょうか?
また、メディアの謳うイメージで自分の価値判断関係なくそれをやっているとしたら健全とは言えません。
好き嫌い、向き不向きから判断し自分が心底やりたいことなりたいイメージに近づく取り組みが必要です。
FullSizeRender


ウェイトトレーニングは初心者から必ずスタートし、歴を重ね中、上級者になっていくわけですが、中級者以上はトレーニングに関して大きな差はなくなってきます。みな、上手にトレーニングし、継続的に努力してる点で変わらない。このレベルでの差は、その努力の量、根性、そして遺伝的素質、だと思います。コンテスト勝ち負けレベルの話ですね。
一方、中級者までは、頑張り度というよりはテクニック、すなわち適切に身体を動かせているかが一番の差になると思います。わたしは近年、さしてトレーニングの量は多くないですし、ギリギリ目一杯身体を追い込むことはしていませんが、適切に関節を動かし筋肉に刺激を与えているのでそこそこの身体はきちんと作れています(あくまでそこそこ)。
無理や無茶をしなくても身体はちゃんと作れます。そのために適切な動作をマスターするということが欠かせないわけです。わたしのお客様の8割はゼロに近い状態でスタートし、中級レベルの適切な動作をマスターしたトレーニーになってもらうというパターンです。
FullSizeRender

そこから先は目指すゴールにより努力量などを調整すれば良いかと思っています。
特にゼロからスタートで最初に不適切な動作を作ってしまうと、後で修正するのは大変ですし、怪我をしやすい不健康な身体を作る恐れがあります。

自分のレベルに応じて、最適な指導者と巡り会えたら身体づくりもスムーズにいくかと思います。



パーソナルトレーニングのお申込み、お問い合わせは下記のフォームをご利用ください

↓↓↓

https://goo.gl/forms/JbYCnSULaxMQgM913