いつもご覧いただきありがとうございます。

「食べて、鍛えて、整えて」豊かな人生を創造するパーソナルトレーニングを提供しています、ライフスタイルコーチのLEANBODY(S)です。


8年にわたりわたしのパーソナルトレーニングを受講してくださっている方がいます。

本職でもかなり有能な方ですが、いわゆる職人の枠に収まらずジェネラリスト的に幅広く仕事をされている視野が広い方です。

わたしはトレーニング指導の専門職として訪問指導として訪れているわけですが、働き方や考え方については会話の中で教わることが非常に多いと感じています。


手書きの大切さ


最近はスマホがあるのでメモもスマホに残したり、講義の資料もパワポでスライド作成と言った感じで紙を使わない傾向にあります。

しかし、その人いわく、紙に書いた方がアイデアも浮かびやすいし、記憶にも残る。だからわたしは今でも紙なんですよーとのこと。たしかに、わたしも昔は講義ノートにアイデアノートなど、とにかく大学ノートに書き溜めていました。その方が色々クリエイティブになれたような気がします。

IMG_4333



セッション中の気づき


わたしとのトレーニング中に得たアドバイス、感じたこと、雑談の中で生まれたアイデアなどを毎回メモに残しているそうで、最初言われてわからなかったことが後から腑に落ちたり、進捗が見れるし、とにかくメモっていますとのこと。

パーソナルトレーナーの仕事は、クライアントへ気づきをあたえることでもありますが、この方はまさに自分で気づくことができる人なのです。



世の中で流行っている?!おかしなダイエットや変わったトレーニング方法、などには目もくれることなく大切なことが何かを理解されているので、やりやすいですし、成果も出ています。


自分自身のために自身の身体と向き合うことができるトレーニングの時間をとても大切にされていますので、これが仕事にも生きているのではないかと思います。