いつもご覧いただきありがとうございます。

「食べて、鍛えて、整えて」豊かな人生を創造するパーソナルトレーニングを提供しています、ライフスタイルコーチのLEANBODY(S)です。


普段は他人のエクササイズフォームばかり観察しているわたしですが、今日は自分のスクワットフォームをiPhoneで撮影してチェックしてみました


100kg→110kg→115kgとセットを進めそれぞれを動画に撮りました。

理想は、同じ動きと深さでどの重さも行うことです。そうしたないと本当に伸びたのか?単に浅くて挙がっただけなのか評価しづらいからです。

FullSizeRender


FullSizeRender
FullSizeRender


どうですかね?



さて、ジムで見かけるスクワットはだいたいがこのバックスクワットというやつですが。。。バックスクワットはしゃがむという動作においては難易度が高い体勢です。

まず、しゃがむという動作の獲得がないと健康的でないフォームにもなります


自分がまずどの程度しゃがめるか?

しゃがんだ時に違和感のない、足幅や爪先の向きはどの程度か?

しゃがんで行く手順は理解しているか?

 膝が前に出る(つまり、足首が曲がりすねが前に倒れ膝が前に出る)お尻が落ちるという流れになります


自体重で上記ポイントを確認した上で、段階的に難度と強度をあげます


おススメはゴブレットスクワットです。この種目で、コントロールしてしゃがみ、体幹が崩れることなく立ち上がることができれば、バーベル系のスクワットへ移行して良いでしょう。



参考までに…


スクワットの段階的なアプローチ