いつもご覧いただきありがとうございます。

「食べて、鍛えて、整えて」豊かな人生を創造するパーソナルトレーニングを提供しています、ライフスタイルコーチのLEANBODY(S)です。

梅雨が明けました。連日35度を超えている地域が増えてまいりました。熱中症にはくれぐれもご注意ください。


さて、健康のための運動の代名詞といえばウォーキングでしょうか?

健康のために歩いています、という人は皆様のまわりでも少なくないでしょう。

身体の諸機能を維持するためにはヒトは1日に7000歩程度歩く必要があると言われています。
また、心臓血管系機能の維持には1日に体勢を変えることを30回以上行う必要があると言われています。立ちっぱなし、座りっぱなしなど体勢が固定されることがよくないと言うことです。
立ったり、座ったりを頻繁に行うようにしましょう。


 歩くのは健康に寄与するのは間違いありませんが筋力維持・向上の観点からは少々物足りないようです。兵庫医科大学の整形外科の医師のツィートです。


B1A65220-17C3-4872-9860-A308428EBBB9







残念ながら45歳以降、筋力は急速に衰えるようにできています。何もしなければ、70歳までには20代の半分くらいになってしまいます。それに抗うにはウォーキングだけではなく、筋トレも必要ということになります。


開運筋トレの基本である「スクワット」

IMG_9338









これは嫌でも実施する必要がありそうです。