大阪・神戸を拠点に、わかりやすい「筋トレ&ダイエット指導」で人気のパーソナルトレーナーのブログ。ダイエット・健康・競技力向上をトータルプロデュース 【鍛】ワークアウト 【食】ダイエット 【整】コンディショニング がテーマの、個人指導トレーナーのリアルな活動報告。

【食育にも力を入れています】
体作りは「運動3割、食事7割」と言われるくらい、「食事」の重要度は高いことが知られています。LEANBODY(S)TYLEでもこれまで以上に、食についてフォーカスするために、「食アスリート協会インストラクター」「健康・食育ジュニアマスター」として活動をスタートしました。講座開催などの依頼がありましたらご連絡ください。食アスリート協会:http://s-a.or.jp

【パーソナルトレーニングサービス】大阪〜神戸で健康管理を目的とした体作り、競技力向上を目的としたコンディショニングをサポートしています。ホームページ:http://leanbody.blog47.fc2.com/ 

【フィットネス指導者向け】
日本最大規模のトレーナー資格団体、NESTA JAPAN。
当協会の講座を関西地区で担当しています。
その他、フィットネストレーナー、パーソナルトレーナー、向けの記事ブログhttp://profile.ameba.jp/leanbody-s/

健康・コンディショニング

腰痛や膝痛は動作や姿勢のエラーから起こっている場合もあります

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

FullSizeRender


 全国的に猛暑、酷暑が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?先日、祇園祭のあった京都も連日38度を超えており、夏は暑いとはいえ少し脅威に感じますね。地震、豪雨、酷暑と自然の力に対しては畏敬の念を覚えますね。

さて、昨日四ヶ月ぶりにトレーニングにいらっしゃいましたお客様の話です。

膝を痛めてトレーニングを中断
春先にご家族の引越しなどがあり二ヶ月ほどトレーニングをお休みされていたのですが、どうやらその間に膝を痛めてしまわれたようで、トレーニングの再開が先延ばしになっていたと言う状況でした。ジムに来られた時はまだ脚を引きずるような形で歩かれていました。病院ではジムは休んだ方がいい、とか手術しましょうとか・・・思わぬ方向に話が進んでいたようですが、MRI検査の結果、結論として、特に構造的な異常は見られないと言うことで運動の許可が下りたようです。


この膝の痛みをどう考えるか?
問題は、レントゲンやMRIなど画像診断上は問題ない、でも本人は膝の痛みを訴えておられ、足を引きずっている事実があるという点ですね。ここをどう考えていくかということです。今回は膝でしたが、腰の痛みなどでも時々見受けられますね。
運動許可が出ているのでトレーニングをしていくわけですが、昨日の方は足首や足の骨の崩れがあり、きちんと立てていない印象で、足をきちんとつこうとすると下腿がねじれてい膝が内側にねじれるように動くという動作のエラーが見受けられました。
痛いのは膝ですが、問題は足首や足にあるように感じましたのでそこを動かしていき、正常な足に直し、自然に立てる状況を作るような運動(自動、他動)を行なっていきました
 

頭で理解してもらうことも大切です
もう一つは、本人さんの「痛い」という苦痛と恐怖や不安感。これは、なぜ、痛くなっているのかのメカニズムやこうすると痛くないという安心感を与え、頭の方から理解してもらい一つづやっていくと、この動きもできるあんな動きもできる、痛くないということで不安が少しずつ消えて行ったことでした。頭と体が正しい位置や動きを認識し始めると座ったり立ったりが恐る恐るだったものが普通に立てるようになり、最終的には普通に歩いて帰って行かれました。 

まとめ
痛みがあるからなんでもかんでも「痛み止め」「薬」で対処というのは根本的な解決にはなりません。痛みを止める処置と同時に、なぜ痛めてしまったのか?という根本原因にたどり着きそれを解決することが大切です。事故などの明確な原因がない場合は、姿勢や動作といった日常のなんでもない動きの繰り返しや生活環境が要因になっていることも結構あると考えられます 

テニス四大大会優勝の女子アスリートから学ぶ、アスリートの性周期とコンディショニング

お米を食べてボディメイクする!パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

わたしと年齢が同じ世界レベルのアスリートだった人に、プロテニスプレイヤーの杉山愛さんがいらっしゃいます。いま行われているウィンブルドンテニスでも活躍されました。
その杉山選手が現役引退後に経験された「テニスと月経」についてのインタビュー記事がヤフーニュースにありました。

4月にスポーツドクターの高尾先生のセミナーに出てから、女子アスリートと減量のことや、性周期関連についてアンテナを張る感度が上がりました。

・セミナーまとめ記事

女性の性周期とコンディショニング⑴

女性の性周期とコンディショニング⑵

女性の性周期とコンディショニング⑶

女性の性周期とコンディショニング⑷


こうやって世界レベルのトップ選手が日本でも発言されることが増えてきたのは、これからの若いアスリートにとってもよいことです。

10代はもちろんスポーツ技術を高めたりアスリートとしての身体づくりをするのにも大事な時期ですが、それ以上に女性としての身体づくりでも大事な時期であることを、選手は自覚し、指導者は理解しておかないといけません。

ITシステム会社で研修をさせていただきました

 アセットデザインボディデザインを形にする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

ゴールデンウィークが明け、世の中が正常に動き出した今日ですが、初っ端から激しい雨にやられましたね笑

 フィットネス関係以外の会社のオフィスに出向き、「身体の仕組みと働き」の講義をしてきました。人の体を作っている、皮膚や、筋肉や骨などについて説明し、ガイコツ模型を用いて骨格構造について解説し、そこから関節の動きや、この部分が動きにくくなると、こんなところの不調が起きますよ・・・など、デスクワークでの仕事でよく起こる不調とその解消方法について講義をしてきました。

参加者の皆さんからは、「初めて聞くことばかりで面白い!!」とか、「仕事中に、少し体を動かすことを心がけようと思った」、とか、中には、「お子さんの成長と照らして、なぜハイハイが大事かということが理解できた」という人までいらしゃいました。参加者の人が予想以上に楽しんで受けていただけたので良かったです。

  これまでスポーツトレーナー対象に講義をすることが多かったので新鮮で楽しい一日でした。

健康・体力/お金/仲間とコミュニケーション・・・豊かな老後のために必要なこと

 アセットデザインボディデザインを形にする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

シニアフィットネストレーナーという資格講座の講師を担当しています。
シニアは何歳からなのか?という問題もありますが、平均寿命80歳以上、人生100年時代と叫ばれるようになった昨今では長生きすることが前提で将来設計をしていかないといけない時代に生きていると言えます 。
長い生きすることはいいことではあるけれども、寿命が短かった時代に比べるとさまざまな疾患になるリスクも高くなるわけで、「健康」というものをより意識する必要があるということです。
「健康寿命」を伸ばそうといわれる所以です

健康であるためには、私が関わる「運動」もその一助にはなるわけですが、やり方やりようによってはかえって健康を害していることもあるかと思います。エクササイズ一つとっても健康的な動作をする必要がありますし、 スポーツであればその後のリカバリーまで考える必要があります。
健康で最も影響を与えているのが、栄養とストレスの問題があるかと思います。食料不足による栄養の問題とは逆に、あらゆるものが好きなだけ食べられる時代だからこその問題=肥満、逆にフィットネスと称して、偏ったダイエットによる間違った方向のボディメイク、ストレスコントロールを誤った結果のさまざまな疾患の発生・・・豊かな時代だからこその問題も出てきているかと思います。
「健康」のためには、スポーツや激しい運動、トレーニングだけではなく、もっと根本的な体を動かすということを適切に行うこと、栄養もシンプルに考えること。が大事ですね

長生きをする時代でもう一つ考えなければいけないのが・・・
 続きを読む

まずは「気づく」ことからですね〜

 アセットデザインボディデザインを形にする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

パーソナルトレーナーと聞くと人によって受ける印象は違うようですが、最近では筋トレをハードにやって肉体改造するというのが多いでしょうか?
パーソナルトレーニングで「目的」を伺った後に、「じゃあ、スクワットして、デッドリフトして・・・して・・・」となるでしょうか?

 最初にやるべきは「評価」です。もっといえば、自分の体に「気づいてもらう」ことからスタートです。
IMG_5320









・まず立ってみてください→ 左足に体重がかかっていますね〜 体重が足の甲よりつま先よりになっていますね〜 左のふくらはぎの方が大きいですね〜 など

・椅子に座ってみてください→ 左のお尻に体重が乗っていますね〜服のシワが左によっていますよね? 両手をお尻の下に入れて、左右の二つの骨の突起を感じてください。その二つの突起を椅子につけるように手を抜いてください。服のシワもなくなりました。

・頭の位置をチェック→顎が前に出ているように見えますね〜 首をサポートしますから少し後ろに倒したり戻したりを繰り返しますね→どおですか?頭の重さが軽くなったでしょ?


昨日、初回セッションだったかたとのやりとりを抜き出してみましたが、自分の身体なのに、人から指摘されるまで気づくことがないケースが結構あるということです。
肩こりという自覚はあり、辛い、けれどそれがなぜかわからない。そういうケースではまず、自分の体を知ることから始めなくてはいけません。
首痛み








簡単なエクササイズで上記の問題を解決できる場合もありますし、何れにしても気づかないことには手段も選べないということです。 

身体を鍛えることも、マネーリテラシーを高めることも将来の自分に投資すること

 アセットデザインボディデザインを形にする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

何故、身体を鍛えたり食事に気をつけたりするのか?を考えた時に、見た目を良くして今を楽しみたいという思いと、将来の健康不安を払拭したいという思いがあるかと思います。

若いうちは、まあ色々無理をしても大丈夫だったものが、年齢が重なるにつれて健康面も気になって来るでしょう。運動を習慣にしておけば防げる病気はたくさんありますし、アクティブに活動することは精神面でもプラスに働いてくれます。

外見、内面、とりわけ内面と言う場合はメンタル的なこともそうですし、目に見えない内臓に関してもそう。もっと言えば、37兆個ある細胞を元気にするということが考えられます。

そのための手段を提供するのが私の、我々パーソナルトレーナーの務めであります。


寿命が長くなることで、心配しないといけないことは実は健康面だけではありません。

長生きするからには健康でよりアクティブに!

そのためには、生活資金が必要になります。昭和のバブルと呼ばれた時代ならば、いわゆる平均的サラリーマンのモデルケースで、国の年金制度や、郵便貯金などの利回りで十分豊かな暮らしが出来る設計になっていました。日本の仕組み、日本人の勤勉さのすごさが現れています。
 

それがどおでしょう?!
 

私の世代やそれより若い人達は、年金をもらえるであろう年齢になったときに年金がもらえない可能性が出て来ています。

そのときになって慌て準備したのでは遅い。だから、身体作り同様に未来の自分のために投資をしないといけません。


日本で投資資産運用というと、お金儲けの話で胡散臭いとか、コツコツやれば関係ないと言われることもありますが

そもそも、儲かる儲からないという話ではないし、ある意味地道にコツコツやるものです。

おそらく博打打ちと勘違いした人がそう思うのでしょう。

また、知らないからやらない、莫大なお金がない自分には無縁の話、と思われてる人も一定数いてます。それもまた、知らないからおこる勘違いですね。


基本的な知識を習得ししかるべきところから情報を得る(良い情報ほどリテラシーある人にしか開示されない)自分に合うプランニングをおこなう、それを相談できる環境がある 

が揃えば、一定のマネーリテラシーをもち、行動に起こすことができます。

身体を鍛えたり、身体を調整して健康な身体を作っていくことと、マネーリテラシーをあげ資産を作っていくことは、自己投資の両輪になるのではないでしょうか

座りっぱなしはキケン!! 老化を防ぐには・・・

 アセットデザインボディデザインを形にする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

最近、宇宙飛行士に関する2冊の本を読みました。昔、宇宙飛行士を目指していたとかではありません。
NASA式宇宙飛行










 宇宙飛行士が宇宙で任務を終え地球に戻った直後は、自力で立って歩けない、筋力が低下、骨密度も低下しているようです。まるで、一気に老化してしまったかのようにです。
 宇宙空間と地球上での違いは「重力の有無」「1Gを受けているか否か」という点です。そこに着目して書かれた2冊の本から学べることは、重力の恩恵を受けて我々があるということ。逆に、1Gを避けるような生活〜寝たきり、座る時間が長い、体勢をあまり変えない〜が身体に様々な影響を与えるようです。

簡単にいうたら、座りっぱなし、寝ている時間が長い状態は、老化を促進させ、健康を損なうということです。

ジムでトレーニングしてますよ!!
と、胸を張りたいところですが、ジムでトレーニングする時間が週に何時間あるでしょうか?
それよりも、日常生活において、こまめに立ったり座ったり移動したり・・・そういうことを繰り返す方が健康維持、老化防止のためにいいということになりますね。

机に座ったら、手の届く範囲にあらゆるものを置いて、一歩も動かない。家族にあれを持ってきて、これを持ってきて、と頼む。そんな生活をしていたら、あなたの細胞はどんどん錆びついてしまいますよ。

ということで。

しばらく座ったままでいる人は、立ち上がってその辺をウロウロしてみましょう!!
 

首の不調を訴える人が増えているようです

 ボディデザインアセットデザインを形にするパーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

トレーニング中のお客様との会話で、「最近、周りに首の不調を訴える人がすごく多いんですよ〜」と・・・首痛のことが話題に上がりました。そういえば、私もスマホを見すぎたり、パソコン作業が多くなると確かに不調が出ますね。
首痛い






 さらに、「みんな、痛いし何とかしたいと思っているんだけど、運動を勧めても理由をつけて始めないんですよね〜」と・・・ 腰痛や首の不調は病院で治すというよりも、姿勢や生活習慣を「直す」動作の癖を「直す」、疲労を除去するためにセルフケアをすることが根本的な解決の近道なんですよね。
 運動というと、スポーツを連想したり、バーベルを持ち上げるトレーニングなどを想像する人が多く、しんどいことはしたくない!ってなるんですけど、関節を適度に動かすことは必要なことです。難しいことやしんどいことは必要ありません。

マッサージしたり、電気あてたりしてじっとしているよりは適度に動かすことがいいんですね。適度に動かす、適当に動かす方法を教えています。そんなことで楽になることの方が圧倒的に多いです。
画面を見続けている人は、一旦離れて、体動かしてみましょう! 

ダイエットでは「お米を食べるのはナンセンス?!」って本当ですか?

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

今年も今週で終わりですね〜 年末年始は、食べ過ぎ飲み過ぎで年明けには「体重が増えた〜」という人が必ずいますね笑

さて、ダイエット=ここでは、減量を目的とした食事、をするなら、「お米を食べない方がいい?」「お米を控えています」 という方に出くわします。やる人の考え方なのでこれはいい、これはダメというのはなく別に何を食べても目的は叶うとは思いますが、米を食べると痩せれないのか?太るのか?について、記事を見つけたのでこちらに紹介します。

12月1日の私のブログに紹介した、東京に引っ越してお米を食べてボディメイク生活をしているヨガインストラクーさんが、「ダイエットするならお米を食べちゃいけないの?」に答える記事を書かれています。 

↓↓↓↓↓

この記事は「ダイエットメニュー・健康食 Advent Calendar 2017」の12月14日の記事です。
仕事柄、運動しているとはいえ、睡眠不足や不摂生が続くと体にガクっとくるのは一般の方と同じです。また、巷ではいろんな食事方法が流行っては消えていますね。
新しい情報はキャッチし、自らも実践してみるというのが自分のモットーなので、スムージーや糖質制限などももちろん自らで人体実験(笑)をくり返しています。

続きを読む・・・


関西在住時にお伝えした、「食アススタイル」を実践されて、成果を出されています。職業柄、健康を保つことは必須条件。ダイエットの軸ができれば健康で理想の体を作ることができますね!

ハイパフォーマンス・ボディメイキングからほど遠いコンディションです

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

2週間足らずの間に、8時間の講習が4回もあるというなかなかハードな日々を過ごしておりました。おかげで喉をやられました。
喉というのは一つの部位ですが、喉がやられるようなコンディションですから、こういう時は体のあちこちに連鎖するように不具合が出ます。
腰が痛くなるかもしれないし、首が痛くなるかもしれない・・・

ひとえにコンディショニング不足の状態です。

コンディショニングとは、スポーツパフォーマンス向上のために全ての要素や要因。これをベストな状態に持っていくことがスポーツ選手のトレーニングの目的です。
一方、ビジネスアスリートの皆さんにとっては、日々の仕事をハイパフォーマンスにこなしていくためにベストなコンディションを維持していかなければいけませんね。

睡眠、食事、そして身体を動かすこと。これが崩れるとコンディショニングがベストではなくなり、パフォーマンスが下がります。
今の私はまさにコンディショニングの不足です。

部分ではなく全体を見る、全体を整えていいコンディションで居られるように日々の生活を見直す必要がありますね。 
パーソナルトレーナー紹介
高津3








 高 津 諭

LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング主宰
広島県出身
大阪・兵庫を中心に活動するパーソナルトレーナーです。
「食」「鍛」「整」をキーワードに、引き締まったカラダ=LEANBODYな体作りを実践・指導中。
あなたに適した筋トレの方法と、ダイエットの内容をわかりやすく伝えます。プロポーション改善、健康と競技力向上、目標とする身体作りをサポート

★トレーニング指導暦20年
■NSCA-CPT取得 
■NSCA-CSCS取得
■JFSA-トレーニング指導士取得
■NESTA-パーソナルフィットネストレーナー取得
■食アスリート協会・シニアインストラクター
■健康食育ジュニアマスター
    ・
    ・
○GOLD'S・GYM公認パーソナルトレーナー
○株式会社ヴェルディーク・テクニカルアドバイザー
○スポーツトレーナー協会NESTA JAPAN関西エリアマネージャー

大学を卒業後、フィットネス業界に入り、90年代に関西エリアでは希少なパーソナルトレーニングを店舗へ導入。
エアロビクス養成コースでのS&Cや専門学校で講師も担当しながら、老若男女の健康とボディメイク、高校生、大学生アスリートへのコンディショニングを数多く担当
これまでの経歴を雑誌「NEXT」や「フィットネスジャーナル」で紹介される。


月別記事検索
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)はウサギと犬を飼っています
筋と腱はつながっている
筋と腱はつながってるんだぜ〜
LEANBODY(S)宅に居候中のウサギとフレブル、「筋」と「腱」のブログです
http://blog.livedoor.jp/muscle0618/
トレーニング個人指導のご依頼先

リーンボディマーク


【場 所】ティップネス塚口店 ゴールドジム関西各店舗 公共施設、会社や自宅への出張

【内 容】目的に合ったトレーニングプランのご提案、トレーニング法の指導、ダイエットに関するご相談

料金等】週1〜2回の定期契約、スポット契約 ¥8000/1h〜

マンツーマンで長期的に各種エクササイズ、身体調整、食事方法アドバイスなど健康体力の向上、競技力の向上をサポートするトータルボディコンサルティングを行っています。短期効果だけではなく、長期継続的に成果が出る、ライフスタイルが変わることを目標にやっていきます。
契約前には面談を行います。お気軽にお問い合わせください。

【LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング】サービス内容紹介ページ

全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会
NESTAPFTロゴ
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)がエリアマネージャーを務めるスポーツトレーナーの協会NESTA JAPAN。NESTAーPFT資格は世界標準規格のパーソナルトレーナーライセンスです。
http://www.nesta-gfj.com/
  • ライブドアブログ