LEANBODY(S)TYLE ★大阪〜神戸パーソナルトレーナーの視点★

大阪・神戸を拠点に、わかりやすい「筋トレ&ダイエット指導」で人気のパーソナルトレーナーのブログ。ダイエット・健康・競技力向上をトータルプロデュース 【鍛】ワークアウト 【食】ダイエット 【整】コンディショニング がテーマの、個人指導トレーナーのリアルな活動報告。

【食育にも力を入れています】
体作りは「運動3割、食事7割」と言われるくらい、「食事」の重要度は高いことが知られています。LEANBODY(S)TYLEでもこれまで以上に、食についてフォーカスするために、「食アスリート協会インストラクター」「健康・食育ジュニアマスター」として活動をスタートしました。講座開催などの依頼がありましたらご連絡ください。食アスリート協会:http://s-a.or.jp

【パーソナルトレーニングサービス】大阪〜神戸で健康管理を目的とした体作り、競技力向上を目的としたコンディショニングをサポートしています。ホームページ:http://leanbody.blog47.fc2.com/ 

【フィットネス指導者向け】
日本最大規模のトレーナー資格団体、NESTA JAPAN。
当協会の講座を関西地区で担当しています。
その他、フィットネストレーナー、パーソナルトレーナー、向けの記事ブログhttp://profile.ameba.jp/leanbody-s/

【陸上競技選手・指導者向け】
スプリント能力向上委員会なるコミュニティの発起人のひとりに名を連ねています。スプリント能力向上に関する多角的な情報を発信し、いずれは講習会並びに練習会の開催をしていきたいと考えています。日本のスプリント能力の底上げ、並びに日本が世界が誇れるスプリンター発掘のために活動していきます。
https://twitter.com/cisa_ttkk

「学」日々、勉強!

選手からの相談Α粗段綿圈

米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

 トラックシーズンが終わり、冬季トレーニングシーズンに入り、高校生や大学生アスリートからの相談が増えています。※シリーズ化した訳ではないのですが、たまたま続いているので連載しています
 今シーズン、私と共にインターハイを目指して戦った、高校3年生スプリンター2名です。
今回は、魚住先生にこの2選手のトレーニングをお願いし、私は指導方法を直接学ばせていただくという機会になりました。
 
 男子選手は、シーズン中から何度か先生にも相談しておりましたし、前回の定例勉強会では「走り方の指導」の回でモデルを務めてくれましたので、魚住先生の指導はすでに経験済みでした。
 今回は、大学に行ってさらにレベルアップするために「スプリンターの筋力づくり」をメインにご教授いただきました。
 女子選手も、大学で競技を続けるということで、走りの問題点と、同じくレベルアップのためのトレーニングを一緒に行っていきました。

 
続きを読む

魚住先生の直接指導を仰ぎ、選手の動きが変わりました

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

本日は定例勉強会の日でした。
私が1年以上にわたりサポートしてきた100mを専門にする高校生を指導のモデルとして同行させ、魚住先生から直接指導をしていただき、走り方の指導について学ぶことができました。
 
 普段行なっているドリルなどウォーミングアップの様子と、数本の流しで、選手の特徴「いい面と欠点」を見つけ出し、そこから修正のための指導が展開されました。

行なったことは
・スキッピング
・腿上げ
・けつ叩き
・6歩での加速
IMG_0102IMG_0108IMG_0106









もちろん練習としては普段から行なっているものばかりで新しいことをしたわけではありません。
その中で、意識させる部分、を一本ごとに丁寧に修正し、本数が行くごとにリラックスした動きになり、本数を重ねることに息が上がらなくなっていきました。
 一番の課題は、うまく腕を使えていなかったことに端を発しています。腕振りが良くなると身体が楽に前に進むので結果余計な力を加える必要もなく、リラックスした動きへと繋がって行くという感じでした。

選手も楽に動けているので、表情が楽でこわばりがなくできていました。 
陸上の練習というと、一生懸命、何本も走るイメージがあるかもしれませんが、むしろ息が上がることなく楽にスムーズに本数をこなせる、練習が終わったあと身体が緩んでいるのが理想です。
 
選手、指導者、両方にとってとても有意義な時間となりました。 

遺伝子検査からトレーニングプログラムの可能性を広げる

 お米を食べてボディメイクする!!パーソナルトレーナーのLENBODY(S)です。

昨日、遺伝子とその可能性について学ぶ機会を作っていただきました。
フィジカル遺伝子という遺伝子検査キットが縁で、日頃からお世話になっている先輩トレーナーの方と色々話し合いを重ねこの度の勉強会開催にこぎつけました。

 糖質制限という方法、ウェイトトレーニングは高負荷程回数で・・・などなどメソッドは色々ありますがその根拠となるエビデンスがあった上で提供できたらいいですよね〜というその拠り所になる可能性の一つが遺伝子検査ということになります。

245-300x210
そもそも「遺伝子」とはなんですか?DNAとはどう違うんですか?ヒトゲノム研究が進んでいると聞きますが「ゲノム」ってなんですか?
そういった言葉の定義からスタートしていきました。



そして、人類の進化は、少しずつ色々なものが掛け合わさったり生活環境に適応して変化して行ったのではなく、いわゆる「突然変異」によって、その時の環境に最も適応した種が生き残っているということ。
遺伝子の検査結果そのものは「いい」「わるい」で判断するものではなく、特徴、特性として捉えること。その捉え方で、トレーニングプログラムに根拠をもった可能性を与えられることが理解できました。

・脂肪代謝に関わる遺伝子・糖質代謝に関わる遺伝子・浪費型エネルギー代謝に関わる遺伝子 
この3つの遺伝子から、糖質制限への向き不向き、いわゆる食べても太れタイプだった人が太っていく理由、下半身につきやすい、お腹につきやすいといったタイプの違いなどがおおよそ見当をつけれるようになります

・瞬発力・持久力・骨・回復力
この4つに関わる遺伝子検査でトレーニング内容の方向性や、適正競技の判断ができます。しかし、遺伝より後天的要因が大きいことも事実で、極限の究極の状況とか世界一を決めるような場面とかそういった状況を除き、トレーニングと食事を工夫することで、いわゆる遺伝子的には向かないものでも十分に結果を出せるということもわかってきています。
特性を踏まえてプログラムする、これがパーソナルトレーナーの腕の見せ所になる部分です。

ちなみに、瞬発力に関わる遺伝子は、RR,RX,XXという3タイプになります。RRが最も瞬発型ということで、日本人にはそう多くないようですが私はRRでした。
超速筋型?うれし〜と喜んでもいられないのです。実はRRが原型でXXは筋疲労に強く、集中力の持続が効く生活に適合しやすいタイプになりある意味「進化型」なのです。
また、XXの人はトレーニングにより後天的にアクチニン2という瞬発力の遺伝子が獲得できるとか・・・

要は検査結果だけをみて全ての結果が予測できるわけではないそこにトレーナーの存在価値もあるということを感じました。

実際に遺伝子検査キットをこれから扱うルートができていきますので、ダイエット目的、アスリートの人の練習の方法、ジニアアスリートの将来の可能性などを科学的にチェックする一つのツールとして提供できるようになっていくかと思います。 

教え教わり人は成長していくのです

 お米を食べてボディメイクする!!パーソナルトレーナーのLEANOBDY(S)です。

 意欲ある学生たちが私に話を聞きたいということでやってきました。将来パーソナルトレーナーアスレティックトレーナーを目指している将来が期待される学生の皆さんです。
 会場をファーストクラストレーナーズ代表である郡さんのプライベートジム・アジトを借りて行いました。すごくおしゃれな空間でとても贅沢な時間になりました。

将来の目標や日頃勉強していて疑問に思っていることなど、学生の皆さんから上げていただいたテーマをもとにあちこちに話題が飛びながらも楽しい3時間となりました。

スクワット、デッドリフト、プレスといった基本エクササイズの指導法だったり、部分痩せが可能か否かという話題からちょっとした下腿の調整をして足をすっきり細く見せるテクニックを紹介したり、食事やサプリメントについての考え方、などなど、たくさん質問攻めにされながら楽しく学んでいただきました。
12301474_1659363641003735_3567650334652193256_n12341267_1659363877670378_7388538545421788740_n12342693_1495798420750626_4205380155588751660_n








エクササイズがうまくできないんです〜と、言ってましたが、3分後にはきちんとしたフォームで皆さんできてましたから、真剣に練習していないか、そもそも正しく教わっていないかのどちらかでしょう笑


参加した皆さんが早速感想も書いてくれました。



 続きを読む

広島のち名古屋〜セミナー受講〜

 お米を食べてボディメイクする!!パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

10月は早々に実家のある広島県北部に帰省し、戻ってくるなり名古屋でセミナーに参加というながれで、神戸〜大阪で活動していないパーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。
IMG_7329









名古屋にNSCAのセミナーに参加するために行くのは実は今年で2回目です。前回の河森さんの講座に引き続き、今回は業界で長く活躍されている野口克彦さんと、ストレングス&コンディショニングコーチオブ・ザ・イヤーに輝かれた加賀洋平さん、の講習が受けれるということでいってきました。
講習をやる側の時間が増えるとなかなか日程の関係で、参加者側になることが少なくなっていますが、こうやって業界を牽引されている方々のお話を聞けるのはありがたいことです。

期待を裏切らない内容でした! 

前半は野口さんの「高齢者へのトレーニング」。高齢者対象といえば、介護予防、転倒予防がでますが、そこでとどまっているのではダメだというご自身の指導経験を交え、科学的根拠に基づき、トレーニングの原理原則を踏まえた提案でした。
段階的に過負荷を行い、高齢者にも安全で効果的なフォームによるウェイトトレーニング指導。
我々スポーツトレーナーがやるべき姿をみせていただきました。


午後は実技。加賀トレーナーのS&Cに対する思い、拘り、熱意が存分に伝わるものでした。
エクササイズフォームには徹底して拘ってこれでもかという基本の反復。自体重やバーだけでもしっかり効いていました。重いものを漫然とあげたり振り回すのがウェイトトレーニングではないということです。
 わたしも美しいフォーム追求というのが指導理念の一つでもありますので、自分がまだまだ甘かったという反省とともに、また明日から自分のトレーニングでも、お客様への指導でもより厳しくいこうと思います。

今年も残り3ヶ月を切りました。今年1年をやりきったと言えるのに大切な3ヶ月となります。
仕事もトレーニングも充実させていきたいと思います。 

陸上競技に関わる人たちから多くの学びを得ることができた1日

 お米を食べてボディメイクする!!パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

 前回の投稿のフィジカル遺伝子に関する記事はご覧になりましたか?体脂肪率の測定や、体の歪みチェックなどと同じように、これからは遺伝子検査をベースに可能性を伸ばすトレーニング、効率のよいトレーニングが考え出されていく時代になるかもしれません・・・

 パーソナルトレーナーを生業としていますが、関わる間口が増え、最近はブログのテーマもいろいろあちこちに飛んで、よく言えば多岐にわたり、悪く言えばまとまりのないものになっておりますが、これがリアル!ということでご容赦ください。

今日はNSCAジャパンのセミナーに参加させていただきました。
IMG_7262
わたしが住む尼崎が誇る!?高校と大学の先生がた、並びに、日本の女子投擲界を牽引された、ご存知、室伏由佳さんという4名の先生がたによるリレー形式の講義を聞きました。
 陸上指導者、陸上のトップアスリートの話が聞けたこと、高校、大学それぞれの指導現場でのリアルな苦労話、女性アスリート特有の悩みや、オリンピックという最高の舞台を目指す上での払った犠牲や、よかったことなど本当に貴重なお話を聞くことができました。

 明日は、自分が講師の番です・・・ 

加速力を磨こう

 お米を食べてボディメイクする!!パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

昨日は、魚住先生のもとでスプリント能力の向上についてご教授いただきました。世界陸上も終わったばかりですが、今の私にとっては最もホットなテーマであります。
IMG_7107





スプリント能力は「ピッチ×ストライド」は陸上をやっている人であれば誰でも知っていることでしょう。速く走るには脚の回転を速くすることと一歩で移動する大きさを広くすることです。基本的にそれ以外ありません。実に、シンプルなのですが、なかなか難しいわけです。
 例えば100m選手であれば、自分がどれくらいの歩数でゴールしているかを知ること。そこからタイムとの関係で大体のピッチも計算できます。そこから、回転を上げるだの、ストライドを広げるすなわちより少ない歩数でゴールすることを考えるわけです。
 
回転数を上げるには何をすれば良いか・・・その前に回転数が上がるとはどういうことか?どのような能力がいるのか?を考える必要がありますね。ラダートレーニングやミニハードルは何のためにあるのでしょうか?

ストライドに関しては、二つの方向性があります。一つは、体力レベルのいわゆるパワーです。筋力×スピードで表せるこの能力ですが、陸上スプリントでは自分の体重を運ぶパワーが欲しいわけです。そのための方法としてプライオメトリックがありますが、エクササイズ方法をしって単にな何本跳ぶ程度の考えでは目的は達成できないでしょう。
 もう一つは、スプリント技術です。動きがスムーズになれば楽に大きく動けます、体が前に進みます=ストライドが広がります。昨日は、動き作りと柔軟性アップを兼ね備えたドリルと、スプリントのドリルを行いました。スプリントドリルは大切ということで、いろいろなクラブチームや学校で取り組まれていることと思いますが、複雑で細かいものが多いようにも感じます。一つの動きからいろいろ発展させる方がシンプルだなと思います。

1、回転数を上げるためのトレーニング、2、スプリント動作を磨くドリル、3、パワー(スピード筋力)を高めるトレーニング。シンプルにいうとこの3つの組み合わせをどうするかということに行き着きます。
ここまで◯◯メートル走る、なんていうものは出てきていないでしょ?
走る練習というのはいわば完成系なので、そこまでの作り込みが大事です。走る練習ばかりに偏れば当然、弊害が出てきます。
上記「3つのアプローチ+走る練習」というのをバランス良く組み込むということが大切です。 

そして、最後に、短距離選手には特に重要なこと!!
それは、60mまでの加速能力。いかに60mで加速をピークに持っていくかの技術。それは100、でも200でも400でも共通する部分。どの距離を走ろうが、まずは絶対的なスピード能力、加速能力が必要ということです。 

食材選び以上に、調理器具選びが大切知った、調理実習の巻

 お米を食べてボディメイクする!パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

前回の記事と同じ会場での出来事を今週も書くことになるとは・・・

またまた、トレーニング指導とは直接ないことにはなりました・・・※ちゃんとトレーニング指導の方もやっていますよ〜選手も驚く結果を出してくれてます
 実は、「」に関してはトレーニングと同様かそれ以上に体作りにとっては重要なことで、食べたもので我々の体はできている、何をどう食べるかが我々の健康と結びついているということは、これまでもお伝えしてきております。
 トレーニング指導をすることと同じくらい、食に関しては伝えていきたいという思いがあります。
食アスで実践型の食事を伝える事や、これまで学んだ栄養学知識を網羅して情報をお伝えすることもとても重要なことですが、それ以上に、「作って食べる」 というごくごく当たり前のことがもっと重要であることに気がつきました。

理論を学んでも、結局、コンビニ食、外食ばかりでは実践に結び着かない。そこでこの度は、調理器具を超えた調理器具の力を使い、簡単で美味しく、ヘルシーな食事を提供できるように、実践型の学びをしました。
IMG_7172IMG_7174IMG_7168







昔、学校とかで調理実習のようなものがあったと思いますのが、あのノリです。

どんな食材を使うか、食材にうんっとこだわる。それと同じ、いやそれ以上に調理器具にこだわると、味はもちろん、調理の手間も、何から何まで全てが想像を超えたものになります。
私も全く調理をしない人間ではありませんが、「料理はしたほうがいいけど、面倒くさい、時間がない」人にはとっても有効だなと感じながら講座を受けていました。

今回は食育関連の団体、いつもお世話になっているロイヤルクイーンさま、そしてトレーニングジムのコラボから実現した企画で今後、類を見ないプロジェクトとして進んでいくものと思います。
 食文化をコンビニ食やmどなるど、などにしたくない。やっぱり手作りのご飯と味噌汁が美味しい。
 IMG_7177IMG_7181

氾濫する食に関する情報にピリオドを打つ? 根本的な考え方

 お米を食べてボディメイクする!!パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

今週末は食アスリート協会の講座受講のため東京に滞在していました。これでカリキュラムが全て終了しました。日頃は講習をする立場が多くなっているわけですが、がっつり4日間、受講者として食について学びました。

 大学の頃からスポーツと食は切り離せない関係であるという思いがあり、自分なりに栄養学の本を読んでみたりというとはずっとやってきていました。トレーニング指導を生業とするようになり、その後ボディビルという競技に取り組むようになってから、より「栄養学」の重要性を感じ、いろいろな本にあたり、自分でも実践してきました。
 カロリー計算、個々の栄養素についての理解。それらが深まりはするものの、それをやればやるほど「食」とはかけ離れているといった感じを受けることもありました。

 こちらのブログでも度々書いているように、私は「お米を軸にした」ダイエットを奨めていますが、まさに食アスリート協会 は、その「お米を軸にした、食アススタイル」を提唱する、これまでにない魅力を感じる協会でした。昨年Jr.インストラクター講座を学び、お米の力を再確認し、自信を深め、理屈を整理し、今年のボディビル大会にもこれまでにないほど米を徹底して食べ、7月からのシニアインストラクターでさらに深く掘り下げられた理論と、実践を学ぶことができました。

 なんでも食べれる、何を食べてもいい、そんな自由な時代だからこそ、日本人のルーツとしてきた「米を食べる」ということを軸に、単なるダイエットではなく、強い身体、強い精神を作ることが必要なのではないかと感じています。
 別に、シリアルを食べようがパンを食べようが自由ですが、「天皇を中心に国民とともに五穀豊穣を祈ってきた瑞穂の国」で米がおろそかにされてしまうのは残念な気がしてなりません。
 メンタルトレーニングもフィジカルトレーニングもそして各競技のテクニカルなトレーニングも食のトレーニングを土台としているはずですし、健康体力の向上の土台はまさに食に支えられていると言えます。
 糖質制限が〜とか、こういう順番で食べろ〜とか、◯◯は体にいい〜とか、どちらかというと表面的な話して根本的な「食」の話ではありません。

これまで自分がこちらで発信してきたことが、食アスリート協会で体系的に学ぶことができ、それをインストラクターという発信者の立場で多くの人にお伝えできるチャンスをいただけました。

 今後は食アスリート講座を通じて、本気で強くなりたいアスリート、お子様の発育発達や競技量向上を願う親御さん、健康体力向上のために運動や生涯スポーツに取り組む人・・・食に向き合い実践したいという皆様にお伝えしていきたいと思っています。
 

お米食べたいでしょ?食べたらいいんですよ。

 食アスリート協会Jr.インストラクターのパーソナルトレーナーLEANBODY(S)です。食で繋がるすばらしい会「食アス・ランチ会」に参加してきました。

 昨年の夏に続き大阪開催は2回目ですが、今回は参加者も倍増、さらにはロイヤルクイーン料理教室さま会場に、アスリート雑穀を使った健康的なランチをいただくことができました。
IMG_6378







今回のランチ監修も食アスJr.インストラクター同期生の管理栄養士によるものです。

 食を理論として語る、知識として語るだけでなく、実践できる!実践につながることに意味が有る。そんな協会です。

 パーソナルトレーナーである私ですが、今日はアスリート=コンテストビルダーという立場で食=ダイエットのお話をしてください、とのことでしたので、私が実践している減量の話や、お米を1日2合の食事で3ヶ月7kg程度落としている話をさせていただきました。
 食アス協会がサポートしてるボクシングV3日本チャンプはお米をしっかり食べて減量している選手で、軽量前日でも米にステーキまで食べるし、計量後もそれほど体重をリカバーしないで、スタミナ十分で動けていらっしゃいます。減量=糖質カット⇨お米を食べない・・・それが一般の人にも米を太るといった風潮に・・・こういうサイクルを払拭し、お米をしっかり食べて健康的な体作りをしましょうよ、というのがこの協会の理念です。

 今日のイベントでの学び・・・
・食材=何を食べるか、はとても大切ですが、食べる人の気構え心構え、意識はもっと大切。
・姿勢良く、よく噛んで食べることがいい栄養の条件 
・調理器具によっても味が変わる

・理論や栄養の知識はとっても大切ですが、行動し結果を出すこと、とにかく実践しやすいことが大切。
・疲労回復はもとより、体温を高め免疫力をアップする入浴は大切。あなたは、入浴で汗をかきますか?
・アスリートの土台も健康。健康⇨体力アップ⇨パフォーマンスアップ

お米をしっかり食べて「ダイエット成功というか、食習慣がまるっきり変わった」人たちの事例報告も多数ありました。
お米が嫌いな人はいいです。「お米食べたいんだけど、ふとるんだよな〜」などと固定観念や情報に惑わされている人でした、その食べたいお米をしっかり食べましょう!

理論も少し身に付けたい方は「食アス理論」ベーシック講座で勉強されるのもいいでしょう。 
パーソナルトレーナー紹介
月別記事検索
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)はウサギと犬を飼っています
筋と腱はつながっている
筋と腱はつながってるんだぜ〜
LEANBODY(S)宅に居候中のウサギとフレブル、「筋」と「腱」のブログです
http://blog.livedoor.jp/muscle0618/
あし@
トレーニング個人指導のご依頼先

リーンボディマーク


【場 所】ティップネス塚口店 ゴールドジム関西各店舗 公共施設、会社や自宅への出張

【内 容】目的に合ったトレーニングプランのご提案、トレーニング法の指導、ダイエットに関するご相談

料金等】週1〜2回の定期契約、スポット契約 ¥8000/1h〜

マンツーマンで長期的に各種エクササイズ、身体調整、食事方法アドバイスなど健康体力の向上、競技力の向上をサポートするトータルボディコンサルティングを行っています。短期効果だけではなく、長期継続的に成果が出る、ライフスタイルが変わることを目標にやっていきます。
契約前には面談を行います。お気軽にお問い合わせください。

【LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング】サービス内容紹介ページ

全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会
NESTAPFTロゴ
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)がエリアマネージャーを務めるスポーツトレーナーの協会NESTA JAPAN。NESTAーPFT資格は世界標準規格のパーソナルトレーナーライセンスです。
http://www.nesta-gfj.com/
  • ライブドアブログ