LEANBODY(S)TYLE ★大阪〜神戸パーソナルトレーナーの視点★

大阪・神戸を拠点に、わかりやすい「筋トレ&ダイエット指導」で人気のパーソナルトレーナーのブログ。ダイエット・健康・競技力向上をトータルプロデュース 【鍛】ワークアウト 【食】ダイエット 【整】コンディショニング がテーマの、個人指導トレーナーのリアルな活動報告。

【食育にも力を入れています】
体作りは「運動3割、食事7割」と言われるくらい、「食事」の重要度は高いことが知られています。LEANBODY(S)TYLEでもこれまで以上に、食についてフォーカスするために、「食アスリート協会インストラクター」「健康・食育ジュニアマスター」として活動をスタートしました。講座開催などの依頼がありましたらご連絡ください。食アスリート協会:http://s-a.or.jp

【パーソナルトレーニングサービス】大阪〜神戸で健康管理を目的とした体作り、競技力向上を目的としたコンディショニングをサポートしています。ホームページ:http://leanbody.blog47.fc2.com/ 

【フィットネス指導者向け】
日本最大規模のトレーナー資格団体、NESTA JAPAN。
当協会の講座を関西地区で担当しています。
その他、フィットネストレーナー、パーソナルトレーナー、向けの記事ブログhttp://profile.ameba.jp/leanbody-s/

【陸上競技選手・指導者向け】
スプリント能力向上委員会なるコミュニティの発起人のひとりに名を連ねています。スプリント能力向上に関する多角的な情報を発信し、いずれは講習会並びに練習会の開催をしていきたいと考えています。日本のスプリント能力の底上げ、並びに日本が世界が誇れるスプリンター発掘のために活動していきます。
https://twitter.com/cisa_ttkk

トレーニング指導における考え方

3月になりました・・・こだわりと目的を持ってトレーニングしましょう

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

あっという間に2017年も2ヶ月が過ぎてしまいました。
パーソナルトレーニングのお客様をご指導させていただき、セミナーや専門学校でスポーツトレーナー養成講座などをやらせていただき、自分のトレーニングをちょろっとやっていたら・・・もう3月ですかい!?

流行りというものがあるので、トレーニングでもやはりトレンドみたいなんはあるようで、これまでにはやっていなかったトレーニング種目が流行ったり、筋肉をつけることを目的としたものが流行ったかと思うと、いや、動きをよくするトレーニングだみたいな話になったり忙しいですね。

大事なのは、結局自分がどこを目指してやっているのか?ですね。
健康になりたくて始めた内容が、健康を害する方に傾いたりリスクの高いものだったり・・・別に見た目の筋肉量増加を求めていないはずなのに、内容はボディビルディングだったり、ズレちゃってると望んだ効果は出ないんですよね。
ボディメイクと一言でいっても、ボディビルディングやフィジークのような外見を変えるために筋肉を肥大させ、脂肪を削って形作るようなものを言ってるのか?スタイルを良くしたいだけなら体重の増減ではなく姿勢だったり、筋肉の状態だったり、もっとえいばムクミのない循環の良い体を作って行くなんてことも含まれるのです。

 一見同じことをしていても狙っていることは全く違うということもあるので、自分のトレーニングには目的とこだわりを持ってやっていきたいものですね 

節分すぎたし。。。トレーニングを始める

お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

2017年も1ヶ月があっという間に過ぎ、節分も過ぎてしまいました。節分を境に、本当の1年がスタートする気分でいます。
ダイエットを始めたり、トレーニングをスタートさせるのに丁度いいタイミングかもしれませんね。

運動習慣がない方や、とりあえず始めてみたというレベルの人は、まず何からやればよいだろうか?


世の中にはたくさんの方法がありいずれも魅力的だ。

反対に、運動は嫌いだしできればしたくないという人もいるでしょう。

また、2か月など短期間的に成果を上げることを売りにするパーソナルトレーニングもあり、手っ取り早く結果をだそうと目論む人もいることでしょう。


スポーツにおけるリ・コンデショニングの考え方が参考になるかもしれません。スポーツで怪我をした選手が復帰する過程、わかりやすく言えばリハビリ的なイメージです。


リ・コンデショニングにおいては、まず「関節可動域」を取り戻すことからはじめます。

 私がパーソナルトレーニングをしていて感じることは運動習慣がない人は、主要な関節、肩や股関節が硬いということです。

仮にボディメイクが目的で、スクワットやベンチプレスなどのウェイトトレーニング種目をやろうとしたとき、肩が硬い、股関節が硬いとなればそのエクササイズのフォーム習得もままならないでしょう。

まずはじめに、肩や股関節の柔らかさ、自然な動作を獲得して行くことが必要でしょう。


次に「筋力」を考えます。

姿勢保持に必要な筋肉を中心に、力を出すことを獲得していきます。

力が出せるようになれば、それを持続させる能力、筋持久力を獲得します。


こういう基礎的な準備を経ることで、例えばゴルフをやりたい、マラソンをやりたい、山登りに行きたい、などの余暇活動、スポーツを安全に楽しめるかと思います。


選択と習慣化でダイエットはうまくいく・・・かもしれない

お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です


エクササイズやダイエットは基本的に継続してなんぼと言われます。3日坊主では成果は出ないし、短期間で無理して取り組めばリバウンドする、継続1番です、と言われます。


わたしもそう思います。

 

継続することが大切なのはわかるんだけど、意思が弱いし続かないんだよという声もききます。

皆さん、自分がやってることでずっと続いてるものって何かありませんか?

それは、意思の力で頑張っているものですか?

おそらくそうではないと思います。自然と続いてるのではないでしょうか?

意識せず続いてる、毎日の歯磨きのようなもの、習慣化ができれば続くもんなんです。


習慣化にするためには、始めないといけないわけですが、それを誰が決めたかにより結果がかわるように思います。

誰かに言われて始めたものか、自分でやると決めたものか、やると決めたときに色々な選択肢から選んだのか、それしかなかったのか?  


エクササイズやダイエットに話を限っても選択肢がたくさんあります。

そこにはその方法に対する理論があり、相反する考えのものもたくさんあります。

そうしたときに、どっちが正しいのか?を考えてしまうものですが、どちらにもそれなりの根拠があり成果をだしている人がいるとすれば、一応確からしいと考えることができます。

それならばあとは、どちらの取り組みを自分は好むか、あいそうか、やれそうか、好きか嫌いか、で自らの意思で選ぶ方が習慣化に近づくのではないでしょうか。


反対に、あの人がよいと言っていた、芸能人の誰かがやっていた、宣伝広告に良いと書いてあった、担当トレーナーがそれが絶対よいと言っているなど、自分で選んでいるようにみえて選ばされている場合は習慣化は難しいようです。


選択は対局にある選択肢も含めて吟味し初めて意味があります。

減量するのに、糖質をカットする方法と、糖質は摂取するが脂質を切り詰めるなど、一見相反する方法をみて、どちらがあいそうか、やれそうかを選ぶ、というようなことです。


健康、体力の向上に関するエクササイズやダイエットについて、選択肢を用意し、提案していきたいと思います

続・活動量計のススメ! ダイエット開始時に揃えておきたいアイテム

お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

11月に入って初の投稿だったようです。この間にも、ウェイトマネジメントの講座をやらせてもらったり、「食べることで体を作る」話をさせてもらう機会が増えています。

 体重管理の際に、自分の活動量と食べている量の差額を知るということを行います。今、これくらい動いています、これくらい食べていますという目安を知るわけです。
 ダイエットだ〜といって、急に食べるものを減らして見たり、痩せなきゃ〜といきなり走り出したりする人がいますが、自分の食べる量や動いている量も知らないで始めるなんて恐ろしいことです。

 まずは、己を知ること!!

活動量については、体重から基礎代謝を計算し、1日の行動をピックアップして計算する〜なんてのを昔はしていましたが、今は便利なものがたくさんあります。
m200-wristbands



こちらのブログでも度々登場する、POLARの活動量&心拍計。
これはつけているだけで1日の歩数やカロリ、睡眠時間など、生活を丸ごと記録してくれるものです。
最新のものは、心拍のセンサーを胸につけることなく、測定できるものが増えてきています。
私も、一つ購入して試しています。

IMG_0148











ダイエットに取り組む、体を絞るために運動する、なら、体重計メジャーと、活動量計は必須アイテムとして揃えておきたいですね。 

方法より目的、ノウハウよりもメンタル、体づくりも資産形成も共通点が多い

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

ダイエット成功する秘訣は、「明確に目標を設定することです」
どのようなカラダになりたいのか?いつまでになりたいのか?目的もなく「ダイエット」だけを行ってもおそらく成果は得られないと思います。
 さらに、取り組むにあたっての自分なりのルールを決め、それを守ることが大切です。ルールというと堅苦しいですので、ガイドラインという感じで概ねこのようにしていこうというものに従って行動することです。
 また、正しい知識やノウハウがない状態で闇雲に取り組むと失敗の可能性が高くなります。それから、短期間で一気に成果を出そうとすると、リターンの代償としてリスクも膨らませてしまいます。

 ということをまとめていくと、これは「資産を増やしていくこと」と同じだなと感じました。
実は、今日からアセットデザインの勉強を始めました。
 ここでも、メンタルの訓練が必要なことや、「絶対に成功する、唯一無二の方法はない」こと、長期に継続できる方法で成果をあげること、が大事だということを学びました。
 まさに、トレーニング、ダイエットにおいての考え方と同じでした!
世の中、うまい話はない。地道に正しく努力することが近道なんでしょう。
 

筋トレ女子が増えてきた・・・?!

お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

私のいる環境だからかもしれませんが、筋肉をつけたいと言ってウェイトトレーニング、俗にいう筋トレ女子が周りに増えてきています。

IMG_8258 IMG_8671









一方、今でもよく聞く話ですが、筋肉つけたくないからウェイトトレーニングはしない、ちょっとやっただけで筋肉がすぐについてむきむきになるといったイメージを持っているひとは少なくありません。

こちらの方が世の中的には多数派かもしれませんね。


筋トレをするしないの選択は自由意志に委ねられますが、筋トレはするんだけどムキムキになりたくないから軽い負荷で=30RMにも満たないような負荷、やった気になるだけとか、もっと最悪なのは指導する立場のインストラクターが筋肉がつきすぎないように軽めでやりましょう〜などと指導する場合です。こういう時はだいたいトレーニングしたことない指導者がアドバイスします笑


私自身は筋トレを20年以上続けています。ですが、相手の目的が何であれ筋トレが絶対だという指導はしません。目的が1番叶うであろう方法を選択してやるのでそれがたまたま筋トレだったりそうでなかったりするだけです。

まあ、重いものを軽く持ち上げると言ったウェイトトレーニングの方法であれば重いものを持ち上げれるレベルが上がるに従い、姿勢も良くなりスタイルが良くなる気がしますね。

最悪は我流フォームで局所のそれもついて欲しくないところの筋肉が発達する、姿勢が崩れてスタイルが悪くなる。こういうことだと思います。


筋トレして筋肉ムキムキに。。。は、なろうと思ってむちゃくちゃ努力して時間かけても達成するのは時間もかかるもので、すぐに簡単につくものではありません。

軽い負荷でしなやかな筋肉を。。。といったありもしない幻想でいたずらに労力を費やすより、筋肉がもっとつきやすい負荷で、必要な量だけやる方が結局効率が良いと思います。


先日の記事に書きましたように、自分がどんなボディになりたいかどんなボディメイクするのか、ということがどのようなやり方でやるか、になりますので、自分の軸が1番大切です

ライザップにだってできるんだから、俺にもできるはず?!

お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

三ヶ月で劇的に身体を変えることはできるか??


こう言う問いには二つの答えが思い浮かびます。

体づくりは継続による地道な努力が必要で短期でやるなんて邪道、長期的に取り組むからこそ意味がある。

というものと、

短期間で結果が見えたら今後の継続意欲にもつながるのでそれを目指すのはいいことだ。

コンテストに出る連中は、三ヶ月くらいで別人のような身体に作り込んでくる。


これは筋肉をつけボディをデザインするには時間がかかるが、除脂肪は適切に行えば数ヶ月ではっきりと変化を出すことが可能とも言えますね。


 私はコンテストに出ている時は、減量期間を概ね4ヶ月と決めてスタートさせますが、だいたい1ヶ月前、すなわち3ヶ月くらいで体脂肪率が一桁になるほど絞ってしまいますこの間はほぼ食事によるコントロールの良し悪しが結果につながります。

一方、12年のスパンで見たらほとんど体重は増えてない=筋肉は増えてないし毎年同じような身体に見えますが、10年前と今、もっと言えば大学生のころと今を比較すると筋肉量などは別人と言っていいでしょう。数値を示すなら、62-3kgで体脂肪率13パーセントだった大学時代と、73kg12パーセント弱の現在では、筋肉量が明らかに違うことがはっきりします。
 

身体づくりは短期間で除脂肪して劇的に変化させる行為と、中長期的にコツコツと筋肉量を積み上げていく作業の両方が必要であると言えます。


ボディメイクは”ある意味”簡単だ

お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

ボディビルなどのコンテストではジャッジが評価し順位を決めるため、自分のイメージでいい出来、いい仕上がり、完璧だと思ってもジャッジにそう評価されなければだめな競技です

すなわち自己満足だけではだめなわけです。


先日もプロ最高峰の大会、オリンピアにおいて日本人唯一のIFBBプロ山岸選手が優勝目指して挑まれ ました。今年はアーノルドクラシックというこれまたプロ最高峰のコンテストで勝利を収めており期待が高まっていたところです。

IMG_1218 (1) 

仕上がりも自他共に 認める最高の出来。私の目にもそう映りましたが。。。

ジャッジは厳しい評価を下しました。

こういうことがあるのがコンテストなんですね。








翻って、自分自信のためにボディメイクするという場合はいい意味で自己満足で良いのです。そういう意味では他に左右されることなく自分をもっていればある意味楽とも言えます。

その代わり、しっかり自分のなりたいボディなり、取り組み方をイメージして臨まないと、単にダイエット雑誌や情報番組の方法に振り回されて結局、どんなボディを作りたいのかがわからなくなってしまいます。


他人に評価されないボディメイクだけに、自分自身がこうしたいというイメージは大事になってきますね!


タクシードライバーとパーソナルトレーニング

 お米を食べてボディメイクする!! パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

タクシーってみなさんご利用になられますか? 昔は、タクシーにお金を使うなんてもったいない、歩ける距離は歩こう、公共の乗り物を使って移動できるなら移動しよう、と常に考えていました。
 
 先日、京都を観光する機会があり、タクシーを利用しました。単なる移動手段ではなく、ドライバーの提案とこちらの希望とをすり合わせて、半日同行してもらい、色々回ってもらいました。 
 京都鷹ヶ峰から、大原三千院へ、そこから比叡山にあるフラワーガーデンミュージアム、延暦寺根本中堂、・・・電車やバスで移動していたら、そこまで回る気もしなかったでしょうし、もし回ったなら倍の時間はかかったと思います。時間効率だけでなく、ドライバーさんのうんちくを聴いて、回ると、あ〜なるほどね、という感じで楽しい旅になりました。
IMG_8776  IMG_1039









 自分で色々調べて、あーでもないこうでもない、といって旅をするのも楽しいものです。が、ゆっくり休みの時間が取れないから、できるだけコンパクトにスマートに回りたいという人には、「知っている人」に道案内してもらう方が効率はいいなと思いました。
 最近の修学旅行は、大型バスで乗り付けて後はご自由に〜というのではなく、タクシーで5人一組ずつくらいで観光案内するそうです。結果的にお金も時間も効率が良いようです。
IMG_1053   






 これは、トレーニングにも言えますね。本を見たり、動画を見たり自分であれこれ調べながら試行錯誤してやるというのも、趣味としてやるには、とても楽しいことですが、忙しい合間を縫って少しでも効率よく体づくりをしたな〜とおもったら、分かる人に聞く、教わる、方が手っ取り早いということも言えます。道に迷うこともなさそうですし・・・

「時間をお金で買う」といった感じでしょうか? そんな体験をしたプチ夏休みでした。
 

お米も食べるし、お酒も飲みます。でもボディメイクします!

 お米を食べてボディメイクする!!パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です
最近は、お酒を飲んでボディメイクする!!に変えないといけませんねと周りから言われます笑

パーソナルトレーニングを受けると厳しい食事制限が待っている。。。と思っていませんか?
もちろんそういうコンセプトでやっている専用ジムもあるでしょう

先日も、お客さんとの会話で、パーソナルトレーニング受けると禁酒せなあかん思ってたけど、ここではお酒の話が普通にできてそれがいいですわ〜」と言われました。
そう言われたら、私はよくビール、ワイン、日本酒、ウィスキーなどのどの銘柄がどうの、あそこの店は美味しいなど、お酒の話をよくします。
お酒は好きなお客様が多いとも言えますね。

また、糖質制限ダイエットの流行りであればどうしても米を控えることになりますが、「米食べたいんですよね〜」という人が少なくないです。そして私のところにはそういうお客様に多く来ていただいてます。

私自身がボディビルコンテストという体脂肪率を一桁にするのは当たり前の競技にチャレンジしながら、その減量期間ですら、お米やお酒を飲んでるわけですから、一般のお客様に酒を控えろ、米を抜けなんて言えたものではありません。
むしろ、好きなものを無理に控える必要性が低い人がほとんどです。

いろんな方法があるんでどれがいい、これがいいというよりも、自分のこれまでとこれからを考えた長い目でみてベターな方法を選択し、楽しく継続していくことが一番結果が出るのだと思います。

厳しくやるもよし、ゆる〜くやるもよし。
 
パーソナルトレーナー紹介
月別記事検索
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)はウサギと犬を飼っています
筋と腱はつながっている
筋と腱はつながってるんだぜ〜
LEANBODY(S)宅に居候中のウサギとフレブル、「筋」と「腱」のブログです
http://blog.livedoor.jp/muscle0618/
あし@
トレーニング個人指導のご依頼先

リーンボディマーク


【場 所】ティップネス塚口店 ゴールドジム関西各店舗 公共施設、会社や自宅への出張

【内 容】目的に合ったトレーニングプランのご提案、トレーニング法の指導、ダイエットに関するご相談

料金等】週1〜2回の定期契約、スポット契約 ¥8000/1h〜

マンツーマンで長期的に各種エクササイズ、身体調整、食事方法アドバイスなど健康体力の向上、競技力の向上をサポートするトータルボディコンサルティングを行っています。短期効果だけではなく、長期継続的に成果が出る、ライフスタイルが変わることを目標にやっていきます。
契約前には面談を行います。お気軽にお問い合わせください。

【LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング】サービス内容紹介ページ

全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会
NESTAPFTロゴ
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)がエリアマネージャーを務めるスポーツトレーナーの協会NESTA JAPAN。NESTAーPFT資格は世界標準規格のパーソナルトレーナーライセンスです。
http://www.nesta-gfj.com/
  • ライブドアブログ