LEANBODY(S)TYLE ★大阪〜神戸パーソナルトレーナーの視点★

大阪・神戸を拠点に、わかりやすい「筋トレ&ダイエット指導」で人気のパーソナルトレーナーのブログ。ダイエット・健康・競技力向上をトータルプロデュース 【鍛】ワークアウト 【食】ダイエット 【整】コンディショニング がテーマの、個人指導トレーナーのリアルな活動報告。

【食育にも力を入れています】
体作りは「運動3割、食事7割」と言われるくらい、「食事」の重要度は高いことが知られています。LEANBODY(S)TYLEでもこれまで以上に、食についてフォーカスするために、「食アスリート協会インストラクター」「健康・食育ジュニアマスター」として活動をスタートしました。講座開催などの依頼がありましたらご連絡ください。食アスリート協会:http://s-a.or.jp

【パーソナルトレーニングサービス】大阪〜神戸で健康管理を目的とした体作り、競技力向上を目的としたコンディショニングをサポートしています。ホームページ:http://leanbody.blog47.fc2.com/ 

【フィットネス指導者向け】
日本最大規模のトレーナー資格団体、NESTA JAPAN。
当協会の講座を関西地区で担当しています。
その他、フィットネストレーナー、パーソナルトレーナー、向けの記事ブログhttp://profile.ameba.jp/leanbody-s/

【陸上競技選手・指導者向け】
スプリント能力向上委員会なるコミュニティの発起人のひとりに名を連ねています。スプリント能力向上に関する多角的な情報を発信し、いずれは講習会並びに練習会の開催をしていきたいと考えています。日本のスプリント能力の底上げ、並びに日本が世界が誇れるスプリンター発掘のために活動していきます。
https://twitter.com/cisa_ttkk

2010ボディビルコンテストへの道

【パーソナルトレーナー@大阪ボディビル】応援ありがとうございました

 ツイッター×ボディビル。楽しんでいただけましたでしょうか?試合の合間につぶやくだけでたいしたことはできませんでしたが、皆さんの返信つぶやきが大変うれしく、一味違った楽しさを味わえました。ありがとうございます。

今年は初のライト級(70kg以下)に挑戦! 2003年のフライ級(60kg以下)で4位入賞から、7年で8kg体重を増やせたことになります

 我々の年齢(30代中盤)ですと、運動やダイエットに気を配らなければ、8kgくらい脂肪ですぐに増えてしまいます。それを時間をかけ筋肉を増やせてきたことに意義があると感じています。20代のころより筋肉量が多く、脂肪が減っているわけですから、ある意味アンチエイジングです。


さて、コンテストのほうは、予選審査でまず24名から10名へとふるいにかけられます。ここでピックアップされなければジエンドです。

私、LEANBODY(S)はなんとか滑り込みセーフで10名に残り、順位比較、決勝審査へとコマを進めることができました。


順位比較では呼ばれ方から、7〜10位に居るのはわかりましたので、上位陣に割って入ることが出来ませんでしたがライトで勝負できる手ごたえは感じながら審査は終了。観戦にいらしてた皆さんから、「大きくなった」「階級上げてもちゃんと絞れてる」といってもらえたので、今回の目標である階級を上げて戦うということは達成できたかなと思います。

結果発表は・・・


10位のトロフィー 















10位でした。

 

今回は、優勝者も誰に成るかさっぱり分かりませんでしたし、下位と上位の差をそれほど感じませんでした。

すごいのはTOP4が全員40歳代以上の人で、優勝者は50歳代の人です。身体鍛えるのに年齢は関係ありませんな〜

私も長くトレーニングを続けていきたいですし、そのよさを伝えていく立場としてこのような中年選手が活躍されることには嬉しく感じますし、いつか勝ちたいと思いますね。

本当の多くの人に応援していただき、感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました!!またがんばっていきます

【ゴールドジムでパーソナルトレーニング】1年で除脂肪体重を2.5KG以上増やせた理由を考えてます。その2

 筋力も筋肉量も、そして柔軟性も20代のころよりすべて上回ってきている、30代中盤パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。
 ※気分は20代のころと変わらないのですが、周りに20代前半のトレーナーがごろごろいると、おっさんであることを実感します。しかし、身体では君たちに負けないぜ!!(爆笑)

ストレッチングと柔軟性があなたの筋肉を大きくします!!

 魚住先生のもとで学ぶようになり、「ストレッチ」の本質について段々と分かることも増えてきましたが、さらに色々知りたくなっているので、ストレッチや柔軟性に関する事もあれこれ調べる機会が増えました。
そんな中「ボディビルダーには、筋の最大サイズ、形、つき方」を磨くためにもストレッチは重要だ、とするものにも遭遇しました。筋膜のストレッチングにより、さらに大きくなるための空間ができるといったイメージでしょうか?ウェイトトレーニング自体もフルレンジムーブメントで可動域をしっかり出していると筋膜は伸ばされますわな。

そこで!私の筋量がここ数年にない増加をした理由は、「まじめにストレッチングをやったから!」。そんなあほな〜 でもこれはマジかもしれませんね。2年くらい前から就寝前のストレッチングを文字通りまじめにやってきていたのですが、それが、今年は可動域の向上が明らかに現れてきたのです。そういえば、ポージングでも背中広がるようになったし、頭の後ろで扱う、ビハインドネックのチンニングやバックプレスのスムーズさもアップしている。
でかいビルダーさんは、やわらかいもんな〜などなど考えてみると、「ストレッチングと柔軟性」が大いに関係していたといえますね。

筋のサイズ向上のためには、筋肥大のトレーニングだ!とそこだけに目が奪われがちですが、考えてみたら「全面性の原則」を無視してはイカンということですね

身体作り、ますます楽しくなりますね〜。

【神戸でパーソナルトレーニング】1年で除脂肪体重を2kg半以上増やせた理由を考えてます

 ボディビルコンテストの計量まであと2週間となりました。今年は階級をひとつ上げたので体重を気にする必要がない分のびのびできますね〜。 本日は神戸方面で個人指導をする予定のパーソナルトレーナーLEANBODY(S)です。

筋肉を増やし、脂肪を減らしていく。かっこいい体作りでは基本ですが、それがなかな簡単ではありません。脂肪を減らすことはともかく、筋肉を1kg増やすということは大変な作業です。
 1年でまったく増えない年だってあります。しかし、今年はなぜか体重(除脂肪体重。単純に言えば筋肉量)が増えています。

ここ数年は63〜4kg程度でコンテストに出ています。64,5kgで体脂肪7%推定で計算すると、除脂肪体重(LBM)が60kg程度になります。残りが脂肪です。コンテスト時にはもっと少ないですが、試合3週前のデータでこんなものでしょう。
今年は、67.5kgで体脂肪は同じく7%推定ですので、計算すると除脂肪は62.8kgとなります。1年間でこれほど伸びたのは2003年〜4年以来でしょうか?毎年同じようにトレーニングをしているつもりですがこれも不思議ですね。

 トレーニング仲間やクライアントさんからは「何が変わったの?何をかえたの?」って聞かれるので、自分なりに答えを探してみました。いくつか考えれるうちのひとつがこれ!
おにぎり












かもしれません。私はこちらのブログを通じて常々、米を食べて減量することの重要性を書いておりますが、65kg以下にしなければいけないコンテストでは、体重の枠内に入れるために、控えめにせざる終えないときがありました。今年はその心配?必要がないので、しっかりお米を例年以上に食べています。

忙しいときもおにぎりにしておけば手軽にたべることが出来ます。
炭水化物を減らす、抜くことで一過性に体重は減ります。しかしはこれはほぼ水分量の変化です。脂肪の変化ではありません。

食事面からは、低脂肪を徹底し、米をしっかり食べているということが、除脂肪体重の伸びが例年以上だったひとつの答えかもしれません。

もうひとつの可能性は後日にでも・・・

【減量中のパーソナルトレーナー】ボディビルコンテスト本番3週間前。

 5月もまもなく終わります。皆様、ipadはご購入されたのでしょうか?

大阪体重別ボディビルコンテストまであと3週間となってしまいました。今日は私が所属しますジャングルジムSPORTS主催のジムコンテスト「KING OF JUNGLE2010」が開催されるのですが、わたしは勉強会があるため参加できません。選手の皆さんは本戦の大阪大会前の最終調整になるのでしょうね。私もいちおう2007年に準優勝になっていますので、いつか優勝を狙って行こうと思うのですがなかなか日程があいませんね〜。

予行演習は出来ませんが、本番までやれることをやって、初のライト級(−70kg以下)の戦いを楽しみたいと思います。

【ボディビルにチャレンジするパーソナルトレーナー】大阪体重別大会のエントリーをすませました

 6月の大阪ボディビル体重別まであと1ヶ月となります。毎年のことですので、減量がきついとかそういったものはありませんが、やはり競技会独特の緊張感がボチボチ襲ってくるころです。

競技ボディビルに参加して7年以上になりますが、これも10年はやらないと語れないくらい奥が深いもんだと思います。
 継続性の原則というトレーニングの原則をスポーツクラブや専門学校の授業で話しますが、ボディビルをやっているとこの「原則」がいやというほど良く理解できます。
 
 私は、フライ級という体重で言うと60kg以下の一番軽い階級で2003年に入賞し、その後は65kg以下のバンタム級で出ています。そして、今年はなんと!70kg以下級であるライト級に参戦します。体重が増えているということです。それも絞った状態で体重が増えている=筋肉が増えているということが分かります。
 20代のころよりもはるかにいい体をしているということです。これは途中でやめずに続けてきた賜物です。
 どれだけトレーニング科学に精通し、様々なメソッドを知っていようともそれをやり続けなければ到達しないものです。ましてや、理屈が分かっても人間がロボットではないので「心理的な限界」が抑制をかけます。やっぱりやってみないとわからないですね、こういうものは。
 面白いことに、1年1年コンスタントに伸びるというよりは、突然いい伸びを示すときが周期的にくるのですが、これがオリンピックサイクルで来ていますね。まわりの方に伺っても、どうやら伸びない時期も辛抱して続けていたらやはりブレイクする時期が来るそうです。ピリオダイゼーションを考える上でヒントになりそうです。

年々、自分の身体が年齢に反比例し向上していくというのは他楽しいものですよ。究極のアンチエイジングですね〜

というわけで、今年は階級をひとつ上げて参戦する予定です。

【大阪ボディビル参戦のパーソナルトレーナー】日めくりカレンダーは残り40日

 いつもありがとうございます。パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。
 サッカーW杯の日本代表が決まりましたね。カズは選ばれなかったですね〜(笑)※毎週金曜日の日経新聞にカズさんは記事を書いています。これがなかなか面白いです。

サプライズはGKの川口選手でしょうか?わたしと同い年ですしがんばって欲しいですね。

がんばるといえば、私も本気でがんばらないといけません。コンテストまで残り40日になりました。ちょうど高校の夏休み期間くらいの長さです。あっという間に終わります。
 ということで1日1日大切にすごさなければいけません。
今回は、10日を1サイクルと考え、それを4サイクルするというイメージでトレーニングスケジュールや、体重の管理をしていこうと考えています。

 我々の生活スケジュールでは1週間単位で考えるのが楽なのですが、トレーニング内容を考えたら7日ではうまく回せなかったので10日を1クールとして考えてみました。5月はどのみち休みがありませんので、1週間というしばりより10日ごとに気持ちをチェンジすると思えばこういう組み方もありかなと・・・
ダイエットを継続する、トレーニングを習慣化するためにはなにより実行策を具体的にし、行動し続けることが必要ですので、行動計画は大切です。
体重計に毎朝乗って記録する。朝ごはんは何時に何を食べる。トレーニングのアポイントをスケジュール帳に記録する。トレーニングでやった内容をノートに書き記す・・・など、「○kgやせる」を意識するのではなく、やること(行動)に意識を向けることです。

夏はすぐそこまで来ています!!

【大阪のパーソナルトレーナー】ゴールデンウィーク中ももちろん減量です

 疲れがピークに来ていたのか?GW中に体調を崩してしまったパーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。
 ※GW期間中にトレーニングをやりこもうと思っていたのにほとんど実行できませんでした(涙)

やっぱり、毎年忙しくなっているんだな〜と実感しています。ダイエット(いわゆる食事の制限ね)はまったくといってよいほど意識してないくらいですが、あっという間に日にちが立っていて減量報告日記を忘れてしまうくらいです。

さて、前回がちょうど区切りの1ヶ月経過で、72.8kg⇒70.3kgと報告しました。
あれからもう3週間も立っていました。1週ごとの平均値の推移は、69.8kg⇒69.1kg⇒68.5kgだったようです。お〜平均で4kg以上も落ちているんですね。

と、ひとごとみたいですが、自分のことに思えないように落ちていってますな〜。しかし、GWでトレーニング計画がくるってしまったので、来週からの残り6週間が試練ですね。

がんばります!!

「タイムマネジメント」〜時間はお金では買えません〜

 1日は24時間。これは万人に与えられた共通の価値。これをどお使うのかは個人個人自由です。
 ここ数年は、時間の大切さが身にしみています。私も歳をとったということでしょうか?
 ※先日、高校時代の恩師の先生に電話をしましたら、息子さんがなんと大学生。高校の時には小学生くらいやった思いますので時間の流れをいやでも実感しました。

 日常生活の中での運動量が減ってしまっている現代人は、何とか工夫して身体を動かす時間を作らなければなりません。
 仕事が遅くまであって、なかなかジムに行ってまでトレーニングできないよと言う人から、出勤前にジムに来てワークアウトをされる人、自営業で時間をやりくりして空いている時間にトレーニングする人、朝早くおきて散歩する人・・・さまざまでしょう。いや〜何にもしてないや。という人は、何かを始めるきっかけがほしいところですね。
 わたしはまだ恵まれたほうで、仕事場=トレーニングができる環境ではあります。ここ最近はおかげさまで、予約もおおかた埋まっていますので、ジムにいる間は指導している時間は多いですし、メールでのアドバイスや出張指導も入るとトレーニングできる環境にいながらトレーニングできないときも多々あります。
 それでも、コンテストに向け調整していますので妥協や忙しいさをいいわけにはできませんから、手帳とにらめっこしてトレーニングの予定もしっかりノートに書き込みます。
 今年は単発のセミナー講師のお話もちょくちょくいただいておりますし、定例の基礎講習などの講義ものもありますので、資料作りにはちょっとした準備時間を要します。
 パーソナル⇒資料作り⇒パーソナル⇒自分のトレーニング⇒パーソナルといった感じで、時間を美味く使ってやらないとあっという間に1日がすんでしまいます。
飯を食べる暇がないので、「食べたい」欲求がほとんどわかないのでこれだけは助かっています(笑)

不思議なもので、このように手帳にぎっし行動を埋めておくと、トレーニングにしても、資料作りにしても暇でたっぷり時間があるときよりも高い集中力を発揮できるんですよね
 
運動をする時間がないな〜、という方は、色々な行動のスケジュールと一緒にトレーニングの時間のアポイントをとっておくといいかも知れませんね。
 実際、パーソナルトレーニングを受けてくださるお客様も予約していることで、忘れず妥協せずにトレーニングができるとおっしゃっていますね。

トレーニングは即効性より、継続性。時間を見方につけて最良の成果を出していきましょう。

減量をスタートして1ヶ月が経ちました

 昨日は1日中PCの前で仕事をしていたので完全に運動不足のパーソナルトレーナーLEANBODY(S)です。
 ※現代社会の仕事では、こういった1日座業の人が比較的多くなっているかと思うと、体重の増加をはじめ色々身体に不具合が起こるのも当然な気がしてきます。作業効率アップのためにも、何らかのエクササイズを導入する習慣は必須になりそうです。

さて、3月の半ばにスタートした減量ですが、あっという間に1ヶ月が過ぎてしまいました。ほとんど減量しているという感覚もなくあまりそちらに集中していませんでしたが、数値は確実に動いている模様です。
3月1週目のもっとも重い時期:73.7kg
減量開始前の最後の1週:72.8KG
その後、1週ごとに72,3kg→71.5kg→70.7kgときて、直近の1週間が70.3kgでした。

先週と比べると減りが少ないのですが、これは減量中は通常食べない時間帯に飲食をする機会が3回もあったからだと思います。朝に計測するので、前の日何時ごろ食べたかは次の日の体重には影響します。いわゆる質量保存の法則の関係で一時的に高い数字を記録します。
 長期的に見たら、トータルのカロリーですので、マイナスになっている以上減ってきています。

ボディデザインは、もちろん数値あわせではありません。しかし、経過を観察するには一番いい方法が体重のような簡単な数値です。そこに、正しい評価が下せれば結果を求めやすいと思います。

評価→計画→実行トレーニングやダイエットに取り組む際にも、仕事に取り組む際にも、勉強に取り組む際にも必要なサイクルですね。

ミルキーはママの味〜パーソナルトレーナーの減量経過報告〜

 6月のボディビルコンテストに向けてダイエット&トレーニングに取り組んでいるパーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。
 1年中、ダイエットとトレーニングはやっておりますが、3月からは「コンテストに向けた」という明確な「目的」をもってやっています。


ミルキーロールとボンゴお猿のぬいぐるみが持っているのは、あの不二家のぺこちゃんのミルキーのロールケーキです。子供のころに、あの飴ちゃんを食べた記憶のある方も多いのでは・・・
これは特大ロールケーキです。


減量中ですが、ロールケーキも食べましたし、先日は4時間懇親会でビールをがっつり頂きました。


で、減量は進んでいるのか?

減量前の2週間の推移
3月1〜7日:73.7kg 3月8〜14日:72.8

減量開始後
3月15〜21日:72.3kg 3月22〜28日:71.5kg

ロールケーキも食べてます。ビールも飲んでおります。
確実に絞れてきています。

ここまでの推移は単純に食べ物のかさも減っておりますので、いわゆる質量保存の法則による減量分もあると思いますので、おおよそ2週間で1.3kg減っているというのが私の評価です。
 これはすべて平均値であらわしていますが、ピークの数値だけを比較すると、最大値74.6最低値は70.6で4kgも差があります。こういう計測の仕方をすると、4kgも落ちた!!と錯覚しがちですが、平均値をおって冷静に評価していくと、1.3kgが実質のダウンです。
 この当たりの評価をきっちりしないと、数字に翻弄されたり、ものすごく食べるものを制限しすぎたりするものです。水分は日々変動が多いですが、脂肪はそんなに急激には動かないですのでじっくり冷静に取り組む。
そうすればビールを飲んでも、ロールケーキを食べても減量は進むはずなんですけどね。

ここからしっかりと筋トレで筋肉を追い込んで、筋肉の減るのを食い止めれば理想のカラダに近づいていくはずです。

パーソナルトレーナー紹介
月別記事検索
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)はウサギと犬を飼っています
筋と腱はつながっている
筋と腱はつながってるんだぜ〜
LEANBODY(S)宅に居候中のウサギとフレブル、「筋」と「腱」のブログです
http://blog.livedoor.jp/muscle0618/
あし@
トレーニング個人指導のご依頼先

リーンボディマーク


【場 所】ティップネス塚口店 ゴールドジム関西各店舗 公共施設、会社や自宅への出張

【内 容】目的に合ったトレーニングプランのご提案、トレーニング法の指導、ダイエットに関するご相談

料金等】週1〜2回の定期契約、スポット契約 ¥8000/1h〜

マンツーマンで長期的に各種エクササイズ、身体調整、食事方法アドバイスなど健康体力の向上、競技力の向上をサポートするトータルボディコンサルティングを行っています。短期効果だけではなく、長期継続的に成果が出る、ライフスタイルが変わることを目標にやっていきます。
契約前には面談を行います。お気軽にお問い合わせください。

【LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング】サービス内容紹介ページ

全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会
NESTAPFTロゴ
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)がエリアマネージャーを務めるスポーツトレーナーの協会NESTA JAPAN。NESTAーPFT資格は世界標準規格のパーソナルトレーナーライセンスです。
http://www.nesta-gfj.com/
  • ライブドアブログ