LEANBODY(S)TYLE ★大阪〜神戸パーソナルトレーナーの視点★

大阪・神戸を拠点に、わかりやすい「筋トレ&ダイエット指導」で人気のパーソナルトレーナーのブログ。ダイエット・健康・競技力向上をトータルプロデュース 【鍛】ワークアウト 【食】ダイエット 【整】コンディショニング がテーマの、個人指導トレーナーのリアルな活動報告。

【食育にも力を入れています】
体作りは「運動3割、食事7割」と言われるくらい、「食事」の重要度は高いことが知られています。LEANBODY(S)TYLEでもこれまで以上に、食についてフォーカスするために、「食アスリート協会インストラクター」「健康・食育ジュニアマスター」として活動をスタートしました。講座開催などの依頼がありましたらご連絡ください。食アスリート協会:http://s-a.or.jp

【パーソナルトレーニングサービス】大阪〜神戸で健康管理を目的とした体作り、競技力向上を目的としたコンディショニングをサポートしています。ホームページ:http://leanbody.blog47.fc2.com/ 

【フィットネス指導者向け】
日本最大規模のトレーナー資格団体、NESTA JAPAN。
当協会の講座を関西地区で担当しています。
その他、フィットネストレーナー、パーソナルトレーナー、向けの記事ブログhttp://profile.ameba.jp/leanbody-s/

続・ボディビルコンテストへの道

減量期が終わりましたので・・・これからどうしようかな?笑

 コンテストが終わって1週間が経過しました。今朝の体重は前日計量の体重と同じでした・・・笑
コンテスト翌週はすぐに東京で食アスリート協会の次のプログラムの受講でしたが、ちょうど4ヶ月間自身の身体で「米を食べる」「ご飯+具だくさん味噌汁」食アススタイルを実践し終えた直後でしたので、なぜ、こんなに「米」を食べてこんなに身体が絞れたのか・・・がより深く理解できました!



















食アスリート協会の理論を学びファイシリテーターとして多くの人にお伝えしたい人は、ジュニアインストラクターを! スポーツを実践している皆様(全てをアスリートと考えます)は各地で開催されるベーシック講座を受講し食アスリートとしての認定を受けましょう! 

さて、減量期もおわりましたので、食べ方をどう変えようか思案中です。米2合で減量していましたのでそれ以上食べないと体重はふえないということになります。しかし、単純に栄養素計算でこれくらいということではなく、食べてみて状態を把握してという、自分の身体の声を聞く形でないとうまくはいかないでしょう。また、限られたスケジュールの中で栄養摂取するというのは、多くのアスリートに求められることです。時間をどう組み込むか・・・食事だけを別に切り離すのではなく、トレーニングや仕事、学業、その他の時間とうまく折り合いをつける必要があります。

一応の予定)
IMG_6739 IMG_6756朝食:米500g(1合半)
 昼食:米360g(1合)
 ※雑穀を加える






IMG_6755 IMG_6754補食:おにぎり2個(0.5合)
   :ドライフルーツ、ナッツ







その他:トレーニング中の糖質やアミノ酸のドリンク、 トレーニング後の糖質とタンパク質補給(プロテインドリンクなど)

こんな感じで食事をしていこうかな?と思っています。

とにかく、軸はと雑穀」。軸のないダイエットはナンセンスです。
そして、目的意識と感謝の心をもって食べる!そんなの非科学的〜などということなかれ、日本人は米文化と感謝の心で今があるのです。









 

こうして、私の半年は幕を閉じる・・・

 昨日、大阪マスターズ、クラス別ボディビルの両コンテストに参戦してまいりましたパーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。


ボディビルコンテストは、一次審査のピックアップラウンド、いわゆる足切り審査で人数が絞り込まれ、二次審査がいわゆる予選になり、比較審査による順位付けになります。この時点で上位6位に残っていることが決勝進出の条件になります。
 昨日は初の年齢別と体重別それぞれのコンテストにダブルエントリーのため、午前中が年齢別、午後が体重別のコンテストになりました。
IMG_6725IMG_6720






IMG_6724

 






結果は、両コンテストともに、TOP6に残ることができ決勝でのフリーポージングを披露することが叶いました。
 が、順位は目標に及ばす、マズターズ40歳の部が5位、体重別70kgの部が4位でした。特に、クラス別はこれで3度目の4位です。

4位ではダメなんです・・・
全日本出場権は3位まで、表彰台に上がれるのは3位までです。ここの隔たりはかなり大きいです笑。














 これが今年の精一杯ですので悔いはありません。昨年からのトレーニングの内容や量ではこれが現状でしょう。
 一方、ダイエットはかなり良かったと思います。例年より絞り込め、かつ、当日も体調良くスタミナも十分ありました。
 食アス理論ダイエットすることで、身体パフォーマンスを高めながら、本当に楽に減量できました。
「米を食べて減量する」。自信を持って、お客様にご提案できます。

というわけで2015年の半分がこうして幕を閉じようとしています。コンテスト準備をしていたらあっという間です。目標を持って取り組んでいたらあっという間の時間でした。

7月から、また、仕事面でハードスケジュールが待っていますが、今回の経験をまた糧としていろいろ仕事にもプラスになるのではないかと楽しみにしているところです。
 
まずは週末、食アス理論の新たな学びがスタートします。これまた皆様にいろいろ還元できると思います。乞うご期待!!
 

40にして本当に惑わないのか?

おはようございます。大阪、神戸で活動するパーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。
本日、誕生日を迎えました。
なんと!!自分でもびっくりの40です。不惑です笑。随分とできの悪い大人なだなと思います。
元寇のあった1200年代、時の執権北条時宗は20代の若さでかなり立派だったと聞きます。それに比べて随分とまあ…

というわけで、今年はボディビルもマスターズクラスへの出場が許されるということになり、体重別コンテストとのダブルエントリーをしました。
初の1日2試合を真剣に戦わないといけません。早くおわりたいけど遅くまで残りたいというのが本音です。
 

腱志郎とのリラックスポーズ比較




















コンテスト2週間前




















4日後、自分史上最高な身体の40歳で挑みたいと思います!!

いったい何を食べてるんですか?

 ボディビルコンテストが来週に迫ってまいりました、パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。
ダイエットとトレーニングの実践として色々試すのには、このようにコンテストに出てみるのはいいものですね。

73kgから65kgまで体重が減ってしまいましたが、「どんな食事してるんですか?」「どうやって落としてるんですか?」「やっぱりお米を減らすんですか・・・?」といった質問を多く受けるようになるのもこの時期です。
 
おそらく、こうやって質問をされるひとよりもはるかに多くのお米を毎日食べているはずです笑
IMG_4441IMG_6594








私の日常食=ダイエット食です。減量期間中変わらず、お米を1日2合!!特に減量期間中減らすことなく食べています。



IMG_6632IMG_6639 








私のハレの日食=ご馳走の日ですね。おかずたっぷり、ワインにシャンパンも飲みます。これも減量中の食事です。

ケの日=日常食とハレの日=ご馳走食、は明確にわけていますが、基本的な食事パターンやリズムを確立して毎日続けているだけです。これだけ食べているので、ダイエット=我慢、とはまったく無縁です。


で、何を食べたらいいですか?の質問にたいする回答は・・・

「あなたは今、どんな、食事をされているのですか?どのように意識して食べているのですか?」
という逆質問になります。

あなたと私は違います。食べ物から考えるのではなく、自分の体、行動、習慣、嗜好・・・などなどから考えることです。
自分にあった方法というのがあるはずです。
私も何年か色々やる中で行き着いた結論のようなものです。

短期間のみ我慢して一応のゴールを見るのもまた、悪いことではありませんが、その後も一生涯続けることができる、自分のダイエットを確立することもいいのではないかと思います。

社)食アスリート協会ホームページ 

行動しないと何も変わらないが、努力の方向を間違えないことは大事です

 あっという間に1週間が経ってしまいました。コンテスト準備期間中はいつも以上に時間が経つのは早い気がしています、パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です

今日は我が家の坊ちゃんフレンチブルドッグの腱志郎の誕生日です。もう五歳になりました。やはり月日が経つのは早いものです。



















ダイエットしようかな〜 しようかな〜とおもって何もしないのもあっという間に3ヶ月くらい時間が経ってしまいます。同じ3ヶ月でも少し行動を変え3ヶ月を過ごすと・・・




















3月に73kg平均だった体重も先週で66kg平均です。

どんなダイエットしているんですか?











































































こんな食事を毎日しています。ビールは毎日飲んでいるような・・・
週末には好きな物飲んでいますん。毎日徹底して食べています。食べたいものをしっかり食べています。
〜を制限する、我慢する、の前に、まずきちんと食べることを徹底することもダイエットです。
そこから、量の問題、食べる時間帯の問題、食べる中身の問題を考えていかれたら良いです。

 いちおうこれでもボディビルコンテストに出れるくらいの体には絞れています。ですから、コンテストなどに出ない、一般の方であれば、そんなにキツキツに制限をかけなくても結果は出せるはずです。
行動を変える時に少し労力がいるだけです。徹底するのに努力がいるだけです。
我慢することに努力を置くと長続きしませんので、もう少しやりやすいものを少しの努力で取り組むところから始めるのがいいだろうと思います。
 コンテストのようにはっきりと期限が決まっているものは、何をしてもどうにかなりますし、結果が出たもん勝ちですが、生活におけるダイエットの成功とは何ヶ月で何キロ痩せたというインパクトが欲しいわけでも、誰かと競って優劣をつけるわけでもなく、生涯にわたり自分自身の生き方として取り組めるものであることが望ましいと思います。

今年は、はっきりとした軸が決まったので、結果いかんにかかわらず、楽にダイエットをできたなというのが実感です。
ここからは勝負の世界ですから他人との競争になるわけですが、自分自身の取り組みに関しては納得できる状態で来ています。

さて残り2週間あまり。仕事もトレーニングも目一杯がんばりますか!! 

4年に1度、何かが起こる?!

全仏オープンテニス真っ只中。錦織選手も順調に勝ち進んでおり、毎晩WOWWOW観るのが楽しみにですね!
試合=ボディビルコンテストに向けて準備しているパーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。


 トレーニングの原則に「継続性」というのがあります、トレーニングは続けることで始めて本当の恩恵をうけることができます。
では、右肩上がりで少しずつ進歩するのか?というと、案外そうでもないように感じることがあります。
階段を一段一段上がるように、というよりは突然ぽんっ!と伸びる瞬間や時期があるように思います。ですからやってもやっても効果が目に見えて現れないからといって諦めたり、中断してはいけない、継続しようということです。
努力が報われる瞬間まで頑張り続けてみましょう。こういう考えもあるわけです。

そういえば、わたしが現在チャレンジしているボディビルでも、身体がガラッと変わったな、という瞬間が訪れるのを経験しています。
それと、2003年にフライ級にて初のトップ4になれ、翌年身体がガラッと変わりました。その後、2007はバンダム級が主戦場になり、ジムコンテストでも準優勝してます。2011にはライト級へと階級が上がっており、ここでもトップ4になれました。
二階級あげ、四年に一度の周期でなんらかの順位をいただけています。

さて、今年はその四年周期の2015。何かが起こるのではないかと、期待しています。笑

12週間で6kg減。なんとも楽に落ちてくれたものです

減量期がスタートし、12週が経過しました。パーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。
平均値を記録してますのでその推移は以下のようなものです。
IMG_6552





73kgスタートで、66、5kgが平均値です。
 

これまでで一番楽に落とせた感があります。
家族も、「今年は楽そうね!」と言ってますから自他共に認める楽々ダイエットであると言えます。

これまでにも変わらずごはんと味噌汁を軸にダイエットしていましたが、今年の違いはやはり、食アスリート協会との出会いが大きいだろうと思います。
 ボディビルでは糖質を減らしていくダイエットが主流ですし、一般社会でもダイエット=糖質制限の風潮ですから、これまでは孤軍奮闘感は否めなかったのですが、食アススタイルを学び、ごはんと味噌汁を軸にしたダイエット指導をしている栄養士や仲間がいることが、取り組みの自信につなかがっているのだろうと思います。
IMG_6463








 

 食アスのなかで、食べるもの、食べ方と並び「食べる意識」というものがありますが、まさに食べる意識!こう食べていれば間違いないと思ってやっているわけですから、カロリーがどうだとか、炭水化物とりすぎでは?とか、たんぱく質はあれもこれもとならないわけです。

 これまでの減量期で最も米を食べてますし、気がついたらパンやパスタなど小麦ものをほとんど口にしてないことに気がつきました。
サッカー日本代表選手も米を抜くダイエットなんてやめて欲しいものです



ボディビルコンテストのようなコンペティションでは、結果が出ればよいのでプロセスはなんでもよいわけです。米を食べようが食べまいが、肉を食べようが食べまいがなんでもよいのです。
 ただ、コンペティターでもないのに、苦しいばかりの選択をするのは得策でないように思いますから、今のやり方が合わないなと感じる方は違う方法も考えてみても良いのかなと思います。

 目的にかなった方法を選択し取り組むというのは「トレーニング」も「ダイエット」も同じなのです。 

9週間の推移と残り7週間の戦い

 一般社団法人・食アスリート協会のインストラクター仲間が全国で「食アス理論」を広めるべく勢力的に活動されています。協会ホームページ
こんばんわ!大阪〜神戸で活動するパーソナルトレーナーLEANBODY(S)です。

 ボディビルコンテスト大阪大会に向けて減量を初めて9週間が経過しました。昨年は大会出場を見送りましたので、久々の超調整で少々勘が鈍っていますが、体重だけ見たらほぼ計画通りに進んでいるように見えます。
IMG_6484




 減量開始前の平均値が73.0kg 。9週後の今週平均値が67.80kg。週に500g強のペースを守り、約5kg減っています。体重だけ見たらうまくいってますし、まったく楽にここまで来ています。
 
体重を落とす=脂肪を落とすのは、トレーニングの問題ではなく八割は食事が要因です。忙しくてもなんとかなるのがダイエットです。
一方、トレーニングはある程度時間を確保して十分な負荷をかけて行う必要があるためスケジュール管理が鍵になります。トレーニングだけでなく仕事やその他のスケジュールをうまくやりくりしていくことが必要になります。私の場合は、減量のためのダイエットより、 今後の7週間のトレーニングいかんが仕上がりの成否をわけると思っています。


11class05665年前2011年、ライト級4位の時の身体です。最低でもこの時の自分の体を越えないと 話にならないんです。
やるしかないのだ7週間!!

ケの日、ハレの日を意識したダイエット

お米の力」「食べる力」で日本を強くする一般社団法人・食アスリート協会のJr.インストラクター資格をもつパーソナルトレーナーのLEANBODY(S)です。

 気がつけば減量を開始して7週間が経過していました。気がつけばというほどいわゆる減量をしているという感覚がありません。いわゆる食事制限らしきことをしていないからだと思います。
それでも、減量開始前の週平均値73.0kgが7週目の平均値69.05kgまで落ちていました。


















 一切嗜好品を食べないとか、アルコールを絶っているとか、そういうことはしていませんが、「ケの日」と「ハレの日」は意識しています。
 この言葉を初めて聞く人に少し説明しておきたいと思います。ケの日、ハレの日の概念は日本の民俗学において用いられた言葉です
ケの日:日常の食事のことで、身近で手に入る穀物、野菜、魚介から構成され、その地域で取れるものを調理するということです。
ハレの日:仕事の節目などを祝ったり祈ったりしながら食べる特別な食事のことで、「ケ」よりも豪勢な食事です。誕生日パーティ、なにかの打ち上げなどがそうでしょう。現代では、和洋折衷いろいろなものがいつでも手軽に食べれますし、季節感や地域色もうすくなっています。
 こんな状況ですので「ケ」や「ハレ」を意識しにくいものですが、だからこそ、この「ケ」と「ハレ」を用いればダイエットを実践しやすいのではないかとも思います。

 わたしは週の6日はご飯と味噌汁の朝食でスタートし、お昼もお米が半分以上を占める弁当を家から持参し食べています。おかずはシンプルにお米を中心に食べるダイエットを「ケの日」と考えます。週の1日(だいたいは仕事がない日ということになりますが)は、お米をしっかりというベースを崩し、おかずをたくさん食べる、お酒もたくさん飲む、朝食と昼食が一緒のような時間に食事をする、外出先で、美味しそうな大福があれば買って食べてみる・・・などなど、豪華さを重視した「ハレの日」と考えるわけです。ゆえに、減量をしているという感覚がうすいわけです。わたしはボディビルコンテストで戦う体を作っているのでもっと厳しく?行かないといかないのかもしれませんが、そうでない人にとっては「むちゃくちゃ制限する、我慢する」ということは必要がないのではないかと思うわけです。いや、むしろ制限するということを考えるより「ケの日」=日常の食事をしっかりきちんと食べる、お米を食べる、味噌汁を飲む、みたいなことがいいのではないかと思うわけです。
 とりわけ、普段、ご飯と味噌汁派でない人が10日くらい徹底してやれば体が変わると言われています。毎日実践しやすい「ケの日」の食事と、楽しみである「ハレの日」の食事で、楽々ダイエットを続けていきましょう。
 

今年のボディビルコンテスト

9年もやっていると更新のペースも随分と緩やかになってきてしまいました・・・

615に大阪クラス別ボディビル大会が行われました。

毎年そのステージにいる私が居ないということで、ご心配いただいた方もいらっしゃり恐縮です。
選手登録はしたものの、大会へはエントリーしませんでした。

身体的なコンデショニング、仕事のスケジュール、やる気、のいずれもが噛み合わず、トレーニングの調子が上がらない→やる気が上がらない→時間を作れないという悪循環のため、出ないと決めました。

ここ三年位は、忙しくても、コンデションがよくやる気さえあれば時間はいくらでも作れると言う具合に、なんとかなってましたが、今年はそのバランスが崩れましたね〜

こういうチャレンジをやることでアマチュアスポーツ選手がいかに大変かということが少しはわかる気がしますので、よい勉強です。

指導している方が楽しくもあるので、エネルギーをそちらに注ぎこむと、自分のことにまで意識がいかないのですが、気持ちを切り替えて、今日から一年後を意識して、やって行こうと思います。
パーソナルトレーナー紹介
月別記事検索
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)はウサギと犬を飼っています
筋と腱はつながっている
筋と腱はつながってるんだぜ〜
LEANBODY(S)宅に居候中のウサギとフレブル、「筋」と「腱」のブログです
http://blog.livedoor.jp/muscle0618/
あし@
トレーニング個人指導のご依頼先

リーンボディマーク


【場 所】ティップネス塚口店 ゴールドジム関西各店舗 公共施設、会社や自宅への出張

【内 容】目的に合ったトレーニングプランのご提案、トレーニング法の指導、ダイエットに関するご相談

料金等】週1〜2回の定期契約、スポット契約 ¥8000/1h〜

マンツーマンで長期的に各種エクササイズ、身体調整、食事方法アドバイスなど健康体力の向上、競技力の向上をサポートするトータルボディコンサルティングを行っています。短期効果だけではなく、長期継続的に成果が出る、ライフスタイルが変わることを目標にやっていきます。
契約前には面談を行います。お気軽にお問い合わせください。

【LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング】サービス内容紹介ページ

全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会
NESTAPFTロゴ
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)がエリアマネージャーを務めるスポーツトレーナーの協会NESTA JAPAN。NESTAーPFT資格は世界標準規格のパーソナルトレーナーライセンスです。
http://www.nesta-gfj.com/
  • ライブドアブログ