大阪・神戸を拠点に、わかりやすい「筋トレ&ダイエット指導」で人気のパーソナルトレーナーのブログ。ダイエット・健康・競技力向上をトータルプロデュース 【鍛】ワークアウト 【食】ダイエット 【整】コンディショニング がテーマの、個人指導トレーナーのリアルな活動報告。

【食育にも力を入れています】
体作りは「運動3割、食事7割」と言われるくらい、「食事」の重要度は高いことが知られています。LEANBODY(S)TYLEでもこれまで以上に、食についてフォーカスするために、「食アスリート協会インストラクター」「健康・食育ジュニアマスター」として活動をスタートしました。講座開催などの依頼がありましたらご連絡ください。食アスリート協会:http://s-a.or.jp

【パーソナルトレーニングサービス】大阪〜神戸で健康管理を目的とした体作り、競技力向上を目的としたコンディショニングをサポートしています。ホームページ:http://leanbody.blog47.fc2.com/ 

【フィットネス指導者向け】
日本最大規模のトレーナー資格団体、NESTA JAPAN。
当協会の講座を関西地区で担当しています。
その他、フィットネストレーナー、パーソナルトレーナー、向けの記事ブログhttp://profile.ameba.jp/leanbody-s/

大阪BB「筋肉瓦版」バックナンバー

大阪ボディビルのフリーペーパー「筋肉瓦版」連載10号記念?!バックナンバーその2

 大阪ボディビルのフリーペーパー「筋肉瓦版」で連載をさせていただいてこのたびで10号になりました。
 10回記念として過去の記事をアップしていく、第2弾です。

ボディビル(身体作り)を始めよう〜かっこいいカラダに憧れて〜


Vol.2 かっこいいカラダ作りの『10×3の法則』

 筋肉作りのトレーニングをはじめると最初にぶち当たるのが、「果たしてどれくらいの重さや回数で行うのがよいのか?」という実際の方法の壁です。筋肉が大きくなる仕組みを考えると答えが出てきそうです

 筋肉は適度に刺激(ストレス)を与えると成長し、使わないと萎縮するという『ルーの法則』に従います。筋肉からしてみれば、「もっと今より太く強くならないとストレスに耐え切れませんよ〜、だからもっと大きくしてださい」という信号を発することで肥大を誘発するのです。トレーニングは筋肉に適度なストレスを与え、肥大をさせるきっかけを与えることなのです。  この適度に、がトレーニングを始めたばかりの人には難しいところです
筋肥大のきかっけになると思われるストレスは
物理的に大きな刺激筋肉の小さな損傷筋肉パンパンパンプアップ④筋肉の中が低酸素状態4つです。

大きな刺激とは最大筋力の7〜8割の重さ、丁度10回がギリギリ繰り返せる重さです

バーベルを降ろすとき力を発揮すると、筋肉は小さく壊れます。

大きな力と引き換えに筋肉運動を阻害する乳酸が溢れ出ます(酸性化によるストレス)。筋肉がパンパンに膨れ、一時的に大きく見える状態がパンプアップです。

持続的に筋肉が強い力を発揮することで血流が制限され、低酸素状態が作られます。

上記の4つのシチュエーションいずれかによりまたは全てにより筋肉は成長するわけです。
10回ギリギリの重さ(
)で、ゆっくりとバーベルを降ろし()、使っている筋肉のテンションが抜けないように()、10回(40秒以上かかり乳酸たまる)を3セット(1分休み)行う(③)と良いことになります。筋力トレーニングは『10×3』は経験的にも理屈的にも正しいわけです。
筋力トレーニングを始めたばかりの方には、迷ったら
『10×3』をお勧めいたします。




なぜ、筋トレで10回×3セットというのが一般的に言われるのか?ということを科学的な根拠を少し交えながらわかりやすく?解説しているつもりです。
 決められた文字数で言いたいことを伝えるというのはなかなか難しいものですね〜

第3弾もご期待ください。

連載が10回続いた記念!!大阪ボディビル連盟のフリーペーパー「筋肉瓦版」で執筆してます

 大阪ボディビルのフリーペーパー『筋肉瓦版』というものが年4回発刊されているのですが、このたび記念すべき第10号が出来上がりました〜。
第1回から私もコーナーを担当していますので、私の記事も10号に達したということで、バックナンバーとしてご紹介したいと思います。


ボディビル(身体作り)を始めよう〜かっこいいカラダに憧れて〜

Vol.1 かっこいいカラダ作りの基本ルールとちょっとしたコツ


 
おなかを引っ込めたい!腕を太くしたい!など目標とする「かっこいいカラダ」を作る理屈は実はボディビルディングをルーツとしています。ボディをビルド(作り上げる)するわけですからね。ボディビルダーは特別な素質を有していたり魔法のような方法で出来上がるのではなく、ちょっとしたコツを知っているというのが正しい表現かもしれません。


 そのコツとはメディアで取り上げられる様々なトレーニング法やダイエット法といった、いわゆる「トレンド」ではなく「トレーニングの原則」を実践する事です。「トレーニングの原則」は普遍的であらゆるレベルの人に当てはまる共通のルールのようなものです。

漸進性過負荷の原則 カラダ作りの基本原理を良く表しています。過負荷=日常的に受けるストレスよりも高い刺激を与えよ。毎日10キロ持つなら、それを12キロ、12キロで出来たら14キロというように・・・ 漸進性=進歩のスピードは階段を1段1段上がるようなもの。10年やっている人と、はじめたばかりの人の差は上った階段の差です。

個別性と全面性、特異性 身体の特徴や始めたときの体力レベルなど個人個人違うものです。人と比べるよりはまず己を知る事が大切です。また、トレーニングは全体の体力要素や全身のボディパートを満遍なく鍛える事が大切ですが、より発達した腕やより速く走るなどの特定の目的に対してはそれに合わせた方法が必要です。
意識性と継続性 身体作りで最もはずせない原則です。憧れのカラダを頭に描きながら、目標達成まで継続する事ことが大切です。

 かっこいいカラダを作り上げる原則は意外にシンプルだということです。少しずつ昨日の自分を越える取り組みを、自分の目的にあわせ自分にあった方法で、続ける事であなたもいつかあのステージに立てるかも・・・?


第1号はこんな内容でした。ボディビルを・・・とタイトルにありますが、シェイプアップするということは、余分なものをそぎ落としてカラダをいい形に作り上上げるということですのでまさにボディビルなわけです

パーソナルトレーナー紹介
月別記事検索
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)はウサギと犬を飼っています
筋と腱はつながっている
筋と腱はつながってるんだぜ〜
LEANBODY(S)宅に居候中のウサギとフレブル、「筋」と「腱」のブログです
http://blog.livedoor.jp/muscle0618/
トレーニング個人指導のご依頼先

リーンボディマーク


【場 所】ティップネス塚口店 ゴールドジム関西各店舗 公共施設、会社や自宅への出張

【内 容】目的に合ったトレーニングプランのご提案、トレーニング法の指導、ダイエットに関するご相談

料金等】週1〜2回の定期契約、スポット契約 ¥8000/1h〜

マンツーマンで長期的に各種エクササイズ、身体調整、食事方法アドバイスなど健康体力の向上、競技力の向上をサポートするトータルボディコンサルティングを行っています。短期効果だけではなく、長期継続的に成果が出る、ライフスタイルが変わることを目標にやっていきます。
契約前には面談を行います。お気軽にお問い合わせください。

【LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニング】サービス内容紹介ページ

全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会
NESTAPFTロゴ
パーソナルトレーナーLEANBODY(S)がエリアマネージャーを務めるスポーツトレーナーの協会NESTA JAPAN。NESTAーPFT資格は世界標準規格のパーソナルトレーナーライセンスです。
http://www.nesta-gfj.com/
  • ライブドアブログ